電気自動車の補助金と税金

電気自動車やPHEVには様々な補助金が用意されています。補助金以外にも自動車取得税、重量税、自動車税も免税や軽減になります。2018年3月8日更新。

目次

  1. 補助金の種類
  2. 車の税金の仕組み
  3. 自動車ごとの補助金一覧

補助金の種類

img_flow01電気自動車関連の補助金で一番金額の大きいもの、すなわち重要なものは、次世代自動車振興センター(NEV)のクリーンエネルギー自動車補助金で、毎年の国の予算で補助が受けられるものです。車両を購入して登録(=ナンバープレートを付ける)してから補助金交付申請書を提出し、NEVで審査後、補助金は指定した銀行の口座に振り込まれます。
このNEVの補助金には車両の保有義務というのが定義されており、補助金を利用して車を買うと、その車を4年間、売ったりすることができなくなります(例外もあります)。基本的には、手続きの面倒さを考えると、購入して4年以内に売却の予定がある場合には、NEVの補助金は利用しないほうがよいでしょう。
NEVの補助金は車の車種・グレードによって細かく定められています。考え方としては、平成29年度(すでに申し込み終了しています)の補助金は、電気自動車の場合JC08ベースの航続距離を10で割った金額(1万円単位)で上限40万円、プラグインハイブリッド車の場合は一律20万円となっていました。毎年基準が変わるので、都度確認したほうがよいでしょう。

電卓を持つ女性NEVの補助金の詳細についてはこの記事の最後でまとめるとして、それ以外の補助金についてはどういうものがあるのでしょうか。
これを一覧にしたエコカー関連の補助金サイトがあります。お住いの県をクリックして、確認してみてください。ここに東京都の例をスクリーンショットにしてリンクしておきますが、東京都では、「東京都内を対象とする補助金(平成29年度、申し込み終了)」という補助金が、「都内に事務所又は事業所を有する中小企業者等又は個人事業者」であれば利用可能で、電気自動車では25万円、プラグインハイブリッド車でも20万円の補助金がありました。残念ながら個人向けの補助金はありませんね。ただ少しスクロールしてみていくと、葛飾区・葛飾区・江東区では個人向け補助金がありました。
国(NEV)以外の補助金には、このように県や市区町村が独自に出している補助金があり、非常に細かい条件があります。ぜひ上のサイトでチェックして、個人・事業者の別や車両の用途などの条件を確認した上で、検討に役立ててください。ちなみに東京都のように、都も市区町村もほとんど補助金を出していない自治体もあれば、神奈川県のように多くの市区町村で個人が利用できる補助金があるケースもあります。

国(NEV)以外の県・市区町村の補助金の額は、NEVの補助金の額と連動して決まるような複雑なものもあれば、定額5万円、のように分かりやすいものもあります。電気自動車/PHEVの購入の計画を立てる際には、県・市区町村の補助金は分かりやすいものだけを当てにして、複雑なものは承認されれば「儲け」みたいに考えて対応するのがよさそうに思います。

車の税金の仕組み

Tax Taxation Audit Refund Accounting Conceptこの記事は主に電気自動車やPHEVの補助金のことを主に取り扱っていますが、実は補助金以外にも、車にかかる様々な税金が、免税(=無料)になったり軽減を受けられたりすることで、実質の支払額が安くなる制度があります。

まず車を購入するときですが、自動車取得税(都道府県税)と自動車重量税(国税)がかかります。

自動車取得税

取得税は自家用の普通車の場合、エアコンやナビ等のオプションも含んだ取得価額の3%、営業用の普通車は2%、軽自動車は2%が目安となっています。この目安、というのが曲者で、一般財団法人 地方財務協会の出している「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」(無料では見れません)に基づいて計算します。取得税を簡単に計算するには、税抜きの新車価格に90%をかけて、それに先ほどの3%をかければおおよその金額が出ます。
この取得税は、電気自動車やPHEVは「次世代自動車」というカテゴリに該当し、100%免税になります。仮に400万円の自家用車を買う場合、400×90%x3%=108,000円前後、安く買えるわけです。

