メルセデスEQC発表、発売は2020年

昨日2018年9月4日、メルセデスより完全電気自動車のミッドサイズSUV、EQCが発表されました。これで完全電気自動車のSUVはテスラモデルX、ジャガーi-Pace、そしてメルセデスEQCの三車種に。本記事では発表の概要と、ジャガーi-Pace・テスラモデルXとの比較について書きます。

続きを読む


メルセデスEQC フロントビュー(ハイテックシルバー)

眺めても乗ってもイコノクラスト、テスラ・モデルXは当代最良のクロスオーバーか?

ファルコンウイングとテスラは呼ぶものの、巷でいうガルウイング仕立てのドアにして、ピュアEV。徹頭徹尾、異端児であることを選択したかのようなモデルXに今一度、試乗してみた。確かに、他の車にもサルーンのモデルSにもない、独特の魅力がある。

続きを読む


新世代電池セル「NMC811」の大量生産に遅れ

2018年の夏の終わりごろには生産が軌道に乗り、いくつかのEVに積まれるはずだった新生代電池セル「NMC811」に遅れが出ています。2018年生産開始を発表していた韓国の電池メーカー「SK Innovation」と「LG Chem」は、ともに供給を延期または小規模化しました。

続きを読む


韓国の電池メーカー「SK Innovation」。NMC811の大量生産に2017年に初名のりをあげましたが…

乗合い使用の電気自動車テスラ・モデルXが、48万キロを走行しバッテリーは12.6%劣化

米・カリフォルニアにある「電気自動車による乗合いサービス」を行う「テスループ社」のテスラ・モデルXが、納車から約2年で「48万キロ」を走破しました。過酷な使用環境ながらバッテリーの劣化は12.6%で、主要な動力部品は交換していません。

続きを読む


Tesloop社のTesla Model X。同社はModel Sを1台とXを2台運行しています。

BYDは世界最大のEV用電池工場で、トップのCATLを出し抜く構え

目下、世界最大のEV用電池メーカーと言えばCATL。6月11日に深圳証券取引所への上場が伝えられたのも記憶に新しいところです。それを「BYDが出し抜こう」としていることが伝えられました。工場の場所は、沿海部「深圳」の企業にしては意外な、内陸奥部です。

続きを読む


BYDが中国西奥部「青海省(Qinghai Province)」に建設予定のEV用電池工場の想像図。BYDのサイトより転載。

電気自動車テスラモデルXで500km旅行記:東京-福井2回目

2018年6月にもテスラモデルXで福井に行きましたが、今回も同じ、現地で一泊して翌日東京に戻りの旅行記を公開します。箱根のオートパイロット付き。往復1000km、経路はスーパーチャージャーのみで走行予定。本日は7月27日、移動開始日は29日です。

続きを読む


VWが「充電カード」導入とアプリ「EasyEV」のバージョンアップで同社BEV・PHVユーザーへのサポートを強化

フォルクスワーゲンは7月4日から、同社のBEVとPHVユーザーを対象に「Volkswagen充電カード」の提供を始めました。さらに、充電スポット検索アプリ「EasyEV」をバージョンアップ。VWのBEV・PHVの利用がさらに便利になりました。

続きを読む


2018年7月4日にサービスを開始した「Volkswagen充電カード」。3つの充電プランが用意されている。

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook Google+
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.