テスラ『モデル3』2年点検〜費用は5万5000円&夏タイヤの交換も

弊社では社用車にモデル3が導入されてから2年が経ちました。社員の旅行やコロナ禍の引越しの足として活躍してくれています。今回の点検日までの走行距離は49,785km。2年点検の内容をレポートします。

テスラ『モデル3』2年点検〜費用は5万5000円&夏タイヤの交換も

アプリから点検の予約が可能

2年点検の予約

以前ご紹介したテスラ モデル3の1年点検では点検費用は4万1250円でした。

2年点検もテスラから催促する連絡は来ないのでオーナーは自分で予約する必要があります。今回はアプリのサービスから予約をしました。2年点検以外にも夏タイヤ交換と右フロントから異音がするので調査することを要望として記載しました。テスラからの返信は登録してあるメールアドレスに来ました。

アプリ内のサービス→その他から予約可能。

モデル3の状態や日頃のメンテナンス

納車から2年点検日までに走行した距離は49,785km。今年9月頃から右フロントの足回り付近からキコキコと異音が発生しています。またエアコンからの異臭が、特に雨上がりにあったのでエアコンフィルターもそろそろ交換の時期か? といった具合でした。

現在は5万キロ突破。使用した電気の量は9000kWhを超えています。
1年点検時との比較です。

2年で5万kmを走行しました。筆者はモデル3の貸し出し管理をしていますが、在宅勤務メインの為、貸し出しもリモートで行うようになりました。たまに洗車と、タイヤ空気圧調整・ウォッシャー液を入れるくらいで、これといったメンテナンスは特にしていません。返却時に駐車場に設置してあるウォールコネクターを充電口に挿してもらうだけで給油しに行かなくてよいので、使う社員も管理する私もとても楽です。

2年点検当日

点検は今年オープンした東名川崎IC近くにあるテスラ東名川崎サービスセンターへ。

担当者とともに車両のチェック後、要望を伝えて車を預けました。2年点検のみの場合は3~4時間で終わると聞きましたが今回はタイヤ交換と右フロント異音調査もあるので6時間ほどかかりました。

点検内容の詳細です

2年点検費用は税抜き50,000円。税込み55,000円でした。

点検内容の詳細を表にしていおきます。

 作業内容金額(税込
)
2年目定期点検 年次点検
走行テスト
充電テスト
ログ点検
サーマルシステムテスト
開閉作動テスト (window/door/charge port/latch)

消耗品交換
ワイパーブレード交換
エアコンフィルター交換
ブレーキフルード交換
ウォッシャー液補充(水)

ドアラッチ給油
シートベルト点検
フロントGNDナット締め付け点検

タイヤ空気圧調整
Front 290kpa
Rear 290kpa
ホイールナット規定トルクにて締め付け(175N-m)
下廻り締め付け確認
ファームウェア最新に更新
ブレーキパッド
・Front brake pads 9.5mm,
・Rear brake pads 8.5mm,
タイヤ残溝
・FL 7.0mm
・FR 7.0mm
・RL 7.0mm
・RR 7.0mm
* 残溝2mm以下は交換推奨
55,000
その他交換品右フロントアッパーアーム交換
チャージポートピン1か所折れ交換
0
タイヤ交換費用タイヤ代 (249,455円) ミシュラン235/35R20 92Y
タイヤ処分費 (1,111円)
タイヤ取り付け費用 (12,500円) 
289,372円
合計344,372円

右フロントの異音は右フロントアッパーアーム無償交換で異音が無くなりました。また、車体の充電口内にあるチャージポートピンが1か所折れているとの事でこちらも無償交換でした。臭いが気になっていたエアコンフィルター交換は2年点検内に含まれていました。ちなみにモバイルサービスでエアコンフィルター交換が可能なようで費用は6000円ほどとのこと。

点検とは別にタイヤを交換。20インチのタイヤ、「高いな」と思った次第です(汗)。
実は、筆者自身この社有車モデル3に乗って感動し、マイカーのモデル3を購入したのですが、もし自分のモデル3でタイヤ交換する場合はネットでタイヤ購入して、店長さんがテスラ乗りのタイヤフィッターさんに交換をお願いすると思います。

