ボルボが日本国内初の電気自動車『C40 Recharge』を発表〜急速充電は150kW対応

ボルボが日本国内初導入となる完全電気自動車の『C40 Recharge』を発表しました。バッテリー容量は78kWh。11kWまでの普通充電が可能で、チャデモ規格で150kWまでの急速充電に対応します。価格は719万円(税込)〜。まずは抽選で100台限定のサブスクプランを提供。2022年1月にオンライン販売がスタートする予定です。

続きを読む

ボルボが日本国内初の電気自動車『C40 Recharge』を発表〜急速充電は150kW対応

【2021/11/17更新】経産省がEVの購入補助金を2倍以上に増額を発表? いつ何がどうなるのか確認してみた

経済産業省がEVの購入補助金を現在の2倍以上となる335億円要求することが報道されました。いくつかの制度が並立してややわかりにくい電気自動車の補助金事情。今一度、いつ、何がどうなるのかを関係各所に問い合わせて確認してみました。

続きを読む

経産省がEVの購入補助金を2倍以上に増額を発表? いつ何がどうなるのか確認してみた

イーロン・マスク氏が進めるEVによるラスベガスの地下交通システム『Loop』を体験!

イーロン・マスク氏が起業した『The Boring Company』が、ラスベガスの地下に建設を進めているのが、電気自動車であるテスラ車を活用した地下交通システム『ベガス・ループ』。すでに完成したトンネルでの移動体験を、現役の学生にして中国車研究家の加藤ヒロトさんがレポートします。

続きを読む

イーロン・マスク氏が進めるラスベガスの地下交通システム『Loop』を体験!

スバルのEV『ソルテラ』発表に感じた「日本市場も電動化」への意気込み【御堀 直嗣】

速報でお伝えしたスバルの新型電気自動車『ソルテラ』のワールドプレミア。長く電気自動車普及に取り組んできた自動車評論家の御堀直嗣氏は、どんなメッセージを読み取ったのか。独自の視点からの解説をお届けします。

続きを読む

スバルのEV『ソルテラ』発表に感じた「日本市場も電動化」への意気込み【御堀 直嗣】

テスラと中国「ガンフォンリチウム」の契約から見える2022年以降のテスラの動向

先日、テスラと中国ガンフォンリチウムが電気自動車用バッテリーにとって重要なリチウムの供給契約にサインをしたことが報じられました。3年の大型契約ですが、2022年以降のテスラはどうなっていくのでしょうか。『CleanTechnica』より全文翻訳記事でお届けします。

続きを読む

テスラと中国「ガンフォンリチウム」の契約から見える2022年以降のテスラの動向

EV創世記【第4回】1899年に人類が初めて時速100km/h超えを達成したEV『ジャメ・コンタント』

自動車評論家にして電気自動車普及の市民団体「日本EVクラブ」創始者の舘内端氏が「なぜ、電気自動車なのか」を考える連載企画。今回は、人類が初めて時速100km/hの壁を超えた電気自動車『ジャメ・コンタント』のエピソードです。

続きを読む

EV創世記【第4回】1899年に人類が初めて時速100km/h超えを達成したEV『ジャメ・コンタント』

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.