【開催延期】電気自動車で筑波サーキットを一緒に走ってみませんか?

2020年3月15日(日)、筑波サーキットで開催される『ハイパーミーティング改2020 in TSUKUBA』で、15分×2回の電気自動車走行枠が設定されることになりました。サーキットライセンスは不要。マイEVでサーキット走行を楽しんでみたいという読者の参加を募集します。

【3/15(日)参加者募集】電気自動車で筑波サーキットを一緒に走ってみませんか?

【開催延期のお知らせ(2020/2/27)】

コロナウイルスの感染拡大の状況を鑑みて、3/15に予定されていた『ハイパーミーティング改2020』の開催延期が決定したと、主催者側から連絡がありました。

残念ですが、EVsmartブログの企画としてこのイベント内で予定していたEV走行会も実施を見合わせることになります。

新たな機会が決まりましたら、改めてお知らせ致します。思った以上に深刻な状況になってきましたが、読者のみなさまにはご自愛の上、健康にお過ごしになれますように!

電気自動車でサーキット走行を楽しもう!

1月26日に『謎の「テスラ モデル3」が筑波サーキットでタイムアタック』という記事を公開しました。取材時、会場内のMCを担当していたマナピーこと鈴木学さんに「僕もリーフでサーキット走ってみたい」と話したところ、トントン拍子に話が進み、3月15日(日)に開催される『ハイパーミーティング改2020 in TSUKUBA』の中で、10時15分〜と14時15分〜の15分間×2回、電気自動車用の走行時間が設定されることになりました。

EVsmartブログ編集部では、モデル3パフォーマンス、モデルX、日産リーフなどで出走し、後日記事をお届け予定。とはいえ、4〜5台のクルマで合計30分の走行時間を独占するのはもったいないので、「走ってみたい!」というEVユーザーを募ってみることにしました。

謎の「テスラ モデル3」が筑波サーキットでタイムアタック

サーキット周辺の急速充電器が大変なことになるのは困るので、限定5台まで、一緒にサーキットを走る仲間を募集します。

『ハイパーミーティング』は2002年に始まり、春の筑波の恒例イベントとして知られています。数千人規模のクルマ好きが筑波サーキットに集結する大イベントで、電気自動車のフル加速を楽しみましょう。

ライセンス不要。未経験でもOKです。

ミッションがなくアクセルとブレーキのシンプルな操作でリニアでパワフルな加速を満喫できる電気自動車は、サーキット走行を気軽に楽しむためにも魅力的なツールです。今回のEV走行枠は、EVsmartブログを通じて「電気自動車でサーキットを走る」という楽しみ方を広く電気自動車ユーザーのみなさまに提示するため、主催者が特別に用意してくれました。

レースではないのでサーキットライセンスは不要。サーキット走行未経験の方でもOKです。筑波サーキットで、カーボンフリーのアクセル全開、「Guilt-free acceleration(後ろめたさを感じる必要がないフル加速)」を一緒に楽しみましょう!

もちろん、腕に自信のある方はチューンドモデル3が記録した1分4秒台に勝つ! を目標にしていただいて結構ですが、EVsmartブログ編集部としては、余裕をもって気持ちよくサーキット走行を楽しみたい、と思っています。

募集概要

【開催日】
●2020年3月15日(日)
※ハイパーミーティング改2020 in TSUKUBA 内

【会場】
●筑波サーキット コース2000
茨城県下妻市村岡乙159 【アクセス】

【参加資格】
●参加当日に有効な運転免許所持者。
●大会規定・スタッフからの指示を遵守できる方。
※走行技量や車両スペックによって同一クラス内でも大きくタイム差が発生する場合もあります。この事を理解した上で終始安全に且つ他の走行者に対してもクリーンに走行できる方のみお申込み下さい。クリアラップが取れない等の抗議、他の走行者に対する抗議等のクレームは一切お受け出来ません。
※走行するドライバーは当日のドライバーズミーティングへの参加が必須です。
※午前と午後の時間枠でドライバー交替も可能です。

