アメリカで電気自動車急速充電の従量課金制導入へ前進〜日本の充電インフラはどうなる?

アメリカの電気自動車情報メディア『InsideEVs』が、大手充電ネットワーク企業である『Electrify America』が電気自動車急速充電の従量課金制導入に移行することを独占インタビュー記事として伝えています。なぜ従量課金が望まれるのか。日本の充電インフラはどうなのか。考えてみたいと思います。

続きを読む


アメリカで電気自動車急速充電の従量課金制導入へ前進〜日本の充電インフラはどうなる?

イギリス(イングランド)における急速充電インフラについての政府ビジョン〜高出力複数台設置と従量課金

2020年5月14日、イギリス(UK)政府は、電気自動車用急速充電ネットワーク計画に関する政策文書を発表しました。2035年までにガソリンやディーゼルエンジンの新車販売が禁止され、EV用充電インフラの整備が急務となります。今回その具体的な内容が示されました。以下政策文書の全文日本語訳です。

続きを読む


イングランドにおける急速充電ネットワークについての政府ビジョン

チャデモの進化〜電気自動車次世代高出力充電規格は日中共同開発の『ChaoJi/チャオジ』へ

2020年4月24日、チャデモ(CHAdeMO)協議会が次世代超高出力充電規格である『チャデモ3.0』を発行したことを発表しました。国内ではなかなか高出力充電器の整備が広がらない中、はたしてどんな規格&構想なのか確かめてみました。

続きを読む


電気自動車次世代高出力充電規格は日中共同開発の『ChaoJi/チャオジ』へ

電気自動車ゲスト充電の【実録レポート!】取扱説明書

レンタカーなどのEVで遠出する際、自動車メーカーなどが発行する充電カードがないと、各充電器ごとに設定された手順に従って「ゲスト(ビジター)充電」する必要があります。ところが、複数の仕組みが乱立していて使いにくいのが実情です。EVsmartブログチームのスタッフが、充電器巡りして試してきました。

続きを読む


電気自動車ゲスト充電の【実録レポート!】取扱説明書

日本国内23カ所目のテスラ「広島スーパーチャージャー」が本日オープン!

2020年2月15日(土)の正午、広島市内のショッピングセンター駐車場内に、全国で23カ所目となるテスラスーパーチャージャーがオープンしました。設置される充電器は、出力72kWのアーバンタイプが8台です。

続きを読む


日本国内23カ所目のテスラ「広島スーパーチャージャー」が本日オープン!

欧州電気自動車充電ネットワークの『IONITY』がkWhベースの新料金体系を発表

2020年1月16日、フォルクスワーゲンをはじめとする欧米の自動車会社が参加して、欧州で急速充電器ネットワークを提供しているIONITY(アイオニティ)は、2020年1月31日から、充電する電力量に基づいた新しい課金体系に移行することを発表しました。

続きを読む


欧州急速充電器ネットワークIONITYがkWhベースの新料金体系を発表。2020年1月31日から適応。

NEXCO西日本がSAPA急速充電器増設〜充電渋滞は解消される?

NEXCO西日本が管轄のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)4カ所に4基の電気自動車用急速充電器を増設、2019年12月27日からサービスを開始しました。充電渋滞の緩和を目的としており、電気自動車ユーザーにとっては歓迎すべきニュースではあります。でも、ユーザーとしては「SAPAの充電器はまだまだ足りない」のが実感ではないでしょうか。

続きを読む


NEXCO西日本がSAPA急速充電器増設〜EVユーザーの実感は「まだ足りない」

カナダの東西をつなぐ、テスラのトランスカナダスーパーチャージャー網がついに完成

2019年12月20日、クリスマス休暇を目前にして突如テスラがカナダに23箇所ものスーパーチャージャーを同時にオープンさせました。しかもほぼ全てが最新型のV3と呼ばれるものです。まさに大陸横断充電網。恐らくイーロン・マスクに「クリスマスまでに開通させろ!」とノルマを課されていたのかと思いますが、充電チームの皆様、本当にお疲れ様です。

続きを読む


カナダの東西をつなぐ、テスラのトランスカナダスーパーチャージャー網がついに完成

『イーモビリティパワー』が目指すのは「便利な電気自動車充電インフラ」の実現

日本各地の電気自動車充電インフラの整備や課金システムを提供している「日本充電サービス(NCS)」の事業が、株式会社e-Mobility Power(イーモビリティパワー)に承継される予定であることが発表されたのは今年8月のことでした。はたして、何がどのように変わるのか。キーパーソンに伺ってきました。

続きを読む


『イーモビリティパワー』が目指すのは「便利な電気自動車充電インフラ」の実現