結局電気自動車にすると自宅の電気代が上がるからガソリン代より割高じゃない?

【2020/7/6更新】結論:ガソリンがレギュラー100円でも、電気自動車の自宅充電にかかる電気代は、同クラスのハイブリッド車・軽自動車と比較して安いです。テスラモデル3 SR+で実燃費22.4km/l相当。700馬力のテスラモデルS パフォーマンスでも16.7km/l相当です。

続きを読む

結局電気自動車にすると自宅の電気代が上がるからガソリン代より割高じゃない?

コロナウイルスが2020年の電気自動車産業に与える影響

コロナウイルス感染拡大の影響で経済や私達の生活がどう変わっていくのか、まだまだ不透明な事柄は多いです。短期的な自動車産業への打撃は避けられない状況ですが、電気自動車のセールスにはどのような影響が出るのでしょうか。『CleanTechnica』で2020年の動向予測に関する記事が出ましたので、全文翻訳でお届けします。

続きを読む

コロナウイルスが2020年の電気自動車産業に与える影響

バッテリーの劣化から考える電気自動車選び/リチウムイオン電池容量低下の原因は?

電気自動車の購入を検討する際にバッテリーの劣化は気になりますよね。10年以上その車に乗り続けるつもりの人には当然重要なことですし、3年~5年で手放す人でも下取り価格に影響を与えるので無視はできません。

続きを読む

バッテリーの劣化から考える電気自動車選び/リチウムイオン電池容量低下の原因は?

中国が発表、2021年から実施する「電気自動車の安全基準」をどう捉えるべきなのか?

2020年5月12日、中国の産業情報省工業情報化部が、電気自動車に関する新たな安全基準を制定、2021年1月1日から施行されることを発表しました。このニュースから、何を読み取るべきなのか。電気自動車開発のプロに聞いてみました。

続きを読む

中国が発表、2021年から実施する「電気自動車の安全基準」をどう捉えるべきなのか?

電気自動車用リチウムイオン電池のリサイクルに関するクイック・ガイド

現状の電気自動車に不可欠なリチウムイオン電池にはコバルトなどの鉱物が使われており、採掘などの過程に様々な問題も抱えています。持続可能な電池産業を構築するには、リサイクルを取り入れた循環システムが必要です。事態を憂慮するアメリカの科学者同盟(Union of Concerned Scientists)のウェブサイトに、電池リサイクルの現状と展望に関する記事が掲載されました。全文翻訳でお届けします。

続きを読む

電気自動車用リチウムイオン電池のリサイクルに関するクイック・ガイド

友人がVWのPHEV『ゴルフ GTE』から電気自動車『アイミーブ M』の中古に買い替えた理由とは?

4月某日。VWのPHEV『Golf(ゴルフ)GTE』に乗っていた友人が、中古の電気自動車『i-MiEV(アイミーブ)M』に買い替えたことをFacebookに投稿。「えっ、そうなの?」と驚きました。はたして、どんな思いで買い替えたのか。真相を探ってきました。

続きを読む

友人がVWのPHEV『ゴルフ GTE』から電気自動車『アイミーブ M』の中古に買い替えた理由とは?

イーロン・マスクとサンディ・マンローのインタビュー動画サマリー

Third Row Tesla のチームが再びイーロン・マスク氏を迎えたポッドキャストを配信しました。今回は自動車、航空、医療など多岐に渡るエンジニアコンサルタント業務を提供するサンディ・マンロー氏も加わり、モデルYやテスラのビジネスについてのインタビューが行われました。サマリーをお届けします。

続きを読む

イーロン・マスクとサンディ・マンローのインタビュー動画サマリー

EVの航続距離が不安ならPHEV(プラグインハイブリッド=PHV)を選ぶのが賢明?

世界のEVシフトが加速する中、エンジンは搭載したままで外部からの充電が可能なPHEV(プラグインハイブリッド車=PHV)の車種も増えています。はたして、PHEVとはどんなクルマなのか。基礎知識をまとめてご紹介します。

続きを読む

EVの航続距離が不安ならPHEV(プラグインハイブリッド)を選ぶのが賢明?

リビエラ逗子マリーナ『マリブホテル』がV2Bを導入した心意気

神奈川県逗子市の『リビエラ逗子マリーナ』にオープンした『MALIBU HOTEL(マリブホテル)』は、ホテルとして日本で初めて本格的な「V2B」(EVの電気を活用するシステム)を導入しました。はたして、どんな思いでどんな設備が設置されたのか、現地を取材してきました。

続きを読む

リビエラ逗子マリーナ『マリブホテル』がV2Bを導入した心意気