テスラ2022年Q1決算発表から読み解く「年間2000万台」へのロードマップ

テスラの2022年第1四半期決算発表では、営業利益が19%を超えたとか、フリーキャッシュフローが22億ドルを超えたことが注目されましたが、発表された情報を読み解くと2030年までに「年間2000万台」を達成するための成長ロードマップが見えてきました。

続きを読む

テスラ2022年Q1決算発表から読み解く「年間2000万台」へのロードマップ

テスラが2022年Q1決算を発表~年間2000万台の目標へ5%前進

テスラ社は現地時間の2022年4月20日に、2022年第1四半期(1~3月)の決算を発表しました。生産台数、納車台数は前期とほぼ同じでしたが総売上高、営業利益、純利益は過去最高になり、営業利益率が19.2%を記録しました。決算の概要をお伝えします。

続きを読む

テスラが2022年Q1決算を発表~年間2000万台の目標へ5%前進

テスラ『サイバー・ロデオ』の現場から臨場感丸かじりレポート

4月8日(日本時間)、テスラの巨大工場「ギガ・テキサス」竣工を記念して『サイバー・ロデオ』という盛大なイベントが行われました。付近の会場ではテスラオーナー最大のオフ会、TESLA CONも同時開催。両方に参加したTesla Owners Silicon Valley会長、John Stringer氏の協力を得て、現場の様子をお伝えします。

続きを読む

テスラ『サイバー・ロデオ』の現場から臨場感丸かじりレポート

テスラが2022年第1四半期の台数速報を発表〜2期連続で30万台超えを達成

テスラ社は2022年4月2日(現地時間)、2022年度第1四半期(2022年1月~3月)の生産台数と納車台数の速報値を発表しました。いずれも前年同期比で70%近い伸び率になり、30万台を超えました。半導体不足やコロナ禍が続く中としては上々の2022年の滑り出しと言えそうです。

続きを読む

テスラが2022年第1四半期の台数速報を発表〜2期連続で30万台超えを達成

テスラが「より正確な航続距離計算システム」にソフトウェアをアップデート

電気自動車にとって気になるスペックの1つが航続距離ですが、気象状況によってもその数値は変わってきます。最新のソフトウェアアップデートでテスラ車がより正確に航続距離を測れるようになりました。TESMANIAN から全文翻訳でお届けします。

続きを読む

テスラが「より正確な航続距離計算システム」にソフトウェアをアップデート

テスラ「つくばスーパーチャージャー」にソーラーカーポート設置〜サステナブルを「かっこよく」

「かっこいい」電気自動車用急速充電インフラの話題です。2021年11月に開設されたテスラのつくばスーパーチャージャーにソーラーカーポートが出現。設置したノーバル・ホールディングス代表取締役の平文俊全氏に、狙いや思いを伺いました。

続きを読む

テスラ「つくばスーパーチャージャー」にソーラーカーポート設置〜サステナブルを「かっこよく」

【動画あり】理想のEV急速充電インフラとは? テスラスーパーチャージャー vs CHAdeMO〜到着時間に1時間23分差

山形から東京まで約370kmを、雪道立ち往生検証を終えた3台のテスラモデル3で走行。それぞれ違う充電パターンで東京までの到着時間を検証しました。改めてテスラのスーパーチャージャーの快適さを実感しました。

続きを読む

【動画あり】理想のEV急速充電インフラとは? テスラスーパーチャージャー vs CHAdeMO〜到着時間に1時間23分差

テスラ人気に見る日本のEV市場の将来をアメリカのメディアが解説

電気自動車シフトの遅れが指摘される日本でも、最近テスラの車を見かける機会が増えてきました。はたして、テスラが日本市場を変えていくのでしょうか。アメリカメディアの『CleanTechnica』に紹介された「外から見たニッポン」の解説記事を全文翻訳でお届けします。

続きを読む

テスラ人気に見る日本のEV市場の将来をアメリカのメディアが解説