ホンダが中国にEV新工場建設を開始〜年間で電気自動車24万台の生産能力

2022年6月21日、ホンダの中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司が、電気自動車(EV)の生産体制構築に向け、EV新工場の建設を開始することを発表しました。2024年に年間12万台、中国の2工場合計でEV24万台の生産能力となります。

続きを読む

ホンダが中国にEV新工場建設を開始〜年間で電気自動車24万台の生産能力

東京都が電気自動車への補助金増額&新築へのEV用充電設備義務化へ

東京都が電気自動車導入に向けて積極的な動きを見せています。EV購入時の補助金を従来の45万円から最大75万円に増額するほか、新築の建物にEV用充電設備の設置を義務付けることを含んだ条例改正の方針を打ち出しました。新たにわかった2022年度の東京都の補助金概要を紹介します。

続きを読む

東京都が電気自動車への補助金増額&新築へのEV用充電設備義務化へ

宿で充電して白馬を満喫!『ジャパンEVラリー白馬2022』参加者募集が始まりました

EVやPHEVで長野県白馬村に集まり、ゼロカーボン・ドライブの楽しさを満喫しよう! というイベント『ジャパンEVラリー白馬2022』の参加者募集が始まりました。今年は内容を一新。充電設備のある宿に泊まって、仲間や家族と一緒に白馬をたっぷり楽しむイベントです。

続きを読む

宿で充電して白馬を満喫!『ジャパンEVラリー白馬2022』参加者募集が始まりました

電動バイクブランド『XEAM』試乗会〜ZEROの新モデル『FXE』が気持ちいい〜!

電動バイクの新鋭ブランド『XEAM』が、新モデルを発売する機会に箱根でメディア向け試乗会を実施しました。久しくバイクには乗ってませんが、30年近く電気自動車(EV)の取材をしてると電動というだけで乗りたくなります。押っ取り刀で駆けつけてみたら、すごく楽しい乗り物と出会えました。

続きを読む

電動バイクブランド『XEAM』試乗会〜ZEROの新モデル『FWE』が気持ちいい〜!

EVで100回目のパイクスピークに参戦する大井選手の『NISSAN LEAF e+ KAI』が準備完了

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、1916年の初開催から106年目となる今年、記念すべき100回記念大会が開催されます。参戦準備を進めているSAMURAI SPEEDの『NISSAN LEAF e+ KAI』は、フリーモントにあるガレージで、最終的なラッピング、エアロパーツの取り付けや、足回りの調整などを行いました。

続きを読む

EVでパイクスピークに参戦する大井選手の『NISSAN LEAF e+ KAI』が準備完了

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中【最新情報/2022年3月~5月期】

飛躍的に伸びつつある欧州における電気自動車(プラグイン車)の販売シェアを毎月更新でウォッチングしています。今回は2022年3〜5月期の最新情報です。世界的な半導体不足やサプライチェーンの混乱の影響で、自動車全体の売り上げが落ち、ガソリン価格も高騰する中プラグイン車両のニーズは高まってきています。

続きを読む

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中

Europe gets a “charge” from Chinese EVs

NIO, Xpeng, BYD, MG, MAXUS, LYNK & CO, AIWAYS, GWM and Hongqi represent a handful of Chinese brands that have “charged” into the European battleground for EVs. Each has adopted its own unique approach to tackling the local market with the intention of expanding to additional developed markets in other parts of the world including ultimately the U.S.

続きを読む

Europe gets a “charge” from Chinese EVs

中国のEVたちが欧州市場を着実に侵略 〜『NIO』『Xpeng』『BYD』など

NIO、Xpeng、BYD、MAXUS、LYNK&CO、AIWAYS、GWM、そしてHongqiなどは、欧州のEV激戦地に乗り込んだ中国ブランドの一部です。世界の他の地域、究極的には米国で欧州市場のように戦いを挑むため、各メーカーは独自のアプローチを採用しています。

続きを読む

中国のEVたちが欧州市場を着実に侵略 〜『NIO』『Xpeng』『BYD』『MG』など

長野県が宿泊施設などに充電設備設置を進める条例を制定

長野県は電気自動車(EV)の普及拡大を目指し、宿泊施設や集合住宅などに充電設備を設置することを努力義務とする条例を制定しました。今後は2030年までに「未設置区間ゼロ、電池切れゼロ」を実現する充電インフラの整備を目指します。長野県に条例制定の狙いなどを聞きました。

続きを読む

長野県が宿泊施設などに充電設備設置を進める条例を制定