東京湾岸のアーバンリゾートでEVイベント開催〜無料宿泊券が当たる抽選会も!

東京豊洲市場前にオープンしたばかりのラビスタ東京ベイで、10月23日(日)、電気自動車の展示と試乗、モータージャーナリストによるトークショーなどを行うイベント「EV EXPERIENCE 2022」が開催されます。試乗は事前申込制で申込期間は10月15日(土)までとなっています。

東京湾岸のアーバンリゾートでEVイベント開催〜無料宿泊券が当たる抽選会も!

アーバンリゾートの運営会社が独自に開催

2022年10月23日(日)9時〜16時までの予定で、電気自動車の展示と試乗、著名モータージャーナリストによるトークショーなどを行う「EV EXPERIENCE 2022 at LA VISTA TOKYO BAY」が開催されます。会場となるラビスタ東京ベイは、全国にビジネスホテル「ドーミーイン」やリゾートホテルなどを展開する株式会社共立メンテンナンスが、フラッグシップホテルとして今年7月9日にオープンしたばかりのアーバンリゾート施設です。

今回のイベントを主催するのもこの共立メンテナンスです。今まで、EVsmartブログではEVオーナーのグループやEV普及に取り組む市民団体などが主催するEV関連イベントをいろいろ紹介してきました。でも、自動車やエネルギーと直接の関わりは薄いように思える企業が本格的なEV試乗イベントを主催するのは、今までにあまり聞いたことがありません。新型軽EVのヒットで販売台数シェアもグッと伸びた日本の電気自動車普及が、広く社会に浸透し始めていることの現れではないかとも感じます。

共立メンテナンスの広報担当部署に、ホテルなどを運営する会社がEVイベントを主催する目的などについて質問してみました。

【Q】「EV EXPERIENCE 2022 at LA VISTA TOKYO BAY」を主催する目的は?

【A】共立メンテンナンスが運営するラビスタ東京ベイは、全国にリゾートホテルを手がける共立リゾートのフラッグシップホテルで、豊洲スマートシティの中にあります。豊洲スマートシティは、先進的技術と都市OS活用により様々な分野でサービス・ソリューションを提供し、個々人のニーズ充足と満足度向上、まちの課題を解決するとともに、多様な施設・個人が共存・共栄する「ミクストユース型未来都市」の実現を目指しています。一歩先のアーバンリゾートとしてのラビスタ東京ベイは、豊洲スマートシティのひとつのランドマークとして、アーバンリゾートという近未来のライフスタイルを体験していただけます。そのラビスタ東京ベイと親和性の高いモビリティとして、電気自動車のイベント「EVエクスペリエンス at ラビスタ東京ベイ」を企画しました。このイベントで、豊洲スマートシティを知っていただき、また普段の生活の一歩先にある快適、安全、エコをラビスタ東京ベイとともに体感していただくことがこのイベントの目的です。

要約すると「新しい時代にふさわしい最新ホテルと電気自動車を一緒に体験してください!」ということですね。

共立メンテナンスでこうしたEVイベントを開催するのは「初めて」とのこと。今回のイベントは展示や試乗する車種をBEV限定、日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)とのコラボイベントとして企画されました。さらに「今後も継続して、全国各地で同様のイベントを開催する計画は?」と質問したところ、「次々と進化していく最新のBEVに触れながら先進的なライフスタイルを体感できるEV EXPERIENCEは、ラビスタ東京ベイを中心に今後も継続して開催していきたいと考えています」という回答でした。意義深い取り組みであり、EVsmartブログでは今後も注目&応援していきたいと思います。

抽選会の1等はラビスタ東京ベイ無料宿泊券!

ポルシェ タイカン

タイムスケジュールなどは、イベント特設サイトで紹介されています。

【関連ページ】
「EV EXPERIENCE 2022 at LA VISTA TOKYO BAY」

メインコンテンツとなる試乗会では、モータージャーナリスト同乗による解説&指導のもと、豊洲スマートシティ周辺に設定された5分間程度のコースを運転することができます。用意される試乗車は、ポルシェ『Taycan(タイカン)』アウディ『e-tron Sportback 55 quatro』、BMW『iX xDrive40』、マツダ『MX-30 EV MODEL』、三菱『eKクロスEV』の5車種。

午前と午後、それぞれ10名ずつの試乗を受け付けることになっていて、試乗するには事前申込が必要です。午前と午後で合計20名と割と狭き門ですが、先ほど(13日夜)Googleフォームの申込ページを確認したらまだ受付中でした。試乗を希望する方は早めの申込をオススメします。

試乗はできなくとも、会場には試乗車種のほかアウディ『e-tron GT quatro』などのEVを展示。ここでも1台ずつにモータージャーナリストが付いて来場者に解説してくれるそうです。

また、午前と午後の試乗会終了後には、トークショー&抽選会を開催。抽選会1等の賞品はラビスタ東京ベイの無料宿泊券(各回1組2名様にプレゼント)です。

1泊いくらくらいのホテルなんだろう、とホテル公式サイトの予約ページを見ていたら、【《10月23日限定》次世代の電気自動車イベント開催<朝食付き>4組限定で噂のEV自動車「ポルシェ」or「アウディ」の試乗体験付き!】という宿泊プランが紹介されていました。このプランの宿泊料金は2名1室で1名当たり¥19,500、シングルユースだと¥37,050となっています。このプランで宿泊すれば、試乗の事前申込はスルーして、タイカンかe-tronに確実に試乗できる、ということですね。

EVの解説や試乗に同乗してくれるジャーナリストには、EVsmartブログへの寄稿者でもある諸星陽一さんや吉田由美さん、日本EVクラブが主催する試乗会やイベントでもしばしばお世話になる斎藤聡さん、まるも亜希子さんのお名前がありました。がんばってください。

と、参加ジャーナリストには、かねて「EVは日本経済を滅ぼす」と発信されている岡崎五朗さんのお名前も。はたして、どんな解説をされるのか。残念ながら先約あって当日は取材に行けないのですが、ちょっと興味しんしんです。

(文/寄本 好則)

この記事のコメント(新着順)1件

  1. 先月のリゾートホテルでの講演会で、「「EVは日本経済を滅ぼす」と発信されている岡崎五朗さん」は何を話されたんでしょうか。日本はともかく世界的には不可逆的なEV化をどう見ているんでしょう。とても興味あります。何化情報あれば記事などでご紹介ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


この記事の著者


					寄本 好則

寄本 好則

兵庫県但馬地方出身。旅雑誌などを経て『週刊SPA!』や『日経エンタテインメント!』の連載などライターとして活動しつつ編集プロダクションを主宰。近年はウェブメディアを中心に電気自動車と環境&社会課題を中心とした取材と情報発信を展開している。剣道四段。著書に『電気自動車で幸せになる』『EV時代の夜明け』(Kindle)『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』(扶桑社)などがある。日本EVクラブのメンバーとして、2013年にはEVスーパーセブンで日本一周急速充電の旅を達成した。

執筆した記事