LGエナジーがテスラの4680電池セル用に7300億ウォンの投資

LGエナジーが合計で7300億ウォン(約760億円)をテスラの電気自動車用4680電池セル用に投資すると発表しました。TESMANIANからの最新ニュースの全訳です。

LGエナジーがテスラの4680電池セル用に7,300億ウォンの投資

元記事:LG Energy Invests $451M to Mass-Produce Tesla 4680 Battery Cells on 『TESMANIAN』by Eva Fox

※一部原文に投資額の誤りがありましたので、修正しています。

最新型電池セルに多額の投資

LGエナジーソリューションは月曜日にテスラの電池セル用の投資を発表しました。5800億ウォン(約607億円)を投じて、新型4680円筒形バッテリーを生産する同社の梧倉第2工場の生産容量を9GWh分増強します。大量生産は2023年に開始されます。LGの4680セルはニッケル、コバルト、マンガン、アルミニウムで構成されており(NCMA)、新しい電池は最大95%までニッケルの構成比率を高め、アルミニウムも加えられています。

【訳注】
元記事では第2工場に投資される5800億ウォン(約607億円)のみを取り上げていますが、LGエナジーソリューション全体での投資額は7300億ウォン(約760億円)であることが伝えられています。

LGエナジーソリューションの権暎寿(クォン・ヨンス)CEOは「世界的な自動車メーカーが円筒形バッテリーに大きな関心を寄せている裏で、生産能力を増強するための投資を決めました」と話しました。

新しい4680電池セルは、現在電気自動車に使われるタイプとしては最先端のものと考えられています。従来の2170電池に比べ、5倍のエネルギーと6倍の出力を兼ね備えており、4680を使った電気自動車の航続距離は平均16%伸びるようです。

(翻訳・文/杉田 明子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


この記事の著者


					杉田 明子

杉田 明子

2010年代に住んでいた海外では'94年製のフォード→'02年製のトヨタと化石のような車に乗ってきました。東京に来てからは車を所有していないのですが、社用車のテスラ・モデル3にたまに乗って、タイムスリップ気分を味わっています。旅行に行った際はレンタカーを借りてロードトリップをするのが趣味。昨年は夫婦2人でヨーロッパ2,200キロの旅をしてきました。大容量バッテリーのEVが安くレンタルでき、充電インフラも整った時代を待ち望んでいます。

執筆した記事