【参加車両】
●電気自動車であること。(PHEV、シリーズハイブリッドは不可)
●ナンバー付車両で保安基準を満たしている車両であること。
※安全性に問題がある状況の車両などは、走行をご辞退頂く場合があります。

【募集台数】
●5台 (応募多数の場合、EVsmartブログ編集部にて選考します)
※参加いただける方には編集部から個別にご連絡いたします。

【エントリーフィー】
●15分×2回=13,200円(税込)@1台
※参加費にはタイム計測・共済会加入・入場・駐車料が含まれています
※お支払い方法(お振り込み先など)は参加決定者の方へ個別にお知らせいたします。
※同伴者(4名以内)には、入場に必要なご招待券をお送りします。

【申込み方法】
EVsmartブログ編集担当/寄本(よりもと)宛てに、まずはメールにて以下の内容を記入して参加希望をお伝えください。

・お名前
・年齢
・性別
・ご住所
・連絡先電話番号(職場などの場合その旨明記してください)
・車種名
・サーキット走行経験の有無(目標タイムがあればご記入ください)
・同伴者数(招待券希望枚数 ※4名以内)
・ヘルメットの有無
・午前、午後でのドライバー交替の有無
(交替する場合、走行する方の お名前、年齢、性別、ご住所、連絡先電話番号、ヘルメットの有無 もご記入ください)

<申し込み先メールアドレス>
参加希望メールはこちらから

【申し込み締め切り】
●2020年3月1日(日)まで

【走行方法】
●15分のフリー走行を2本実施。
※コースイン・アウト時間含む。
※詳細は当日のドライバーズミーティングでご説明します。

【参加当日に準備いただくもの】
●ヘルメット (ジェットヘルタイプorフルフェイスタイプのみ。半キャップは不可)
※お持ちでない場合は、編集部でレンタル品を手配いたします。新たにご購入いただく必要はありません。
●長袖シャツ・長ズボン(レーシングスーツが望ましい)
●グローブ
●スニーカー等運転に適した靴
●ビニールテープ・ガムテープ・各自必要な工具等
●昼食

【記事掲載について】
●当日のレポートを、後日『EVsmartブログ』で記事として公開します。ぜひ取材(写真撮影、コメントなど)にご協力ください。
●『レブスピード』など三栄各誌もこのイベントを取材します。取材要請があった場合、ぜひご協力ください。

【充電について】
筑波サーキットには25kWのNCS提携QCが1台あります。利用可能時間は8時〜17時。
周辺にも、10km以内にはあまり急速充電設備の数はありません。参加車両は、できるだけ電池残量を残してサーキットに到着するようお願いします。
1回目と2回目の走行の間に急速充電が必要な場合、当日、参加者同士で相談して急速充電器を上手に活用できるようにしたいと思っています。ご協力ください。

筑波サーキット周辺の急速充電器設置状況

写真をクリックすると『EVsmart』の地図検索ページにリンクします。「筑波サーキット」でキーワード検索してご確認ください。

今回のEV走行枠は、EVsmartブログの企画趣旨をイベント主催者であるハイパーミーティング実行委員会にご理解、ご賛同をいただいて実現したものです。私たちにとっても初めての試みで、いろいろと手探り状態。そのあたり、寛大にご理解いただき、一緒に楽しんでいただける方、奮ってお申込ください!

(文/寄本 好則)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の著者


					寄本 好則

寄本 好則

兵庫県但馬地方出身。旅雑誌などを経て『週刊SPA!』や『日経エンタテインメント!』の連載などライターとして活動しつつ編集プロダクションを主宰。近年はウェブメディアを中心に電気自動車と環境&社会課題を中心とした取材と情報発信を展開している。剣道四段。著書に『電気自動車で幸せになる』『EV時代の夜明け』(Kindle)『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』(扶桑社)などがある。日本EVクラブのメンバーとして、2013年にはEVスーパーセブンで日本一周急速充電の旅を達成した。

執筆した記事