テスラ社が中国で建設中のギガファクトリー3で起工式、2019年末までにモデル3を生産開始

Fred Lambert氏が編集長を務めるEV関連のニュースサイト 「Electrek」の2019年1月7日の記事 などによると、テスラ社は同日、中国に建設する「ギガファクトリー3」で起工式を行いました。初期工事は夏までに完了し、年末にはモデル3の一部生産を開始、本格的な大量生産は2020年に入ってから、また小型SUV「モデルY」もここで生産されるとのこと。
(写真は下記YouTube動画のキャプチャです)

続きを読む


テスラ社が中国で建設中のギガファクトリー3で起工式、2019年末までにモデル3を生産開始

GMが「ハイブリッド車は終わり」と明言。20車種以上のEVを発売へ!

ゼネラルモーターズ(GM)会長のMark Reuss氏が「ハイブリッド車は終わり。電気自動車のリーダーとしてキャデラックを再構築する」と明言。「2023年までに、世界で少なくとも20車種の電気自動車を発売する予定」であることを、『FOX NEWS』(2019年1月11日)の記事が伝えています。

続きを読む


GMが「ハイブリッド車は終わり」と明言。20車種以上のEVを発売へ!

Electrify America社が独・Hubject社と提携し、充電器に繋ぐだけで認証可能なサービス開始へ

フォルクスワーゲンの子会社で、全米に急速充電網を提供している「Electrify America(EA)」社が、充電インフラ・サービスのドイツ企業「Hubject」社と提携し、電気自動車に「充電プラグを繋ぐだけで自動的に認証を済ませて充電を開始してくれるシステム(PnCシステム)」を今後広げる契約を交わしました。テスラ車ユーザーがスーパーチャージャーで充電するときと同じような手軽さが他のEVにも実現しそうです。

続きを読む


Electrify America社が独・Hubject社と提携し、充電器に繋ぐだけで認証可能なサービス開始へ

日産が62kWhの電気自動車「新型リーフe+」発表。電池冷却システムは無いが新搭載方法で発熱に対処

日産自動車は2019年1月9日、62kWhの電池を搭載した「新型リーフe+(イープラス)」を発表しました。電池のエネルギー密度は25%、航続距離は40%向上し、最高出力とトルクがアップしました。今回も電池の冷却システムは搭載されませんでしたが、電池の搭載方法を変えて発熱を抑える設計となっています。日本での発売は1月23日、米国は春、欧州では今年半ばから始まります。

続きを読む


日産が62kWhの電気自動車「新型リーフe+」発表。電池冷却システムは無いが新搭載方法で発熱に対処

EUが「2030年には2021年比で37.5%のCO2削減」の規制案を決定

欧州連合(EU)は2018年12月17日、「2030年の自動車の二酸化炭素(CO2)排出量」を全体で37.5%削減する規制案を決めました。クリーンディーゼルやハイブリッドだけでクリアすることは難しく、EUの電気自動車へのシフトが急激に進みそうです。

続きを読む


EUが「2030年には2021年比で37.5%のCO2削減」の規制案を決定

世界初:火力発電所を大規模蓄電池に置き換える米・カリフォルニア州

「カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)」は、同州のエネルギー企業「PG&E」社が3ヶ所の「火力発電所」を、テスラ社が製造する「大規模蓄電池」に置き換える計画を承認しました。火力発電所が大規模蓄電池に置き換えられるのはこれが世界初です。

続きを読む


世界初:火力発電所を大規模蓄電池に置き換える米・カリフォルニア州

韓国SK Innovationがアメリカに大規模電池工場を建設の方向

ちょうど1年前、ハンガリーに大規模電池工場を建設すると発表した韓国の「SK Innovation」が、今度はアメリカに大規模電池工場を建設するため、16億7千USドル(1900億円)を投資すると発表しました。現地では2,000人の雇用が生まれることになります。

続きを読む


韓国SK Innovationがアメリカに大規模電池工場を建設の方向

欧州向けテスラ モデル3はCCSを装備、既設スーパーチャージャーにはCCSを追加の予定

ここ数年いろいろと憶測されてきましたが、テスラ社は欧州向けモデル3にはCCS 充電ポートを装備すると正式に発表しました。従来のモデルSとXにはCCS充電器が使えるアダプターを用意し、既設のスーパーチャージャーにはCCS用のケーブルを追加する方向です。

続きを読む


欧州向けテスラ モデル3はCCSを装備、既設スーパーチャージャーにはCCSを追加の予定