テスラ『モデルS』『モデルX』が大規模リコール〜日本のユーザーはどうすればいい?

2021年2月2日(現地時間)、テスラが『モデルS』と『モデルX』、約13万5000台のリコールを届け出たことが報じられました。車両のファームウェアのバージョンが古い場合、後方確認カメラの表示、ウインカーの点灯やフロントガラスデフォッガーの動作などに不具合が生じる可能性があるということです。

テスラ『モデルS』『モデルX』が大規模リコール〜日本のユーザーはどうすればいい?

メモリーカードを無償交換

今回、テスラがリコールを届け出た不具合については、すでにアメリカの国家幹線道路交通安全局(NHTSA= National Highway Traffic Safety Administration)が調査を進め、指摘されていることが報じられていました。

日本国内の該当車オーナーには、アメリカ本国からの英文メールで、リコールのお知らせが送られているようです。EVsmartブログチームリーダーの安川さんはモデルXのオーナーで、現地時間2月2日19時30分頃の発信で、「Model S/X – 8GB eMMC Tegra MCU Recall」と題したメールが届いています。

具体的なリコール内容としては、2018年3月以前に製造されたモデルSおよびモデルXについて、メディアコントロールユニットに組み込まれた容量8GBのマルチメディアカード(eMMC)の容量不足によって、後方確認カメラの表示、ウインカーの点灯やフロントガラスデフォッガーの動作に不具合が生じたり、センターディスプレイの表示や機能の一部が失われる可能性があるということです。

ただし、アクセルやブレーキ、ステアリング操作といった運転操作についての問題は確認されておらず、車両のファームウェアが「2020.48.12」よりも新しいバージョンであれば、こうした不具合は起こらないとも説明しています。

安川さんによると、現時点での日本でのファームウェアは「2020.48.12.1」とのことなので、走行中に深刻な不具合が起こるリスクは低いようですが、再起動後や車に乗り込んだ瞬間に画面が真っ暗になったり、エアコンが入らなかったり、逆に電池残量が20%以下になるまで消せなかったりといった症状が報告されています。

英文メールでは、今回のリコールによって、64GBのマルチメディアカードへの無償交換を約束していますが、準備ができたらテスラから連絡するので、センターディスプレイ表示が消えるなどの症状がない限り、オーナー側からテスラのサービスへ連絡する必要はないとしています。

また、今回のリコール対象となる原因で修理をして、すでに修理代を支払っている場合は払戻の対象となる可能性があり、2021年3月末までに詳細を案内するとしています。

いずれにしても、モデルSもXも高級車。ユーザーへの案内と交換がスムーズに進むといいですね。

テスラジャパンの対応は?

今回はアメリカでのリコールであり、テスラジャパンのウェブサイトではまだとくに案内はありません。日本のユーザーはどうすればいいのか、先ほど広報ご担当者に電話してみましたがお話しできなかったので、引き続き、テスラジャパンへの取材を進めてみます。

ひとまず、リコール速報、でした。

(文/寄本 好則)

この記事のコメント(新着順)8件

  1. 正義の味方 様、コメントありがとうございます。
    大変恐縮ですが、当サイトでは、記事に関連する内容でコメントいただくこと、そして、コメントに関しては事実やデータに基づいてご投稿いただくことをお願いしています。今回のご投稿の内容につきましては、具体的なデータを伴って再度、ご投稿いただけますでしょうか?
    もし裏付けとなるご投稿が内容でしたら、ご投稿は削除させていただきます。当記事を、わざわざ時間をかけてお読みくださる読者の方々のために。

    2021/5/2追記:該当の投稿を削除しました。

  2. トヨタさん
    起業してから、三十年がひとつの区切りと言います!
    普通に倒産の憂き目に(笑)

    更に伸ばすには、生半可な努力では済まない(汗)
    今は、起業して終わる時期かも?(汗)

    本当は、起業家の息子ならば?
    新たな事業を、始める位の覚悟が必要(笑)
    本当にそんな大変な時期!

    会社が潰れるか、生き残るか?
    そんな時期(笑)

    1. ドンさんに同じくトヨタの行く先を案じてます。
      もう時代錯誤としかいえない豊田章男氏の失言にウンザリ、発表する電気自動車もコムスレベルの超小型しかない…電気軽自動車はダイハツへ丸投げだから仕方ないとしても日産三菱に大差をつけられホンダにも先行される有様…。
      社会の時間に出てくる「護送船団方式」を今のまま続けていても、風の時代といわれる現代に通用するとは思えなくなってきました…サプライチェーンを守る意識がトヨタを変えにくくしてるんでひょ!?
      さらにコロナ禍も問題、組織が大きいほど感染リスク高くなりますよ…満員電車も大規模ショッピングモールも。そんな危険を公にせず横文字にして庶民にわかりにくくする政府自民は死ぬほど嫌いです!!(爆)
      どれだけ厳しい言葉を投げかけても馬耳東風の会社は自ずとガラパゴス化する他あるまい。だったらさっさと見捨てるしかないでしょ!?

  3. ようやくかな?(笑)

    まあ、やっと!テスラ社も自動車メーカーらしくなったかな?

    誰・どのメーカーでも通る道(笑)

    元トヨタ自動車社員(笑)

    トヨタに言いたいことは、山ほどある!(笑)
    トヨタさん、後十年持つかな?(汗)

    1. 何かEVってトヨタ嫌いの行き着く先みたいになって無い?
      トヨタ関係無いのに名前出してすぐ倒産とか言い出す。元期間工の人はいつもネットで大暴れしてる。本当情けない人達だわ。

    2. MIKEY様、コメントありがとうございます。

      >トヨタ関係無いのに名前出してすぐ倒産

      すみません、これは私のミスで、見逃してしまいました。。
      おっしゃる通り、このようないい方はおかしいですし、根拠が薄いですよね。
      ドン様におかれましても、一方的に企業を批判されるのではなく、できる限りデータや事実を持って批判していただけますよう、お願い申し上げます。

  4. 「再起動後や車に乗り込んだ瞬間に画面が真っ暗になったり、エアコンが入らなかったり、逆に電池残量が20%以下になるまで消せなかったりといった症状が報告されています。」とのことでしたが、この事象を受けて、安川さんはすでに修理をされたのかな?

    1. shibata様、コメントありがとうございます。私の車は2017年10月納車なので7-8月くらいに製造でしょうか。3年4か月くらいで、何か不安定になることはあるものの、再起動で復活しないという事象には遭遇しておらず、恐らくまだ何とか、、という状態だと思われます。テスラからリコール修理の案内が来たら報告しますね。テスラシアターが使えるMCU2にアップグレードするかもしれません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の著者


					寄本 好則

寄本 好則

兵庫県但馬地方出身。旅雑誌などを経て『週刊SPA!』や『日経エンタテインメント!』の連載などライターとして活動しつつ編集プロダクションを主宰。近年はウェブメディアを中心に電気自動車と環境&社会課題を中心とした取材と情報発信を展開している。剣道四段。著書に『電気自動車で幸せになる』『EV時代の夜明け』(Kindle)『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』(扶桑社)などがある。日本EVクラブのメンバーとして、2013年にはEVスーパーセブンで日本一周急速充電の旅を達成した。

執筆した記事