自動車重量税

重量税はその名の通り車の重量に応じた税金で、車の購入時には、自家用車の場合最初の車検が3年後になるのですが、その3年分の重量税を前払いする形になります。3年後の車検時には、次の車検までの2年分の重量税を前払いします。通常のガソリン車でエコカーでない車の場合、車重が1.5t-2tだと1年間で16,400円、車が古くなって13年を超えると22,800円、18年を超えると25,200円となります。しかしトラックは2tで1年間5,200円、中型トラックである4t車は約4t(車両重量も積載量も約4t)で1年間10,400円と乗用車より圧倒的に低税率に設定されています。
この重量税も、電気自動車やPHEVはやはり「次世代自動車」というカテゴリに該当し、100%免税になります。

なお通常のエコカー、すなわちハイブリッド車等の低燃費車も、平成32年度の燃費基準を40%以上上回れば、自動車取得税・自動車重量税ともに免税になります。ちなみにプリウスも平成32年度燃費基準を50%以上上回っていますので、両方とも免税です。大型セダンのレクサスLS600hLだと平成32年度燃費基準達成(0%)ですので、取得税は20%減税、重量税は25%減税となります。電気自動車/PHEVだけがこれらの減税の特典を受けられるわけではないのですが、特に大型の車になると、通常のハイブリッド車では燃費基準を大きく超えることができませんので、両方とも免税になることは難しくなってきます。

また、非常に細かくなりますが金額としては大きな点として、免税になれば次回の継続車検(新車購入から3年後になりますね)も重量税は免税となります。減税の場合も、次回の継続車検時に減税されるようになりました。先ほどの例でいうと、リーフなどの次世代自動車やプリウスは3年目の継続車検時、重量税はゼロですが、レクサスLS600hLのように重量税が新車時減税(28,100円/3年間)されている場合は、3年目の継続車検時には25,000円/2年間に減税されるということです。

自動車税

Businesswoman sitting in chair holding laptop with dollar billsもう一つの車の税金、自動車税(県税)・軽自動車税(市町村税)はどうでしょうか。この自動車税は毎年かかる税金で、毎年支払う必要がありますが、自動車の排気量によって決まります。例えば日産リーフはエンジンがありませんから排気量はゼロですよね?排気量1リットル以下は1年間29,500円となっていますから、この金額となります。ただし、自動車税も先ほどと同様、平成32年度燃費基準を20%以上上回っている・もしくは次世代自動車の場合、75%の減税が受けられます。結果としてリーフの自動車税は1年間7,500円となります。プリウスは排気量1.8リットルですからもともとの自動車税は39,500円。75%の減税を受け、10,000円で済むことになります。
なおこの自動車税の減税には二つ気を付ける点があります。

  • 減税は、翌年に1回のみの適用であること。取得税は最初に1回で免税、重量税は車検ごとに1回で免税、自動車税は最初の年は減税なし、翌年が減税(75%)、翌々年は減税はありません。
  • 次世代自動車に対して自動車税が免除になる県があります。東京都愛知県だけです。この免除は通常のハイブリッドカーには適用されません。東京都・愛知県にお住いの方はメリット大ですね。

さて、かなり複雑な制度だということがお分かりいただけたかと思います。簡単に言うなら、電気自動車やPHEVなどの次世代自動車を購入する場合、

  1. 自動車取得税は免税。車両価格の2.7%程度くらいお得。
  2. 自動車重量税は購入時と1回目の車検時が免税。年間1万5千円くらいお得。
  3. 自動車税は東京都と愛知県だけは5年間免税。それ以外は排気量に応じて課税だが、電気自動車の場合は税金の最も安い1リットル以下の税率。購入の翌年度だけ、減税の制度がある。

と考えればよいと思います。

より詳しくお知りになりたい方は、自動車税.infoが正確で分かりやすいと思います。

自動車ごとの補助金・税金一覧

比較する女性それでは車種ごとに補助金・税金を一覧にしてみましょう。車両本体価格はすべて税抜きで表示しています。なおデータは2018年3月現在です。特に次世代自動車振興センターの補助金は毎年金額が改訂されますのでご注意ください。

