パナソニックが数百名をテスラのギガファクトリー(米国ネバダ州)に派遣、自動車分野への投資を増加

日本語のニュースが出るかなぁと思って少し待っていたのですが、かなり大規模な投資なのにブルームバーグさんがちょっとしかカバーしなかったようなので、詳細に掲載している米国東海岸時間2015/6/8 5:10am時点でのロイターの英語版記事を抜粋してお伝えします。

Gigafactory in 4K

記事の概要です。

  • 2015年秋よりリチウムイオン電池の生産の準備のためスタッフを派遣
  • 2016年よりバッテリー工場(テスラ ギガファクトリー)が生産を開始
  • 2015年だけで自動車分野へ600億円の投資
  • 自動車産業のテクノロジーパートナーシップを広げようとしている

以下、ロイターの英語版記事の抜粋となります。文章に間違いがあれば、それは私の責任です。
パナソニックは数百名の社員を米国テスラ モーターズのネバダ州にあるギガファクトリーへ派遣する。派遣は2015年秋からで、来年から生産を開始する電気自動車向けのリチウムイオン電池を生産する準備をするためだ。

野心に満ちた自動車メーカーであるテスラ社とのパートナーシップは、パナソニックにとって、近年低価格競争を仕掛けてきているアジアの競合他社によるビジネスの損失をストップさせ、大胆な事業再編の中核であると位置づけられている。パナソニックはスマートフォンやプラズマテレビのような収益性の低い商品を辞め、家庭用のの節電システムや自動車分野へ方向転換をしてきた。今年だけで、自動車分野への投資は600億円近くになる。

パナソニック オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社(AIS)の伊藤社長は、「まず最初の時点で数百名を派遣することになる。秋から開始の予定だ。」と、6月8日の記者会見で記者に語った。

伊藤社長によれば、パナソニックは今会計年度(2017年3月まで)におおよそ600億円を自動車分野に投資することを計画している。この投資には、テスラが総額約6000億円かけると発言しているギガファクトリーを含む。ギガファクトリーはテスラが売り上げを増加させるために必須であり、テスラは約30-40%の投資をパナソニックに期待している。

同社長によれば、600億円の一部は、スペインの自動車部品メーカーFicosa社との共同プロジェクトにも投資するとのこと。Ficosaはブラインドスポット検出や自動駐車技術などの先進運転者支援を得意とするグローバルメーカーだ。

ドイツのコンチネンタルやボッシュ、日本のデンソーなどのより大きな競合がひしめく領域で、追加で他の企業への投資はあるか、と確認したところ、伊藤社長は以下のように答えた。
「パナソニックは他のメーカーとパートナーシップを拡大することを検討していく。我々にはセンサーがあるが、将来的には、車外の情報を収集し、運転者に知らせたり、自動的に制御を開始する技術が必要だと考えている。この領域には知見がないため、他の企業と協力をしていきたい。」
Copyright: Ritsuko Ando (Editing by Chris Gallagher and Kenneth Maxwell)

翻訳者のコメント:
ギガファクトリーが来年の本格稼働に向けて、いよいよ動き出しました。下の動画は2015年5月時点でのギガファクトリーの様子です。DJI Phantom 3 Professionalドローンにより、1.6km離れたところからGPSで操縦。安全のため、作業員はいないタイミングに、上空122mから撮影したとのこと。
来年はテスラ・パナソニック陣営、日産・AESC陣営、GM・フォルクスワーゲン等・LG Chem陣営、そして三菱自動車・GSユアサ・東芝陣営の4つに分かれることになるのでしょうか。現時点までの投資額では前2社が大きめですが、2014年時点のシェアはパナソニックの一人勝ち。2016年にはギガファクトリーの稼働でこの差はもっと開きそうです。他のメーカーは、バッテリーの価格でなく、性能でかなり大きな差を早い時点で付けないと生き残るのが難しくなるかも知れません。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています


「パナソニックが数百名をテスラのギガファクトリー(米国ネバダ州)に派遣、自動車分野への投資を増加」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です