日本に続々と上陸する輸入電気自動車〜高級SUV3車種一気乗り比べで感じた個性をレポート

日本国内で購入できる電気自動車の車種が着実に増えてきています。まだ「高級車」が多いのは否めませんが、今まであまり興味のなかった方にとっても、電気自動車が身近な存在になりつつあります。アウディ『e-tron Sportback 55 quattro』、メルセデス・ベンツ『EQC』、テスラ『モデルX』の高級SUVの電気自動車3車種に一気乗りする機会を得た、EVsmartブログに新加入したライターからご挨拶がわりのレポートです。

続きを読む

日本に続々と上陸する輸入電気自動車〜高級SUV3車種一気乗り比べで感じた個性をレポート

メルセデス・ベンツがプラグインハイブリッドモデル『A250e』を日本発売〜急速充電に対応

メルセデス・ベンツ日本がコンパクトクラスとしては同社初となるプラグインハイブリッドモデル『A250e』の日本発売を発表しました。バッテリー容量は15.6kWh。チャデモ規格の急速充電(最大24kW)にも対応します。価格は500万円台。電動車の選択肢がまたひとつ広がりました。

続きを読む

メルセデス・ベンツがプラグインハイブリッドモデル『A250e』を日本発売〜急速充電に対応

メルセデス・ベンツが日本第2弾の電気自動車『EQA』発売~急速充電は100kW対応

メルセデス・ベンツ日本が『EQC』に続く日本で2車種目の電気自動車となる『EQA』を4月26日から販売開始。オンライン発表会を実施しました。価格は640万円(税込)。チャデモ規格の急速充電は最大出力100kWに対応しています。

続きを読む

メルセデス・ベンツが日本第2弾の電気自動車『EQA』発売~急速充電は100kW対応

メルセデス・ベンツが上海で電気自動車『EQB』を世界初公開〜宣言通りの電動化急加速

上海オートショーのプレスデー前夜にあたる2021年4月18日夜、メルセデス・ベンツは新しいコンパクトSUVの電気自動車『EQB』を上海会場で発表しました。上海ということもあり発表は中国語が中心で、急拡大する中国市場を中心に据えていることがよくわかるプレゼンテーションでした。

続きを読む

メルセデス・ベンツが上海で電気自動車『EQB』を世界初公開〜宣言通りの電動化急加速

【ついに公開】メルセデス・ベンツの完全電気自動車『EQS』から読み解く「世界の本気」

4月15日18時(日本時間16日午前1時)にワールドプレミアが行われたメルセデス・ベンツの完全電気自動車『EQS』。4月3日にはスペックを含む概要が公開されました。自動車電動化に対する世界の本気を感じる内容です。

続きを読む

【公開目前】メルセデス・ベンツの完全電気自動車『EQS』から読み解く「世界の本気」

メルセデス・ベンツが電気自動車エントリーモデル『EQA』を欧州で発表

ダイムラーは2021年1月20日、メルセデス・ベンツの新しい電気自動車『EQA 250』を発表しました。エントリーモデルの位置付けとなりドイツでの税込み価格は4万7540.50ユーロ(約601万円)から。エンジンモデルとの価格差は100万円を切りました。2021年春から欧州の販売店でデリバリーされる予定です。

続きを読む

メルセデス・ベンツが電気自動車エントリーモデル『EQA』を欧州で発表

メルセデス・ベンツ『GLC 350 e 4MATIC』発表〜7車種目のPHEVを日本導入

メルセデス・ベンツ日本がPHEVモデルの『GLC 350 e 4MATIC』を発売することを発表しました。PHEVモデルの日本導入は7車種目となります。約900万の高級車ですが、プライスリストを見て「お買い得かも!」と感じるのが不思議です。

続きを読む

メルセデス・ベンツ『GLC 350 e 4MATIC』発表〜7車種目のPHEVを日本導入

メルセデス・ベンツ『EQC』で東京=朝霧高原を往復〜長距離試乗記

先日お伝えした「あさぎりフードパーク」(静岡県富士宮市)で開催された『Japan EV Meetup』に、メルセデスベンツが日本で初めて販売した電気自動車(EV)『EQC 400 4MATIC』で行ってきました。往復約240kmで電力使用量は約59kWh。快適な電気SUVのドライブでした。

続きを読む

メルセデス・ベンツ『EQC』で東京=朝霧高原を往復〜長距離試乗記

プラグインハイブリッドの燃料電池自動車〜メルセデス・ベンツ『GLC F-CELL』試乗レポート【諸星陽一】

メルセデス・ベンツが日本に導入した外部から充電可能な燃料電池自動車『GLC F-CELL』に自動車評論家の諸星陽一氏が試乗。ヨーロッパと日本だけで発売されている次世代車の印象は?

続きを読む

プラグインハイブリッドの燃料電池自動車〜メルセデス・ベンツ『GLC F-CELL』試乗レポート【諸星陽一】

ダイムラー社CEOが「すべての新型車はEVから開発」すると表明

欧州の電気自動車普及が加速する中、ドイツ・ダイムラー社のCEOであるオラ・ケレニウス氏が、EQSの発売以降「EVはすべての新型車ではじめに開発」することを表明しました。自動車評論家の御堀直嗣氏が報道の深層を読み解きます。

続きを読む

ダイムラー社CEOが「すべての新型車はEVから開発」すると表明