【TECHNO-FRONTIER 2022】 2025年までに日本上陸を示唆するNIO『ES8』が日本初公開!

7月に開催された「TECHNO-FRONTIER 2022」で、中国のEVベンチャーであるNIOの『ES8』が日本国内で初公開されました。バッテリー交換式を採用して世界が注目する電気自動車展示を中国車研究家の加藤ヒロト氏がレポート。名古屋大学山本真義教授のインプレッションを紹介します。

続きを読む

【TECHNO-FRONTIER 2022】 2025年までに日本上陸を示唆するNIO『ES8』が日本初公開!

「EVモーターズ・ジャパン」の心意気~電動化は脱化石燃料を実現するための日本の生き残り戦略

福岡県北九州市に本社を置くEVモーターズ・ジャパンは、EVバスなどの電動商用車を独自開発して販売する電気自動車ベンチャーです。最近、いろんなニュースで気になっていた会社を訪問。代表取締役の佐藤裕之氏にお話しを聞いてきました。

続きを読む

「EVモーターズ・ジャパン」の心意気~電動化は脱化石燃料を実現するための日本の生き残り戦略

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中【最新情報/2022年6月期】

着実に伸びつつある欧州における電気自動車(プラグイン車)の販売シェアをウォッチングしています。今回は2022年6月期の最新情報です。世界的な半導体不足やサプライチェーン混乱の影響で自動車全体の売り上げが落ちている中、BEVのニーズが高まっています。

続きを読む

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中

クレジットカードで決済可能な「BellCharge つくばスポット」〜まずは普通充電器から一般利用開始

2022年8月8日(月)、Bell Energyが開設したクレジットカード決済で利用できる電気自動車用充電施設「BellCharge つくばスポット」の一般利用がスタートします。まずは6kW出力の普通充電器3基(EV4台充電可能)から運用開始。8日〜10日(水)まで担当者が常駐してポータブル急速充電器「Roadie」の展示などが行われる予定です。

続きを読む

クレジットカードで決済可能な「BellCharge つくばスポット」〜まずは普通充電器から一般利用開始

BYDが電気自動車で日本の乗用車市場に参入〜EVへの不安視は時代錯誤へ

今年4月にエンジン車の生産を完全に停止した中国のBYDが複数車種の電気自動車で日本の乗用車市場参入を発表しました。はたして、何が起きようとしているのか。自動車評論家の御堀直嗣氏による評論です。

続きを読む

BYDが電気自動車で日本の乗用車市場に参入〜EVへの不安視は時代錯誤へ

ヒョンデ カスタマーエクスペリエンスセンター 横浜がオープン〜150kW急速充電器が首都圏初登場か?

2022年7月30日(土)、神奈川県横浜市に「Hyundai Customer Experience Center 横浜」がオープンしました。電気自動車『IONIQ 5』などヒョンデのZEVに関する購入相談や納車、整備などのサービスを提供する日本初の直営拠点です。EVシフトとともに、自動車を取り巻くいろんなことが変わっていきます。

続きを読む

ヒョンデ カスタマーエクスペリエンスセンター 横浜がオープン〜150kW急速充電器が首都圏初登場か?

Honda eで長野県白馬村へ遠出してみた!/石川温の電気自動車日記

電気自動車『Honda e』を購入したスマホジャーナリストの石川温(つつむ)さんによる、EVライフ日記。今回は、「ジャパンEVラリー白馬2022」に参加するため、東京都大田区から長野県白馬村へ往復したロングドライブレポートです。

続きを読む

Honda eで長野県白馬村へ遠出してみた!/石川温の電気自動車日記

電気自動車普及は止まらない! 中国では2022年末までにNEV年間販売台数600万台を達成か

中国における2022年のNEV(電気自動車を含む新エネルギー車)販売台数が、コロナ禍などの障壁を越えて急増を続けています。『ChinaAutoReview』元編集長で、アメリカ在住のアナリスト、Lei Xing氏の解説をお届けします。

続きを読む

電気自動車普及は止まらない! 中国では2022年末までにNEV年間販売台数600万台を達成か

テスラ2022年Q2決算〜上海ロックダウンを克服して着実な成果を強調

テスラ社は現地時間の2022年7月20日に、2022年第2四半期(4~6月)の決算を発表しました。生産台数、納車台数が前期から減少した影響で総売上高が5期ぶりに圧縮されましたが、前年同期比では大幅なプラスになっています。決算の概要をお伝えします。

続きを読む

テスラ2022年Q2決算〜上海ロックダウンを克服して着実な成果を強調