東名高速海老名SA上下線に90kW急速充電器増設〜NEXCO中日本に質問してみた

2020年7月、東名高速道路海老名SA上下線にそれぞれ3基目となる急速充電器が増設されました。増設された充電器の出力は90kW。待機スペースは3基の充電器共用で「縦一列」に変更。現地の様子を紹介するとともに、気になる点をNEXCO中日本にメールで質問してみました。

続きを読む

東名高速海老名SA上下線に90kW急速充電器増設〜NEXCO中日本に質問してみた

欧州の電気自動車用バッテリー企業『ノースボルト』社ピーター・カールソンCEOインタビュー【パート1】

CO2排出削減を進めるため、欧州では電気自動車へのシフトが急速に進んでいます。EVのバッテリーに関してはアウトソーシングをする大手自動車メーカーがほとんどですが、電気自動車用バッテリーのスタートアップとして注目されるノースボルトのCEO、ピーター・カールソン氏へのインタビューが『CleanTechnica』に掲載されました。全文翻訳でお届けします。

続きを読む

欧州の電気自動車用バッテリー企業『ノースボルト』社ピーター・カールソンCEOインタビュー【パート1】

【テスラ2020年第2四半期決算報告】4四半期連続黒字達成〜EV&自然エネルギー企業としての強みを示す

テスラ社が現地時間の7月22日に発表した2020年第2四半期(4月~6月)の決算は、純利益が1億400万ドルで、4四半期(1年間)連続の黒字になりました。新型コロナ禍の中でも前期比で550%の増収になった主な要因はモデルYや中国でのモデル3が好調だったことや、規制クレジットの売上増でした。

続きを読む

【テスラ2020年第2四半期決算報告】4四半期連続黒字達成〜EV&自然エネルギー企業としての強みを示す

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中【最新情報/2020年6月期】

電気自動車の売り上げがヨーロッパで飛躍的に伸びてきています。1つの理由として、地域の主だった国が2025年~2040年の間に石油・ディーゼル車の新車販売禁止に向けて動いている背景があります。2020年6月の新車販売数に関する情報をまとめました。

続きを読む

ヨーロッパで電気自動車の売上とシェアが拡大中【最新情報/2020年6月期】

アウディはEVを冷遇。CEOが「内燃機関開発に大きく投資を続ける」と表明

昨年フォルクスワーゲンは大々的に『ID.3』を発表、CEOの Herbert Diess氏もたびたび電動化シフトへの重要性を語り、VWグループは電気自動車生産へ加速していくのかと思われました。しかし今回、VWグループ傘下のアウディCEOが方向性の違う発言をし、さらに親会社の中でも雲行きが怪しくなっている様子が見えてきました。『CleanTechnica』から全文翻訳でお届けします。

続きを読む

アウディはEVを冷遇。CEOが「内燃機関開発に大きく投資を続ける」と表明

マセラティ『ギブリ』にハイブリッド登場〜全モデル電動化の第一歩

2020年7月15日、日産アリア世界初公開の一方で、マセラティ史上初の電動化モデルとなるギブリハイブリッドが発表されました。リリースでは「全新型モデルにおける電動化の第一歩」と明記されています。はたして、マセラティならではの「官能的な電気自動車」へと繫がっていくのでしょうか。

続きを読む

マセラティ『ギブリ』にハイブリッド登場〜全モデル電動化の第一歩

ホンダは目を覚ましたのか?〜中国CATLと電気自動車用バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結

ホンダが自社の電気自動車開発のため、中国のCATLとタッグを組むことが発表されました。バッテリーの安定供給がその主な目的ですが、ホンダのEV戦略はどうなっていくのでしょうか? 『CleanTechnica』より、全文翻訳でお届けします。

続きを読む

ホンダは目を覚ましたのか?〜中国CATLと電気自動車用バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結

MaaS時代のビジネスモデルを共創『Mobility Transformation Meet Up』参加者募集

移動の進化を具現化する事業に取り組む株式会社スマートドライブがMaaSやCASE、スマートシティの取り組みを共有するためのコミュニティイベント『Mobility Transformation Meet Up』をスタート。2020年7月29日(火)11時からオンラインで開かれる、第1回の参加者を募集しています。定員は100名。早めにお申込ください。

続きを読む

MaaS時代のビジネスモデルを共創『Mobility Transformation Meet Up』参加者募集

日産『アリア』発表! 価格は約500万円〜、バッテリー温度管理システムも採用

2020年7月15日、日産の新型電気自動車(EV)『ARIYA(アリア)』のオンライン発表記者会見が行われました。電池容量は65kWhと90kWh。価格は約500万円から。出力130kWの急速充電に対応し、水冷式のバッテリー温度管理システムが採用されました。ジャーナリストの塩見智氏が、気になるポイントを速報します。

続きを読む

日産『アリア』発表! 価格は約500万円〜、バッテリー温度管理システムも採用

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.