中国で電気自動車売上が前年比118%増、化石燃料車は13%の下落

中国での電気自動車の売り上げは飛躍的に伸びており、モータリゼーションの電動化が加速しています。CleanTechnicaから2019年第一四半期自動車売上指標のレポート記事が届きましたので全訳をお届けします。

元記事:China’s EV Sales Grow 118% Year On Year & Fossil Sales Fall 13% — Q1 Charts! by Dr. Maximilian Holland on 『CleanTechnica

「乘用车市场信息联席会」(英:The China passenger car association)による2019年第一四半期指標のニュースが入ってきました。電気自動車の快進撃は続き、254,000台を売り上げて昨年同期に比べて118%の増加です。一方、化石燃料車両の売り上げは13%下がり、4,823,000台の売り上げになりました。

周知のとおり中国は電気自動車の分野においてかなりのスピードでリードしており、2019年最初の指標はそれを裏切らないものでした。前年比118%の増加は中国基準で見ても素晴らしいものです。以下に2018-2019年の化石燃料車と電気自動車の比較グラフを載せておきます。

Clean Technica

注)これらの数字は自家用車のみのもので、中国が得意としている電気バスは含まれていません。

化石燃料車の販売は下落傾向にあります。2018年、中国だけではなくヨーロッパとアメリカでもセールスが落ちました。LMC Automotive(自動車の市場予測専門調査会社)によりますと、2019年の世界での車両販売台数予想は約8900万台で、2018年の9500万台よりも減少しています。

世界中で急成長している電気自動車セールスは、将来性が暗い自動車産業において明るい材料で、環境汚染やCO2排出問題を減らすためにも素晴らしいニュースになります。

今年現時点での中国の家庭用電気自動車の売り上げを、昨年までのものと比べてみましょう。

中国の自動車メーカーであるBYDやGeelyの電気自動車セールスは好調で、最近のレポートや見通しを見てみると株価も浮上してきています。

テスラは中国国外産メーカーとしては凡その計算で中国の第一四半期に一番の売り上げを出し、2月と3月で10,500台のモデル3を売りました。その間、上海には中国国内でのテスラ車の生産を可能にする巨大工場を建設中で、既に屋根まで取り付けられています。ギガファクトリー3と名付けられたこの工場は、主な外壁工事のフェーズに5月に入る見通しです。

Shanghai Gigafactory aerial/YouTube

格付け会社Fitchは、補助金制度の変更による潜在的なリスクはあるものの、中国の2019年の電気自動車セールスも好調であると予測しています。私は個人的に2019年の中国では200万台を超える電気自動車セールスを予測していますよ。

(翻訳・文 杉田 明子)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です