今「水素」が注目されるワケ~トヨタ新型『MIRAI』に試乗!【吉田 由美】

2020年12月にフルモデルチェンジされたトヨタの水素燃料電池自動車、新型『MIRAI』にカーライフエッセイストの吉田由美さんが5日間たっぷり試乗。水素ステーションでの充填なども体感したレポートをお届けします。

続きを読む

今「水素」が注目されるワケ~トヨタ新型『MIRAI』に試乗!【吉田 由美】

日本ではトヨタ初の量産電気自動車〜レクサス『UX300e』で軽井沢日帰り試乗レポート

日本ではトヨタ初の量産電気自動車となったレクサス『UX300e』で、モータージャーナリストの諸星陽一氏が軽井沢へ日帰り長距離試乗。標高1000m級の軽井沢まで150km以上をどのくらいの余力を残して走れるのかなど、実際の使い勝手をレポートします。

続きを読む

日本ではトヨタ初の量産電気自動車〜レクサス『UX300e』で軽井沢日帰り試乗レポート

トヨタとパナソニックの合弁会社が車載用リチウムイオン電池の生産体制強化を発表

プライム プラネット エナジー&ソリューションズ株式会社が、日本国内と中国の生産拠点に生産ラインを新設し、電気自動車などの車載用角形リチウムイオン電池の生産能力を拡大することを発表しました。2021年内にも生産開始を予定しています。

続きを読む

トヨタとパナソニックの合弁会社が車載用リチウムイオン電池の生産体制強化を発表

トヨタが2021年3月期決算説明会で示した「年間200万台」売れる電気自動車とは

トヨタ自動車が2021年3月期 決算説明会を開催。2030年に電動車800万台、うちBEVとFCEVを200万台とする販売台数の見通しを示しました。従来よりも踏み込んだ電動化への目標が示されたといえるでしょう。1日も早く、年間200万台売れるトヨタのEVの姿が見えることを願います。

続きを読む

トヨタが2021年3月期決算説明会で示した「年間200万台」売れる電気自動車とは

トヨタが電気自動車シリーズ『bZ』発表〜世界は「グリーンウォッシュ」を懸念?

2021年4月19日、トヨタ自動車は上海モーターショーのプレスデー初日に、今後の電動化戦略の新たな方針を発表しました。電気自動車(EV)の新シリーズ『TOYOTA bZ』を中心にして2025年までに15車種のEVを市場に投入する計画です。同時に、従来のロビー活動を検証することも公表しました。

続きを読む

トヨタが電気自動車シリーズ『bZ』発表〜世界は「グリーンウォッシュ」を懸念?

レクサス=トヨタが世界初公開した2025年の電気自動車『LF-Z Electrified』が教えてくれること

トヨタがレクサスの「ブランド変革に向けた取り組みを発表」と題するプレスリリースでEVコンセプトカー『LF-Z Electrified』の世界初公開を行いました。2025年の商品化を目指すというEVに、どうやら全固体電池はまだ間に合わないようです。

続きを読む

レクサス=トヨタが世界初公開した2025年の電気自動車が教えてくれること

トヨタがアメリカ政府に電気自動車シフトの速度を落とすよう働きかけている? という悲報

アメリカの『Electrek』というメディアが「トヨタは電気自動車シフトの速度を落とすという妄想的な取り組みを米国政府に働きかけている」として「遅刻したからといってみんなのパーティを台無しにしないで」と報じました。電動化を応援する日本人として、ちょっと切ないニュースです。

続きを読む

トヨタがアメリカ政府に電気自動車シフトの速度を落とすよう働きかけている? という悲報

朗報か? トヨタがアメリカで電気自動車2車種とPHEV1車種を2021年中に導入すると発表

2021年2月10日(現地時間)、トヨタモーターノースアメリカが米国市場に電気自動車2車種とPHEV1車種を今年中に導入する計画を発表しました。具体的な車種名や販売計画台数などの詳細はまだ明らかになっていません。

続きを読む

朗報か? トヨタがアメリカで電気自動車2車種とPHEV1車種を2021年中に導入すると発表

トヨタが超小型EV『シーポッド』販売開始〜超小型だけど電動化への大きな一歩

トヨタが超小型電気自動車(EV)『C+pod(シーポッド)』を販売開始しました。まずは法人ユーザーや自治体を対象に限定販売。個人向け本格発売は2022年に開始する予定です。脱炭素を目指す日本社会へのクリスマスプレゼントになるのでしょうか。

続きを読む

トヨタが超小型EV『シーポッド』販売開始〜超小型だけど電動化への大きな一歩

自工会の豊田章男会長が示した「電動化=EV化への懸念」は日本を勝利に導けるのか?

12月17日、日本自動車工業会の豊田章男会長がオンライン懇談会で「電動化=EV(電気自動車)化」という誤った認識によって「日本の自動車産業がギリギリのところに立たされている」という懸念を示したことが大きく報じられています。発言内容のポイントを整理してみましょう。

続きを読む

自工会 豊田章男会長が示した「電動化=EV化」への懸念は日本を勝利に導けるのか?