BYDの乗用車EV『ATTO3』価格発表〜400万円で400kmの衝撃的コストパフォーマンス

今年7月に日本導入を発表していたBYDの電気自動車『ATTO 3』について、BYD Auto Japan は2023年1月31日の発売と発表しました。ほぼフル装備でバッテリー容量58.56kWhの1グレード、価格は440万円(税込)です。発表会の注目ポイントを速報します。

続きを読む

BYDの乗用車EV『ATTO3』価格発表〜400万円で400kmの衝撃的コストパフォーマンス

商用車こそEVシフトの本懐。テスラSemiがもたらす業界の大変革

サッカーW杯で日本がスペインに歴史的勝利を飾った12月2日、電気自動車の大型トレーラーヘッド、テスラ『Semi』の納車イベントがオンライン中継されました。最大出力1MWのスーパーチャージャーV4など要注目のトピックスも満載。注目ポイントを翻訳家の池田篤志氏が解説します。

続きを読む

商用車こそEVシフトの本懐。テスラSemiがもたらす業界の大変革

輸入EV試乗会で『CITROËN Ë-C4 ELECTRIC』に感じた「エンジン車の因習」

11月25日に開催されたJAIA(日本自動車輸入組合)のメディア向け輸入電動車試乗会。複数のライターが参加して、最新EV&PHEV試乗レポートの連続企画。今回は、篠原知存さんによるシトロエン『Ë-C4 ELECTRIC』のレポートです。

続きを読む

輸入EV試乗会で『CITROËN Ë-C4 ELECTRIC』に感じた「エンジン車の因習」

テスラ『FSD=完全自動運転』の現在地「サンフランシスコで最も “安全” なドライバー」

テスラの完全自動運転機能『FSD Beta』について、YouTubeで丁寧な解説を紹介している AI DRIVR氏による最新動画に、EVsmartブログが日本語字幕を提供しているシリーズ企画。Ver.10.69.3を紹介する動画のタイトルは「The “Safest” driver in San Francisco」です。

続きを読む

テスラ『FSD=完全自動運転』の現在地「サンフランシスコで最も "安全" なドライバー」

テスラが自社充電コネクター規格を公開し「北米標準」目指す。日本はどうするべきか?

2022年11月11日、テスラは自社EV専用の充電コネクターとして北米・日本で使用してきたTPCを、新たにNACS(North American Charging Standard=北米充電標準規格)として公開、北米標準化を目指すことを発表しました。日本のチャデモは今後どうするべきでしょうか? 電気自動車普及の根幹に関わる大問題への提言です。

続きを読む

テスラが自社充電コネクター規格を公開し「北米標準」目指す。日本はどうするべきか?

もうすぐ発売! BYD『ATTO3』試乗レポート〜アフターでいいからフランクが欲しい!

2022年7月にBYDは国内市場に乗用車も投入することを発表した。国内で最初に投入されるBYDの乗用車はSUVタイプの「ATTO3」だ。JAIAが主催する輸入EVの試乗会で都内一般道を走行する機会を得た。どんな車なのか改めてレポートする。

続きを読む

もうすぐ発売! BYD『ATTO3』試乗レポート〜アフターでいいからフランクが欲しい!

電気自動車保有率8.2%!「KINTO」のアンケート結果を考察してみた

トヨタ系の「クルマのサブスク」サービスを提供する「KINTO」が「電気自動車への関心度調査」を実施。公式サイトに結果レポートの前編を公開しました。回答者の電気自動車保有率は8.2%と高レベル。公表されたデータについて考察します。

続きを読む

電気自動車保有率8.2%!「KINTO」のアンケート結果を考察してみた

「エンジン付きEV」トヨタ新型『プリウス』の価値観をじっくり考えてみた

トヨタ自動車がハイブリッド車の『プリウス』を7年ぶりにフルモデルチェンジして、HEVはこの冬に、PHEVを来年春に発売することを発表しました。新型『プリウス』の概要と発表された「価値観」についての感想をお伝えします。

続きを読む

「エンジン付きEV」トヨタ新型『プリウス』の価値観をじっくり考えてみた
充電スポット検索アプリ
EVsmart
EV充電設備導入支援サービス
エネチェンジEVチャージ
SNSをフォローして
最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードは
こちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 ENECHANGE株式会社

Copyright © ENECHANGE Ltd. All Rights Reserved.