ポルシェ Taycan Turbo(タイカン ターボ)のEPA航続距離が201マイルと発表

12月11日(米国時間)、アメリカでポルシェ「タイカン ターボ」の航続距離がEPA基準で201マイル(約323km)であることが明らかになりました。搭載する電池容量は93.4kWhであるにも関わらず、予想されたよりも短い航続距離に、やや失望を込めた報道が目立っています。

続きを読む


ポルシェ Taycan Turbo(タイカン ターボ)のEPA航続距離が201マイルと発表

ドイツの化学大手BASFが大規模な電池材料工場建設〜欧州は動いています!

2019年12月10日、ドイツの化学メーカーである『BASF』が、ドイツ国内に大規模な電池自動車用電池材料の工場を建設することが明らかになりました。さらに、EU(欧州連合)の委員会はリチウムイオン電池の開発に加盟7カ国が最大で総額32億ユーロを助成する計画を承認したことを発表しました。電気自動車時代に向けて、ヨーロッパが激しく動いています。

続きを読む


ドイツの化学大手BASFが大規模な電池材料工場建設〜欧州は動いています!

電動車で放電して「実質3万円GET!」〜世田谷区で実証実験がスタート

『モニター登録募集中〜電動車の電気がポイントになる実証実験が12月から世田谷区でスタート!』でお知らせした三菱商事株式会社の『GO ECO! GET BENEFIT! 〜 電動車の電気をポイントに!』が、12月1日から東京都世田谷区の『ライフ 桜新町店』で始まりました。参加するにはモニター登録が必要で、現在も引き続きモニターを募集中です。

続きを読む


「電動車の電気をポイントに」世田谷区で実証実験がスタート

ベントレーのPHEV『ベンテイガ』に感じる電動化の激流

ベントレーがSUVモデルの『BENTAYGA(ベンテイガ)』にプラグインハイブリッド車(PHEV)を追加。量産第1号車がデリバリーされたことを発表したのは、2019年10月1日のことでした。庶民には縁遠いブランドではありますが、このニュースには欧州を中心に広がる「電動化」への本気を感じます。

続きを読む


ベントレーのPHEV『ベンテイガ』で読み解く電動化の潮流

メルセデス・ベンツ「E350de」試乗で完成度の高さを実感

メルセデス・ベンツが2019東京モーターショーに展示したプラグインハイブリッドモデル「350de」と「350e」の2モデルの日本発売を2019年10月23日に正式発表。このうちディーゼルエンジンとモーターを組み合わせたモデルとなる「350de」に、ジャーナリストの諸星陽一氏が試乗。インプレッションをお届けします。

続きを読む


メルセデス・ベンツ「E350de」試乗で完成度の高さを実感

【速報】日産リーフ『旅ホーダイ』終了〜「ZESP3」への改定を正式にアナウンス

2019年12月3日、日産自動車から「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」(以下、ZESP)のプログラムを改定し、今月16日以降、「旅ホーダイ」を訴求していた「ZESP2」から月額料金に応じた時間課金制の「ZESP3」に変更されることが正式に発表されました。

続きを読む


【速報】日産リーフ『旅ホーダイ』終了〜「ZESP3」への改定を正式にアナウンス

How realistic is it to commercialize all-solid-state batteries for the EV market?

At the Tokyo Motor Show in 2017, Toyota announced that they would commericalize all-solid-state battery technology for EVs by early 2020s. Since then, all-solid-state batteries have been considered a crucial component in the evolution of the EV industry. However, can we rely upon this technology as much as Toyota claims? To answer this question, I interviewed Mr. Toru Amazutsumi, a specialist in the field of battery research.

続きを読む


How realistic is it to commercialize all-solid-state batteries for the EV market?

テスラが休日の充電渋滞ハルマゲドンに車両100台分のポータブルスーパーチャージャーを繰り出した

日本でも高速道路での充電待ちがしばしば発生するようになってきました。各自動車メーカーからEV新モデルリリースのニュースが続々と入ってきていますが、充電待ちの緩和は喫緊の課題です。アメリカでは、テスラが大胆な解決策を出してきました。100台に充電できる「ポータブル」スーパーチャージャーが、カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポのスーパーチャージャーステーションに出現したのです。

続きを読む


テスラが休日の充電渋滞ハルマゲドンに、100のポータブル・スーパーチャージャーを繰り出した

【追記あり】米フォードが初の電気自動車を投入へ 〜 テスラ「モデルY」とガチンコか

アメリカのフォードモーターが、同社初となる電気自動車「マスタング・マッハE」を2019年11月17日に発表、ロサンゼルス・オートショーの開幕直前のことでした。同社のスポーツカーの伝統の名「マスタング」を冠したものの、スタイルは昨今流行りのSUVを採用。内装を見ても、競合するのはずばりテスラ「モデルY」では? 比較しながら見てみましょう。

続きを読む


米フォードが初のBEVを投入へ 〜 テスラ・モデルYとガチンコか

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.