電気自動車で白馬へ集まろう!『ジャパンEVラリー白馬2021』の参加申込受付開始

合い言葉は「いざ、白馬!」。EVやPHEVで長野県白馬村に集まり、ゼロカーボン・ドライブの楽しさを満喫しよう! というイベント『ジャパンEVラリー白馬2021』の参加者募集が始まりました。会場は昨年に続きエイブル白馬五竜。『最新EV&プラグインハイブリッド車展示&試乗会』も同時開催されます。

電気自動車で白馬へ集まろう!『ジャパンEVラリー白馬2021』の参加申込受付開始

今年で8回目の開催です

『JAPAN EV Rally(ジャパンEVラリー)白馬』は、CO2削減&地球温暖化防止のために、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の普及と発展を願うイベントで、一般社団法人日本EVクラブ(代表理事:舘内端)が地方支部である白馬EVクラブとともに主催しています。

白馬では恒例のイベントになっており、今年で8回目の開催。先日、特設サイトが公開されて、参加者の募集が始まっています。

【特設サイト】
ジャパンEVラリー白馬2021

【開催概要】
開催日/2021年10月23日(土)
場所/長野県白馬村(エイブル白馬五竜)
主催/一般社団法人日本EVクラブ、白馬EVクラブ

例年2日間のイベントでしたが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大への配慮で1日に凝縮。今年も昨年同様におもなプログラムは1日に詰め込んだ日程で開催となります。

ただし、これも昨年と同様に、翌朝は集まったEV&PHEVで白馬村をパレードする『EV気候マーチ』のみを実施する予定となっています。

参加者全員を『EVアンバサダー』に認定するほか、遠くから来た人など各賞が表彰されます。

白馬クールチョイスイベントと同時開催

『気候非常事態宣言』や『ゼロカーボンシティ』宣言も行っている白馬村は、環境省の『COOL CHOICE』運動に賛同し、今年も『白馬EVシェアリング』を実施しています。

昨年のフォーラムの様子。

さらに、これもまた昨年同様、白馬村が主催する『白馬 クールチョイス イベント』が同じ会場のエイブル白馬五竜で同時開催。「白馬のゼロカーボンを考える」をテーマとした『クールチョイスフォーラム』や、『クールチョイス EV&PHEV試乗会』が行われます。

昨年、10月下旬の白馬では、雪化粧を始める山頂付近から麓の紅葉へとグラデーションを描く爽やかな絶景が楽しめました。夕暮れのゲレンデにLEDキャンドルを並べる幻想的な『LED キャンドルナイト』は今年も実施する予定です。昨年は土砂降りの中になってしまいましたが、はたして今年はどうなるでしょう。

家族みんなで参加も大歓迎。

10月下旬には東京などの緊急事態宣言が明けていることを願いつつ、感染対策には万全の配慮をしたイベントとなります。EV仲間のみなさんで、久しぶりに集まる機会、舞台としても最適、かと。

参加申し込み締め切りは、2021年10月10日(日)まで。『クールチョイスフォーラム』の中、白馬で脱炭素実現に向けた取組を実践しているみなさんとのパネルディスカッションでは、僭越ながら私がモデレーターを務める予定になっています。

みなさん、白馬で会いましょう!

(文/寄本 好則)

この記事のコメント(新着順)3件

  1. はじまして、初EVを今年3月に購入しました、年は76才ですが 嬉しいかぎりです、グーグルでラリーを知りましたが 締め切りになっていました、見てみたいし、行ってみたいので22日宿泊をとらせていただました、白馬村行ってみます、よろしくお願い致します。
    橋本公史

  2. 参加したいですね、申し込みが終わりなので残念です。23日に近くまで行こうと思います、EV歴は、今年で9年目になります。日産リーフの初代から40Kと今は62KのEプラスに乗っています。天気が、心配ですが楽しみです。

    1. 糸魚川のカゲ さま、コメントありがとうございます。

      白馬でのEVラリーは8回目。おそらく来年も開催すると思うので、ぜひご参加ください。

      今週末についても、参加申込はすでに締め切っていますが、同時開催のEV&PHEV試乗は無料で当日先着順ですし、白馬でゼロ・カーボンに取り組むみなさんによるパネルディスカッションや、舘内さんと、ツェルマット在住の観光カリスマである山田氏の基調講演などがある「フォーラム」(事前申込制ですが残席あれば当日参加OKかも※事務局には未確認)には、無料でご参加いただけます。お時間あれば、ぜひ白馬五竜へお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の著者


					寄本 好則

寄本 好則

兵庫県但馬地方出身。旅雑誌などを経て『週刊SPA!』や『日経エンタテインメント!』の連載などライターとして活動しつつ編集プロダクションを主宰。近年はウェブメディアを中心に電気自動車と環境&社会課題を中心とした取材と情報発信を展開している。剣道四段。著書に『電気自動車で幸せになる』『EV時代の夜明け』(Kindle)『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』(扶桑社)などがある。日本EVクラブのメンバーとして、2013年にはEVスーパーセブンで日本一周急速充電の旅を達成した。

執筆した記事