トヨタ新型『ミライ』試乗レポート〜現時点で最高の燃料電池自動車【塩見 智】

トヨタの燃料電池車、ミライ(MIRAI)がフルモデルチェンジする。初代よりも大型化し、前輪駆動から後輪駆動へと切り替わり、動力性能も航続距離も大幅に向上した。初代との共通点はFCVであることだけといっても過言ではない。

続きを読む

トヨタ新型『ミライ』試乗レポート〜現時点で最高の燃料電池自動車【塩見 智】

プラグインハイブリッドの燃料電池自動車〜メルセデス・ベンツ『GLC F-CELL』試乗レポート【諸星陽一】

メルセデス・ベンツが日本に導入した外部から充電可能な燃料電池自動車『GLC F-CELL』に自動車評論家の諸星陽一氏が試乗。ヨーロッパと日本だけで発売されている次世代車の印象は?

続きを読む

プラグインハイブリッドの燃料電池自動車〜メルセデス・ベンツ『GLC F-CELL』試乗レポート【諸星陽一】

FCVと1カ月生活記【第1回】静かなる燃料電池まつりが始まった

自動車評論家の塩見智さんが「燃料電池車はEV所有を望む集合住宅民希望の星か!?」をテーマに、ホンダ『クラリティFUEL CELL』と1カ月をともにした生活レポートを短期集中連載でお届けします。第1回は「なぜ今、燃料電池車を取り上げるのか」を説明します。

続きを読む

FCVと1カ月生活記【第1回】静かなる燃料電池まつりが始まった『クラリティFUEL CELL』

VW、BMW、ダイムラーは完全電気自動車に集中 — FCVは今後10年は見込みなし

フォルクスワーゲン、BMW、ダイムラーは今後、電気自動車(EV)に集中する方向を表明しました。トヨタ、ヒュンダイ、ホンダがこだわり、日本のマスコミが「究極のエコカー」という枕詞を付けるのが好きな燃料電池車(FCV)は、「今後10年は普及する素地がない」と言い切りました。

続きを読む

VW、BMW、ダイムラーは完全電気自動車に集中 — FCVは今後10年は見込みなし

日本は水素燃料電池自動車に投資するんでしょ?電気自動車との違いは?

結論:日本は水素燃料電池自動車だけに投資すると決めたわけではありません。水素自動車にも電気自動車にも経済的・技術的課題は山積みですが、電気自動車は2017年ごろをめどに、補助金抜き400万円で実際に320km走行できる実用車が見えてきています。

続きを読む

日本は水素燃料電池自動車に投資するんでしょ?電気自動車との違いは?