『令和元年かもオフ』開催〜電気自動車オーナーたちのSDGsスピリッツ!

2019年5月18日、日曜日。埼玉県熊谷市で、電気自動車オーナーが集まる『令和元年かもオフ』が開催。私もお誘いいただいたので、日産リーフ30kWhで参加してきました。かもオフの「かも」とは、合鴨農法で活躍するカモのこと。集まった子どもたちがカモのヒナを田んぼに放ち、バーベキューを楽しむイベントでした。

続きを読む


2050年までに東京のCO2排出を実質ゼロにすると小池知事が表明、を東京都庁に聞いてみた

2019年5月21日、東京都内で開催された国際会議で、東京都の小池百合子知事が「2050年までに都内のCO2排出量を実質ゼロにする」目標を明言。新聞などで大きく取り上げられています。はたして「CO2排出量を実質ゼロ」とはどういうことか。そして、これから何を変えていくのか。もしくは、都知事の先走り発言なのか。東京都庁に電話して聞いてみました。

続きを読む


ノルウェーで2019年4月期の全車種売上で純電気自動車がトップ7独占

ノルウェーの4月に売れた車両ランキングで、ガソリン車、ディーゼル車を含む全種類の車種別ランキングのトップ10をPHEVを含む電気自動車が独占しました。このうち上位7車種は純電気自動車がずらりと並び、10位にもヒュンダイの Ioniq Electric が入りました。

続きを読む


自宅の普通充電。なんとかしたい悩みを解決するための新商品、日東工業『Pit-C3』シリーズを調べてみた

2019年4月24日、日東工業株式会社から、EV・PHEV用充電シリーズ『Pit-C3』発売というニュースが飛び込んできました。自宅ガレージで車載ケーブルを使って充電するユーザーのために、「EV・PHEV用コンセント」「コントロールボックスホルダー」「コネクタホルダー」という3種のアイテムが用意されています。価格や入手方法など、ニュースリリースだけではわかりにくい点を調べてみました。

続きを読む


Electrify Americaが電気自動車用の新しい充電料金とモバイルアプリを発表

フォルクスワーゲンアメリカの子会社である「Electrify America」が、電気自動車用の便利なモバイルアプリと充電料金プラン(会員制度)を発表しました。ステーションも急ピッチで拡大する方向で、電気自動車用のインフラがアメリカで整いつつあります。以下全文翻訳をお送りします。

続きを読む


最新ファームウェア2019.12:テスラで首都高C1内回り全線を自動運転

最新版ファームで自動運転に違いが感じられるか?テスラモデルXとファームウェア2019.12で都心環状線を一周、できる限り介入しないでオートパイロット走行してみました。動画はドラレコのものを通常速度のままつないでいます。

続きを読む


フォルクスワーゲンの電気自動車「ID」プレゼンテーション全編翻訳をお届けします!

フォルクスワーゲンのセールス・マーケティング・アフターセールス取締役のユルゲン・シュタックマン氏が、同社の新しい純電気自動車IDシリーズに関するプレゼンテーションをドイツ、ベルリンで行いました。先だってフォルクスワーゲンは電気自動車路線に移ることを発表していましたが、そのファーストステップが明らかになりました。プレゼンテーションの翻訳をお届けします。

続きを読む


10.5kWh電池のアイミーブMで往復1,200kmの遠距離はどうなの? 【往路編】

日本で市販されている電気自動車では10.5kWhと最も容量の小さい電池を積む「三菱 アイミーブ Mタイプ」で、首都圏から東北地方まで往復1,200kmの遠距離を走ってみました。カタログ上では「最大走行距離120km」とある同車でどう走行・充電すれば可能だったか、詳しくお伝えします。

続きを読む


ついに国内試乗! テスラ・モデル3の ロングレンジモデルで都内を半日ぶらり

近日中にも正式な日本仕様のオーダー開始となりそうなテスラ モデル3。左ハンドルではあるものの、EVsmartブログで都内試乗のチャンスを得て、ジャーナリスト2人が試乗しました。この記事ではジャーナリストの南陽一浩が、都内を試乗したインプレッションをお届けします。

続きを読む


充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook Google+
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.