1車名グレード税込希望小売価格NEV補助金自動車取得税自動車重量税(計)自動車税
2アウディ A3Sportback e-tron5,640,000200,000円0(本来141,000円)0(本来30,000円)1年目34,500円
翌年9,000円
3テスラモデルS70D9,600,000400,000円0(本来約259,200円)0(本来37,500円)1年目29,500円
翌年7,500円
4P100D17,059,000400,000円0(本来約460,600円)0(本来37,500円)1年目29,500円
翌年7,500円
5テスラモデルX70D10,410,000400,000円0(本来約281,100円)0(本来45,000円)1年目29,500円
翌年7,500円
6P100D17,800,000400,000円0(本来約480,600円)0(本来45,000円)1年目29,500円
翌年7,500円
7トヨタ プリウスPHVS3,261,600200,000円0(本来約81,500円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
8Aプレミアム4,222,800200,000円0(本来約105,500円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
9日産リーフ40kWh S3,150,360400,000円0(本来83,100円)0(本来22,500円)1年目29,500円
翌年7,500円
1040kWh G3,990,600400,000円0(本来99,700円)0(本来30,000円)1年目29,500円
翌年7,500円
11BMW i3ATELIER5,380,000390,000円0(本来134,400円)0(本来22,500円)1年目29,500円
翌年7,500円
12レンジエクステンダー
ATELIER
5,870,000200,000円0(本来146,700円)0(本来22,500円)1年目29,500円
翌年7,500円
13BMW 330eiPerformance6,100,000200,000円0(本来約164,700円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
14BMW 530eiPerformance Luxury8,140,000200,000円0(本来約219,800円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
15BMW 740eiPerformance10,930,000200,000円0(本来約295,100円)0(本来37,500円)1年目39,500円
翌年10,000円
16BMW X5 xDrive40eiPerformance 9,920,000200,000円0(本来約267,800円)0(本来37,500円)1年目39,500円
翌年10,000円
17フォルクスワーゲン e-ゴルフ4,990,000301,000円0(本来124,700円)0(本来30,000円)1年目29,500円
翌年7,500円
18フォルクスワーゲン ゴルフGTE4,690,000200,000円0(本来117,200円)0(本来30,000円)1年目34,500円
翌年9,000円
19フォルクスワーゲン パサートGTE5,289,000200,000円0(本来132,200円)0(本来30,000円)1年目34,500円
翌年9,000円
20ポルシェ カイエンSE ハイブリッド Platinum Edition12,570,000200,000円0(本来約339,400円)0(本来37,500円)1年目51,000円
翌年13,000円
21ポルシェ パナメーラ4E ハイブリッド14,360,000200,000円0(本来約387,700円)0(本来37,500円)1年目51,000円
翌年13,000円
22ボルボ XC60T8 Twin Engine AWD Inscription8,840,000200,000円0(本来221,000円)0(本来37,500円)1年目39,500円
翌年10,000円
23ボルボ XC90T8 Twin Engine AWD Inscription10,490,000200,000円0(本来252,200円)0(本来37,500円)1年目39,500円
翌年10,000円
24三菱i-MiEVM (10.5kWh)2,273,400120,000円0(本来37,800円)0(本来7,500円)1年目10,800円
翌年5,400円
25X (16kWh)2,624,400150,000円0(本来43,700円)0(本来7,500円)1年目10,800円
翌年5,400円
26三菱アウトランダーPHEVM3,659,472200,000円0(本来91,400円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
27S Edition4,789,260200,000円0(本来119,700円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
28MINI Cooper S ECrossover ALL44,790,000200,000円0(本来119,700円)0(本来30,000円)1年目34,500円
翌年9,000円
29メルセデス C350 eAVANTGARDE7,260,000200,000円0(本来181,500円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
メルセデス E350 eAVANTGARDE Sports8,110,000200,000円0(本来202,700円)0(本来30,000円)1年目39,500円
翌年10,000円
メルセデス GLC350 e4MATIC Sports8,880,000200,000円0(本来222,000円)0(本来37,500円)1年目39,500円
翌年10,000円

blonde behind the wheel

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています


「電気自動車の補助金と税金」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です