アウディが全米で150kWの充電ネットワークを構築

2015/11/19にロサンゼルスモーターショーでアウディが大きな発表を行いました。全米で電気自動車のために150kWの充電ネットワークを構築するとのことです。

アウディが全米で150kWの充電ネットワークを構築

電気自動車は200マイル(320km)を80%のバッテリーで走行できるとのことですから、航続距離は400kmと、ほぼテスラモデルSと同等(テスラモデルSは米国EPA基準で424km走行可能です)と考えてよいでしょう。また150kWの急速充電器でこの80%分を30分で充電できるそうです。テスラのスーパーチャージャー120kWは80%まで40分かかりますから、10分短縮した!というわけです。
Leasehackr氏のツイートにはちょうどその部分の短い動画も含まれています。実際その部分をよく見てみると、米国の地図に16か所の充電スポットらしきところがプロットされていて、一番長い区間は1600kmくらいはありそうです。この図はさすがに模式図ということでしょうね。
2015-11-20_223624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の著者


					安川 洋

安川 洋

日本アイ・ビー・エム、マイクロソフトを経てイージャパンを起業、CTOに就く。2006年、技術者とコンサルタントが共に在籍し、高い水準のコンサルティングを提供したいという思いのもと、アユダンテ株式会社創業。プログラミングは中学時代から。テスラモデルX P100Dのオーナーでもある。

執筆した記事