日本郵便が集配車に電気自動車1200台導入「その先」を考えてみる

3月27日、日本郵便が集配車に電気自動車1200台を導入、そしてヤマト運輸がドイツDHLグループのベンチャー企業と宅配用電気トラックを共同開発と、電気自動車に関する大きな話題が立て続けに飛び込んできました。どちらのニュースも大手新聞などでも概要は伝えられているので『EVsmartブログ』では独自に各社広報部などに取材を敢行。今回のニュースから見えてくる「その先」にある電動化について考察してみました。

続きを読む


テスラ モデル3が市場に出た直後の2月期にヨーロッパで一番売れた純電気自動車になる

JATO(世界規模の自動車販売関連調査会社)が3月26日に出したプレスリリースによりますと、テスラのモデル3がヨーロッパの2月期販売台数で3600台以上を達成。純電気自動車でトップに立ちました。さらにガソリン車を含めたすべての自動車の中で、プレミアム中型セダンのランキングでもトップになるという驚異的な記録を残しました。電気自動車の売れ行きが好調なノルウェーでは、1ヶ国だけで1000台以上(3月はすでに4000台以上!)を売り上げています。

続きを読む


BYDが小型電気バスを日本で販売。2020年春から納車開始で24年に1000台を目指す!

中国のBYD(比亜迪)の日本法人である「BYDジャパン」が、新しい小型電気バスを日本で発売、3月25日から予約受付を開始したことを発表しました。中国で製造し、納車は2020年の春から開始予定。2024年までに1000台の販売を目指すとしています。

続きを読む


VW、BMW、ダイムラーは完全電気自動車に集中 — FCVは今後10年は見込みなし

フォルクスワーゲン、BMW、ダイムラーは今後、電気自動車(EV)に集中する方向を表明しました。トヨタ、ヒュンダイ、ホンダがこだわり、日本のマスコミが「究極のエコカー」という枕詞を付けるのが好きな燃料電池車(FCV)は、「今後10年は普及する素地がない」と言い切りました。

続きを読む


韓国「SKイノベーション」がアメリカの大規模電池工場で起工式を開催

ハンガリーなどに続きアメリカでも大規模電池工場建設を発表していた韓国の財閥系企業「SK Innovation」が、3月19日、アメリカ・ジョージア州のコマース市で電気自動車用バッテリー生産工場の起工式を開催したことを3月20日付けのプレスリリースで発表しました。この工場は「電気自動車市場最大の激戦地のひとつであるアメリカで、重要な橋頭堡の役割を果たす」としています。

続きを読む


SK Innovationが大規模電池工場の建設を予定しているジョージア州の位置関係

電気自動車『Honda e』日本発売の全貌は? 期待を込めて広報部に聞いてみました

2019年3月、ジュネーブモーターショーで、ホンダが新型電気自動車『Honda e』プロトタイプを発表しました。この車両は2017年の東京モーターショーで日本初公開されたコンセプトモデル「Honda Urban EV Concept」をベースに、市販に向けて進化させたモデルということで、ほぼ完成形に近いと思われます。はたして、日本発売についての現状はどうなのか。ホンダ広報部に質問してみました。

続きを読む


「電気自動車のF1」フォーミュラE 2018-2019 に日産登場! 吉田由美が香港で生観戦!!

2019年3月10日(日)。その日、私、吉田由美は香港にいました。香港で電気自動車のF1といわれる「ABB FIAフォーミュラE選手権」が開催、今シーズンから日本車メーカーで初めて「フォーミュラE 2018-2019」に参戦している「日産 e.dams」チームの観戦&取材です。

続きを読む


中国海南省政府が2030年以降石油燃料車販売禁止への計画を発表

3月に入り、北京の中国新聞社などが、中国の南部に位置する海南省政府が『海南省クリーンエネルギー車発展計画』を発表。2030年までに省内で石油燃料のエンジン車販売を段階的に禁止することを伝えました。イギリスやフランス政府はすでに2040年以降のエンジン車販売禁止を発表していますが、さらに10年早く禁止されることになります。

続きを読む


girl having fun on vacation Hainan

フォルクスワーゲンが2028年までに2200万台の電気自動車生産プランを発表

2019年3月12日、フォルクスワーゲングループは今後10年間(2028年まで)に発売する電気自動車(EV)の車種を従来計画していた50車種から約70車種に増やし、IDと呼ばれるグループのEV専用プラットフォームを採用した車両の生産台数を、以前発表していた1500万台から2200万台に増やすことを発表しました。

続きを読む


テスラ・モデルYの発表は日本時間3月15日(金)正午 — ライブ速報を追加しました

「テスラ・モデルY」が発表されました。「モデル3」のパワートレインを使ったコンパクトSUV、航続距離は370km以上、436万円からで4つのグレード、オプションで7人乗り可能、量産は2020年秋に開始されます。噂のファルコンウイング・ドアは付きませんでした。[3/15発表後更新]

続きを読む


発表後に米テスラ社のサイトに登場したモデルYの画像。テスラ社の公式サイトより転載。