リチウムイオン電池で進化したBYDのEVフォークリフトの実力とは?

乗用車での日本進出を発表したBYDは、すでに電気バスのほか、リチウムイオン電池を使った電動フォークリフトも日本で発売しています。はたして、EVフォークリフトの実力はいかがなものか。BYD FORKLIFT JAPAN 大阪営業所所長の武内太一さんへのインタビューをお届けします。

続きを読む

リチウムイオン電池で進化したBYDのEVフォークリフトの実力とは?

BYDの e-Platform 3.0が秘めた「統合ECU」と大衆車EV開発への可能性

日本の乗用車市場参入を発表して注目を集めるBYDは、導入する電気自動車3車種に「e-Platform3.0」と呼ぶプラットフォームを採用している。モーターやバッテリー、車両を制御するECUを集約して一体化させた先進のプラットフォームこそ、大衆的かつ魅力的なEVを実現するために不可欠な要素になる可能性がある。「統合ECUアーキテクチャ」について、BYDの技術担当者へのインタビューなどを交えて考察する。

続きを読む

BYDの e-Platform 3.0が秘めた「統合ECU」と大衆車EV開発への可能性

BYDのEV乗用車日本進出戦略を東福寺社長にインタビュー〜価格だけの勝負はしない

世界第2位のEVメーカーであるBYDの、EVによる日本乗用車市場参入は大きなニュースとなった。大きな注目が集まる中、幸運にもBYDオートジャパン 代表取締役社長 東福寺厚樹氏に単独で話を聞く機会を得た。日本国内での乗用車生産、トヨタとの関係、ディーラー戦略など、答えにくい質問にも丁寧に対応してくれたので、その内容をお伝えしたい。

続きを読む

BYDのEV乗用車日本進出戦略を東福寺社長にインタビュー〜価格だけの勝負はしない

BYDジャパン 劉 学亮 社長独占インタビュー〜日本にEV社会を構築したい

乗用車EV3車種の日本導入を発表したBYD。7月21日の記者会見直後に、BYDジャパンの劉学亮社長に単独インタビューを行いました。短時間ではありましたが、中国メーカーとして日本市場でどう戦うのか。戦略と思いのポイントを紹介します。

続きを読む

BYDジャパン 劉 学亮 社長独占インタビュー〜日本にEV社会を構築したい

BYDが電気自動車で日本の乗用車市場に参入〜EVへの不安視は時代錯誤へ

今年4月にエンジン車の生産を完全に停止した中国のBYDが複数車種の電気自動車で日本の乗用車市場参入を発表しました。はたして、何が起きようとしているのか。自動車評論家の御堀直嗣氏による評論です。

続きを読む

BYDが電気自動車で日本の乗用車市場に参入〜EVへの不安視は時代錯誤へ

BYDの電気自動車『ATTO 3』試乗レポート〜新ブランド日本参入が、楽しみ!

電気自動車の乗用車で日本市場への本格参入を発表した中国のBYD。導入の第一弾となるe-SUV『ATTO 3』に、短時間ながら試乗してきました。はたして、走りや品質の実力はいかがなものか。中国製電気乗用車初体験のインプレッションレポートです。

続きを読む

BYDの電気自動車『ATTO 3』試乗レポート〜新ブランド日本参入が、楽しみ!

BYDの乗用車EVがついに上陸〜「日本の自動車産業が茹でガエルに?」のポイントを考える【中尾真二】

2022年7月21日、BYDが日本法人を設立し国内にEV3車種を投入すると発表した。多くの日本人、なかでも自動車産業に関わる人であれば、この発表の重大性は認識しているだろう。10年後、日本自動車産業の転換点となった出来事として歴史に刻まれる可能性さえあるからだ。

続きを読む

BYDの乗用車EVがついに上陸〜「日本の自動車産業が茹でガエルに?」のポイントを考える【中尾真二】

中国「BYD」から日本に電撃! EV 3車種の日本発売決定を発表〜期待の価格を予想してみた

BYD(比亜迪汽車)の日本法人「BYDジャパン」が、日本でのEV乗用車発売の決定と新会社設立の記者発表会を開催しました。日本導入第1弾の電気自動車は『ATTO 3』。バッテリー容量58.56kWhで、期待の価格は400万円台前半と予想。2023年1月の発売予定です。

続きを読む

中国「BYD」から日本に電撃! EV 3車種の日本発売を発表〜期待の価格を予想してみた