夏タイヤは約4万km使用しました。次回はアジアンタイヤを検討中。

ご参考までにミシュラン以外の選択肢を調べてみました。最近のアジアンタイヤは性能/品質も良くなっていると聞きますので選択肢として有りだと思います。

タイヤサイズ 235/35R20 1本価格
NANKANG (ナンカン) NS-2 12,000円~
NITTO(ニットー) NT555 G215,000円~
Continental
EXTREME CONTACT DWS06 PLUS
16,000円~
FALKEN ファルケン AZENIS アゼニス FK51020,000円~
ブリヂストン POTENZA SPORT 35,000円~
PIRELLI(ピレリ)P ZERO36,000円~

以上、モデル3の2年点検まとめでした。

最後に、これから来る冬にまつわる「モデル3関連記事」をまとめておきます。


【関連記事】
テスラモデル3パフォーマンスモデルにスタッドレスタイヤを装着(2019年12月27日)
<東京⇔陸前高田 ロングドライブレポート>
テスラ「モデル3」で陸前高田へ〜冬のスタッドレス長距離ドライブ【速報往路編】(2020年2月21日)
テスラモデル3で津波被災地探訪〜冬のスタッドレス長距離ドライブ【復路編】(2020年3月2日)

(文/石井 光春)

この記事のコメント(新着順)4件

  1. 素朴な疑問です。よろしければお教えください。

    (1)点検や修理はテスラのサービスセンターまで持ち込みなんでしょうか? パーツの在庫とか考えると、その辺の修理屋さんでは無理ですよね? やっぱり遠方の人はテスラユーザーになるべきではないのかなぁ、と思いますが…
    (2)足回りパーツ交換が無料、ということですが、新車購入時にそのような有料サービス契約を選択している、ということでしょうか?
    (3)作業終了まで6時間その場でお待ちになったのでしょうか? テスラでは代車サービスはどうなっているのでしょうか?
    (4)モデル3で扁平率35、って、市街地での乗り心地は如何ですか?

    1. ぶんねこ様、コメントありがとうございます!
      ①点検や大きな修理はサービスセンター(東京/神奈川/愛知/大阪)へ持ち込む必要があります。簡単な修理ができるモバイルサービスの拠点は増えるようです。
      https://www.tesla.com/jp/findus/list/services/japan
      ②初期モデルS/モデルXオーナー時にはメンテナンスプランありましたが、現在はありません。今回の件は2019年モデル3でよく出る症状らしくテスラ側も把握して?無償対応なのかと思われます。
      ③私の場合は近くのカフェで仕事していました。代車は予約時に伝えれば用意してくれます。ただ1日で終わる作業ですと代車多くないので出ないかもしれません。
      ④モデル3の各グレード乗りましたが、18インチ→とても静か/19インチと20インチ→静かで差がない印象です。20インチ履いているとは思えないと試乗でよく言われます。

  2. タイヤ残溝7mmとの記載がありますが、4万km走行して残溝7mmなのでしょうか?それとも新品の残溝が7mmなのでしょうか?
    今回タイヤを交換した目的を教えていただきたく。若干ひび割れはありそうですが、溝はどれくらい残っていたのか気になります。
    ちなみにContinental EXTREME CONTACT DWS06をGS450hにて使用中です。
    東京で使うなら万能だと思います。お勧めです。

    1. メーオ様、コメントありがとうございます!
      新品の残溝が7mmになります。残溝聞きそびれたので予測になりますが、1年(2.5万km)で1~2㎜の減りです。ローテーションを行っていればもう1年使用できたかもしれません。
      タイヤ残溝(新品時7.0㎜)
      1年点検時の残溝→2年点検時の予測
      ・FL 5.0mm→3.0~4.0mm
      ・FR 5.0mm→3.0~4.0mm
      ・RL 6.0mm→4.0~5.0mm
      ・RR 6.0mm→4.0~5.0mm

      今回は安全のため早めに交換しました。
      ①車貸し出し後のフィードバックで「滑った(雨の日)」との声があった。
      ②EVイベントの試乗車として使用するタイミングだった。

      コンチネンタルのタイヤオススメありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です