朗報か? トヨタがアメリカで電気自動車2車種とPHEV1車種を2021年中に導入すると発表

2021年2月10日(現地時間)、トヨタモーターノースアメリカが米国市場に電気自動車2車種とPHEV1車種を今年中に導入する計画を発表しました。具体的な車種名や販売計画台数などの詳細はまだ明らかになっていません。

続きを読む

朗報か? トヨタがアメリカで電気自動車2車種とPHEV1車種を2021年中に導入すると発表

トヨタが超小型EV『シーポッド』販売開始〜超小型だけど電動化への大きな一歩

トヨタが超小型電気自動車(EV)『C+pod(シーポッド)』を販売開始しました。まずは法人ユーザーや自治体を対象に限定販売。個人向け本格発売は2022年に開始する予定です。脱炭素を目指す日本社会へのクリスマスプレゼントになるのでしょうか。

続きを読む

トヨタが超小型EV『シーポッド』販売開始〜超小型だけど電動化への大きな一歩

自工会の豊田章男会長が示した「電動化=EV化への懸念」は日本を勝利に導けるのか?

12月17日、日本自動車工業会の豊田章男会長がオンライン懇談会で「電動化=EV(電気自動車)化」という誤った認識によって「日本の自動車産業がギリギリのところに立たされている」という懸念を示したことが大きく報じられています。発言内容のポイントを整理してみましょう。

続きを読む

自工会 豊田章男会長が示した「電動化=EV化」への懸念は日本を勝利に導けるのか?

トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘

トヨタ自動車の『第2四半期決算説明会』に豊田章男社長が出席。質疑応答でテスラを評した発言について、アメリカの『CleanTechnica』が「トヨタの社長はテスラとその使命を理解していない」と指摘しています。どういうことか? 電気自動車ユーザーの視点で整理してみます。

続きを読む

トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘

トヨタ『RAV4 PHV』に試乗〜気になる電池生産状況などを確認してきました

横浜市内で開催されたトヨタ新型ハリアーとRAV4 PHVの試乗会にEVsmartブログも飛び入り参加。モータージャーナリストの御堀直嗣氏、諸星陽一氏によるRAV4 PHVのインプレッションレポートとともに、受注停止で気になる電池生産の事情などをご紹介します。

続きを読む

トヨタ『RAV4 PHV』に試乗〜気になる電池生産状況などを確認してきました

トヨタ『RAV4 PHV』試乗速報〜プラグインの長所を走りで強調【塩見 智】

かねてより登場が明言されていたトヨタ『RAV4 PHV』が6月8日に発売された。RAV4のハイブリッド4WD仕様をベースに、外部からの普通充電が可能な総電力量18.1kWhの大容量バッテリーと、より高出力のフロントモーターを組み込んだモデルで、価格は同程度の仕様のRAV4ハイブリッドに対し約80〜117万円高の469.0万円〜。クローズドコースで試乗した。

続きを読む

トヨタ『RAV4 PHV』試乗速報〜プラグインの長所を走りで強調【塩見 智】

トヨタ『RAV4 PHV』いよいよ日本発売〜電動車の新基準となるか

2020年6月8日、トヨタが『RAV4 PHV』の日本発売を発表しました。価格は469万円〜。搭載する電池容量は18.1kWhで、急速充電には非対応です。RAV4ブランド最上級モデルとして「充電できる電動車の新基準」となるのではと思わせる数々の魅力をまとって新発売。はたして、日本でヒットするのか注目です。

続きを読む

トヨタ『RAV4 PHV』いよいよ日本発売〜電動車の新基準となるか

欧州レクサスの電気自動車『UX300e』のバッテリーは「10年100万キロ」保証付き

レスサスブランド初の量産電気自動車となる『UX300e』について、駆動用バッテリーには「10年」もしくは「100万km!」の保証を付けることが、欧州のレクサスからアナウンスされました。『CleanTechnica』が伝えた記事を、全文翻訳でご紹介します。

続きを読む

欧州レクサスの電気自動車『UX300e』のバッテリーは「10年100万キロ」保証付き

レクサス初の量産電気自動車『UX300e』が広州で静かに(?)世界初公開

中国で開催中の広州モーターショーで、レクサス(LEXUS)ブランドで初めての電気自動車(EV)市販モデルとなる『UX300e』が世界初公開されました。電池容量は54.3kWh。電池温度管理機能を備えるなど、完成度の高い電気自動車に仕上がっている印象です。

続きを読む

レクサス初の量産電気自動車『UX300e』が広州で静かに(?)世界初公開