東京開催の「フォーミュラE」は成功するか?〜小池百合子知事の挑戦

2022年10月4日、電気自動車による世界選手権である「フォーミュラEレース」の日本開催に伴う協定の調印式が行われました。開催決定に向けての経緯や今後の課題など、フォーミュラE創設当初から取材を続けるモータースポーツジャーナリストの赤井邦彦氏が解説します。

続きを読む

東京開催の「フォーミュラE」は成功するか?〜小池百合子知事の挑戦

元祖 軽EV『i-MiEV』の根強い人気の理由を探る〜中古車専門店インタビュー

日産からサクラ、三菱からekクロスEVと、軽規格のBEVが発売されて好評です。EVシフトの新たなステップが進む中、10年以上前に発売された軽EVの『MiEV』シリーズが中古市場で人気。この秋にはミニキャブMiEVの販売が再開されることが決まっています。はたして人気の秘密は何なのか。中古車MiEV専門店でお話しを伺いました。

続きを読む

元祖 軽EV『MiEV』の根強い人気の理由を探る〜中古専門店インタビュー

テスラ2022年第三四半期の台数速報〜生産台数は過去最高の36万台へ

テスラ社は2022年10月2日、2022年度第3四半期の生産台数が過去最高の36万台以上になったことを発表しました。納車台数も34万台以上です。生産台数と納車台数のギャップは生産と物流体制のアンバランスが要因のようです。2022年1月~9月の実績では90万台を超えていて、年間120万台は確実な状況です。

続きを読む

テスラ2022年第三四半期の台数速報〜生産台数は過去最高の36万台へ

BYDのEVフォークリフトで何が変わったのか?〜いち早く導入した青果業者に直撃取材

乗用車EVでの日本進出を発表したBYDが先駆けて日本に導入しているリチウムイオン電池搭載のEVフォークリフト。使い勝手やメリットなどの実力は、これから進むであろう商用車EVシフトの前哨戦的な意味もあるでしょう。いち早く導入した横浜市内の業者キーパーソンへのインタビューをお届けします。

続きを読む

BYDのEVフォークリフトで何が変わったのか?〜いち早く導入した青果業者に直撃取材

メルセデス・ベンツ『EQE』受注開始〜ミドルサイズセダンの電気自動車

メルセデス・ベンツ日本が「電気自動車に最高峰を」のキャッチコピーでテレビCMを展開する『EQS』と同時に、EQシリーズの中核車種となるミドルサイズセダン『EQE』を日本でも受注開始することを発表しました。モータージャーナリスト、塩見智氏のレポートです。

続きを読む

メルセデス・ベンツ『EQE』受注開始〜ミドルサイズセダンの電気自動車

『EVsmartブログ』は有意義な電気自動車情報メディアであり続けます~エネチェンジへの事業譲渡について

アユダンテ株式会社が、EVsmart事業をENECHANGE株式会社に事業譲渡することを発表しました。とはいえ、ユーザー目線でEV普及に資する有意義な情報発信を続け、読者と企業を繋ぐ開かれたメディアであるEVsmartブログのスタンスや編集方針は変わりません。

続きを読む

『EVsmartブログ』は有意義な電気自動車情報メディアであり続けます~エネチェンジへの事業譲渡について

プラゴが予約可能な急速充電器などを発表〜EVと充電の新しいライフスタイルを提案

電気自動車(EV)の普及に不可欠な充電器の設置事業などを手がけるプラゴは、2022年9月29日、予約が可能な急速充電器の設置を中心にした、今後の事業計画を発表しました。EVユーザー待望の予約機能付き充電器は、これからどう普及するのか。社長インタビューとあわせてお伝えします。

続きを読む

プラゴが予約可能な急速充電器などを発表〜EVと充電の新しいライフスタイルを提案

メルセデス・ベンツ『EQS』発売〜電気自動車の利点を凝縮したフラッグシップ

メルセデス・ベンツ日本が、4月に発表していた最上級モデルSクラスの電気自動車である『EQS』の発売を発表。EQS 450+ は10月にも納車開始予定。AMGブランド初のEVとなるEQS 53 4MATIC+の受注も開始しました。モータージャーナリストの塩見智氏による発表会のレポートです。

続きを読む

メルセデス・ベンツ『EQS』発売〜電気自動車の利点を凝縮したフラッグシップ

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中【最新情報/2022年7・8月期】

飛躍的に伸びつつある欧州における電気自動車(プラグイン車)の販売シェアを2020年以降、随時更新でウォッチングしています。今回は2022年7、8月期の最新情報です。PHEVのシェアが頭打ちになり、BEVへのシフトが顕著になってきました。

続きを読む

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中

今年度のCEV補助金がもうすぐ終了〜EV普及に向けて大きなビジョン構築に期待

経済産業省は2022年9月16日に、クリーンエネルギー自動車の導入促進事業の予算残高が約105億円になったことを公表しました。申請受付が終了するのは10月下旬から10月末頃になると予想しています。これを機会に、補助金の現状と今後のあり方について考えてみました。

続きを読む

今年度のCEV補助金がもうすぐ終了〜EV普及に向けて大きなビジョン構築に期待

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.