新型BMW 330e M Sport の注文受付開始〜先進運転支援システムも搭載

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は、2019年1月に発売した新型BMW 3シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデル「新型BMW 330e M Sport(サンサンマル・イー・エムスポーツ)」のプレ・オーダーの受付を5月24日から開始した。9月下旬から順次納車される予定。

新型BMW 330e M Sport の注文受付開始〜先進運転支援システムも搭載

バッテリー容量は前モデルから80%拡大

電動戦略を象徴するi8およびi3のみならず、SUVのX5、7シリーズ、5シリーズ、3シリーズの各セダン、それに2シリーズアクティブツアラーと、多くのモデルにPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)を設定するBMW。このほど売れ筋セダンの3シリーズがフルモデルチェンジしたのを機に、PHEVの330eも刷新された。

新型330eにはMスポーツのみが設定される。Mスポーツとはベースモデルに対し内外装や足まわりにコスメティックチューンを施したバージョン。BMWの場合、車名にMが付くと同社のモータースポーツを手がけるM社が開発にかかわったことを意味する。関与の程度に応じて3段階のMが存在し、M3やX5Mなど「M」+ひと桁数字のモデルはトップエンドのスペシャルモデル。ノーマルモデルとは車体剛性から動力性能までまるで異なる。M340iなど、3桁の車名の前に「M」が冠せられるモデルは、ノーマルシリーズの中で最も上級なグレードに位置する。Mスポーツは前述の通り。

車両価格は654万円。先代330eには550万円~のモデルが設定されていたため、約100万円の価格アップとなる。これは新型3シリーズ自体が先代に比べて価格アップしているため。7年ぶりのフルモデルチェンジとなった3シリーズは、サイズアップこそわずかにとどめられたものの、ADAS(先進運転支援システム)面を中心に最先端の装備が備わる。

3眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせることで、先行車両や車線などの認識能力が向上した。これによってハンズオフ(手ばなし)機能付きの運転支援機能を日本で初めて実用化する。車内にドライバーを監視するカメラが備わっており、ドライバーが前方を注視していると確認できる時に限って、ACCで先行車両を追従中、ステアリングホイールから手を離すことができる。一定時間を超えてドライバーがよそ見をしていたり目を閉じていたりするのを検知すると、警告が出て機能がキャンセルされる。実用化は今夏の予定だが、ディーラーでのアップデートによって、現在までに既に納車されている3シリーズにもこの機能を盛り込むことができる。

さて330eは先代に比べ約80%の総電力量増加となる10.3kWhのリチウム・イオン・バッテリーを積む。に加え、2.0L直列4気筒ターボエンジンに最高出力83kWのモーターを組み合わせ、最高出力215kW(エキストラブーストモード使用時)、最大トルク420Nmを発揮する。0-100km/h加速は5.9秒。モーターのみで時速120kmまで出すことができるほか、最長で59km(ヨーロッパ仕様車のNEDC値 ※EPAでは新型330eの電気航続距離を30kmと推測)のモーターのみによる走行が可能となった。

急速充電機能は備わらない。「バッテリーの電力量が減ってからもHV(ハイブリッド車)として使えることこそがPHEVの強みということが理解されているのか、ユーザーからPHEV各モデルに対する急速充電の要望はほとんどありません」とBMW広報部。

(塩見 智)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です