狭い駐車場でサモンを試す

テスラモデルXには無人で車を前後に動かすことのできる「サモン」機能があります。これを狭い駐車場で使ってみました。

このサモン(Summon)、本来は「呼び出す」という意味で、車庫に入っている車を自分の目の前につけさせることを意味します。つまり、将来的には自分の家などで、車が駐車場から自分でハンドルを切って進み、運転者の乗り込みやすい場所まで移動してきてくれる、そして家に着いたら今度は全員が先に車を降りてしまい、車が勝手に駐車場所まで移動してロックすることをイメージしていると言えます。ショッピングモールとかでこんなことができたら便利ですね!残念ながら、現在のサモン機能は自分が至近距離にいて、かつ車はボタンを押している間だけ、前進か後退のどちらかしかできません。

安全のため、欧州版と日本版のモデルS/モデルXでは、サモンはリモコンキーだけでは操作できず、スマホが必要となっているほか、車が何らかの抵抗を感じると停止するようになっています。またスマホの「前進」または「後退」ボタンを押し続けないと車は即停止するようになっていますので、誤ってスマホを落としたりしても車はすぐ止まります。

駐車完了後の運転席側はこんな感じ。ミラーは閉じてから駐車開始しています。運転席ドアは開かなくはないのですが、かなりギリギリです。モデルXはドアを開けるときにノッチがなく、無段階に止めたところで固定される機能が付いているので、ドアを壁ギリギリまで開けて出れば何とかなるかもしれませんが、やっぱりドアは傷つけたくないですよね。駐車前に、車を駐車スペースに合わせて、運転席側のミラーで運転席側のタイヤが白線をいっぱいに踏むように並べます。おもむろに車から降りてスマホを取り出し、Teslaアプリで「サモン」をタップ。すぐBluetoothでスマホと車が接続されるので、周りの歩行者や自転車に注意しながら「後退」ボタンを押し続けます。そのままずっと押していると後輪がコインパーキングのフラップを超えるときに一旦停止。さらに押し続けると後輪が輪留めに当たって停車。スマホのボタンから指を離すと即パーキングブレーキがかかって駐車完了です。

助手席側。以前のモデルXのサイズの記事でもお分かりかと思いますが、狭いほうのサイズのコインパーキングでは、フラップ反対側のタイヤを白線いっぱいに踏んでも、フラップ側はギリギリクリアできるという感じになります。モデルXではタイヤのサイドウォール(横のゴムの部分)が結構高さがあるのでフラップでホイールをガリッとやることはないと思いますが、フラップの機械を痛める可能性もありますので、きちんとフラップをクリアして停めたほうがよいですね。

駐車完了時、運転席側からちょっと引いて撮ってみました。
車を出すときも同じです。最初に駐車料金を払います。Teslaアプリを起動、サモンをタップ。今度は「前進」を押し続けて、自分が乗り込みやすい場所まで車を前に出してから、おもむろに乗り込んでシートベルトをして出発です。これ、便利は便利なのですが、歩行者の方に「車が出ますので少しお待ちください」と声をかけてもポカンとされるのがちょっと面白いです。


「狭い駐車場でサモンを試す」への2件のフィードバック

  1. こういう時にサモン機能が役に立つのですね♪
    でも、こんなにギリギリで停められていたら、サモン機能を知らない他社メーカー車の方は、テスラのお隣には停めるのを躊躇するでしょう…(^_^;)
    あとで「てめえのせいで車出せねえじゃねぇか!」といちゃもん付けられるのではないかと想像してしまいます。
    いずれは全メーカー車に、このサモン機能が装備されるといいんですけどね~。

    1. ksksfactoryさま、コメントありがとうございます!
      そうなんですよね、ですから寄せる方向を考えないといけません。隣の方のスペースが広くなる方向へ寄せるわけなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です