ポルシェ パナメーラPHEV試乗で完成度を試す〜タイカンへの進化過程か異なる独立峰か?

4ドアポルシェのPHEV、『パナメーラ ターボS Eハイブリッド』に、EVsmartブログチームのジャーナリスト、南陽一浩が試乗。その完成度を試しつつ、普通充電も行ってみた。走行モードの選択によって表情が一変する圧倒的な走りの良さを実感した。

続きを読む

ポルシェ パナメーラPHEV試乗で完成度を試す〜タイカンへの進化過程か異なる独立峰か?

日産リーフ30kWhでゴルフへ。いつものゴルフ場に普通充電設備があった、けど……。

3月31日(日)、東京から山梨の西東京ゴルフ倶楽部へ、日産リーフAZE0(30kWh)で出かけてきました。このゴルフ場は土日でも1万円程度と安いので仲間とよく行くのですが、『EVsmart』で周辺の充電スポットを検索すると、なんと、このゴルフ場に普通充電器マークが! 電話で確認すると「ずいぶん前からありますよ」とのことで「早く言ってよ〜」と喜びつつ、波乱の結末となったドライブ記をお届けします!

続きを読む

日産リーフ30kWhでゴルフへ。いつものゴルフ場に普通充電設備があった、けど……。

近鉄がテスラの蓄電池を導入 — 停電時に電車の安全を確保しピークカットも

関西の大手私鉄「近鉄」がテスラ社の蓄電池「パワーパック」を導入しました。日本で初めての事例で、テスラの製品としてはアジア最大で、アジア太平洋地域でも4番目の規模です。広域停電時に電車を安全な場所に移動させて乗客の安全を確保したり、真夏などの電力需要のピークカットにも利用します。

続きを読む

近鉄がテスラの蓄電池を導入 — 停電時に電車の安全を確保しピークカットも

ヤマト運輸がDHL傘下企業とEVトラックを共同開発、の「謎」を解く!

3月27日、ヤマト運輸が「ドイツポストDHLグループ傘下のストリートスクーターとヤマト運輸が日本初の宅配に特化した小型商用EVトラックを共同開発」というニュースが飛び込んできました。「日本郵便が電気自動車1200台を導入」に続き、連日の気になるニュースです。ヤマト運輸のニュースに関しても、一般紙などでの報道では「謎」がたくさんあったので、ヤマト運輸広報戦略部に質問してみました。

続きを読む

ヤマト運輸がDHL傘下企業とEVトラックを共同開発、の「謎」を解く!

電気自動車用充電器を設置した都内マンションで最新EV試乗会開催

東京都足立区内の大規模な団地で住民を対象とした電気自動車試乗会イベントが開催されました。集合住宅駐車場に電気自動車用充電器設置を広げることは、とくに都市部における電気自動車普及の重要なポイントです。EVsmartではイベントの趣旨に賛同し、テスラモデルX P100Dを展示、同乗試乗も行いました。

続きを読む

電気自動車用充電器を設置した都内マンションで最新EV試乗会開催

世界的研究機関が電気バスは電気乗用車の3倍も化石燃料回避に貢献と発表

エネルギーに関するグローバルな研究機関であるブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の新しいレポート(有料コンテンツ)によりますと、電気バスは電気自動車(乗用車)に比べてより多くの化石燃料をカットできると発表しました。中国では、中国以外の国をすべて合わせたよりも多くの電動化バスを運用していますが、交通セクターにおける化石燃料使用(主にディーゼル燃料=軽油)の軽減をリードしています。

続きを読む

世界的研究機関が電気バスは電気乗用車の3倍も化石燃料回避に貢献と発表

日本郵便が集配車に電気自動車1200台導入「その先」を考えてみる

3月27日、日本郵便が集配車に電気自動車1200台を導入、そしてヤマト運輸がドイツDHLグループのベンチャー企業と宅配用電気トラックを共同開発と、電気自動車に関する大きな話題が立て続けに飛び込んできました。どちらのニュースも大手新聞などでも概要は伝えられているので『EVsmartブログ』では独自に各社広報部などに取材を敢行。今回のニュースから見えてくる「その先」にある電動化について考察してみました。

続きを読む

日本郵便が集配車に電気自動車1200台導入「その先」を考えてみる

テスラ モデル3が市場に出た直後の2月期にヨーロッパで一番売れた純電気自動車になる

JATO(世界規模の自動車販売関連調査会社)が3月26日に出したプレスリリースによりますと、テスラのモデル3がヨーロッパの2月期販売台数で3600台以上を達成。純電気自動車でトップに立ちました。さらにガソリン車を含めたすべての自動車の中で、プレミアム中型セダンのランキングでもトップになるという驚異的な記録を残しました。電気自動車の売れ行きが好調なノルウェーでは、1ヶ国だけで1000台以上(3月はすでに4000台以上!)を売り上げています。

続きを読む

テスラ モデル3が市場に出た直後の2月期にヨーロッパで一番売れた純電気自動車になる

BYDが小型電気バスを日本で販売。2020年春から納車開始で24年に1000台を目指す!

中国のBYD(比亜迪)の日本法人である「BYDジャパン」が、新しい小型電気バスを日本で発売、3月25日から予約受付を開始したことを発表しました。中国で製造し、納車は2020年の春から開始予定。2024年までに1000台の販売を目指すとしています。

続きを読む

BYDが小型電気バスを日本で販売。2020年春から納車開始で24年に1000台を目指す!

新型日産リーフの磯部博樹CVEインタビュー 『e+』が目指した航続距離信仰からの脱却

新型日産リーフのCVE(チーフビークルエンジニア)である磯部博樹氏にインタビュー。電池容量62kWhで大幅に航続距離が延びた『e+』の開発では「航続距離信仰から抜け出して、EVの長所を磨くことを重視」したということです。その真意とは?

続きを読む

新型日産リーフの磯部博樹CVEインタビュー 『e+』が目指した航続距離信仰からの脱却

充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう

運営会社 Ayudante

Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.