2022年までにドイツでテスラが「電力ビジネスに参入する」と報じられる

電気自動車市場で世界トップの快進撃を続けるテスラが、ドイツで電力会社としてもビジネスに参入する事が報じられました。『TESMANIAN』から全文翻訳記事をお届けします。

2022年までにドイツでテスラが「電力ビジネスに参入する」と報じられる

元記事:Electricity from Tesla Will Be Available in Germany no Later than 2022, According to Report by Eva Fox on 『TESMANIAN

テスラがドイツの電力市場に参入

2021年春、テスラはドイツ国内のパワーウォール所有者に、自社の電気料金を開示しました。社は独自の設備とソフトウェアを携え、自動車工場も併せて大々的にドイツの電力市場に乗り込む準備を進めています。2022年までには実現する見通しです。

ドイツのウェブメディア『Handelsblatt』は、テスラが自社のサービスを「国の全域で使えるようにする」と話し、2022年始めまでにはサービスが開始されると報じています。

今のところ、サービスはバーテン・ビュルテンベルクとババリアの2州でのみ提供されており、クリーンエネルギーを供給するOctopus Energy Germanyが2021年春からテスラの電気料金を提示し始めました。社のウェブサイトには以下の表記があります(※英国拠点企業のため、価格はポンド表記になっています)。

● テスラ・エネルギープランは「対称料金」で、電気の売買の値段は24時間365日同じです。価格はお住まいの地域により異なります。
● 購入価格は0.10-0.12ポンド(15.12-18.14円)/kWh。2021年5月の時点で定額料金としては市場最安値。
● 売却価格は0.10-0.12ポンド(15.12-18.14円)/kWh。どのような種類の電気でも同じ値段です。2021年5月の時点でSEG(※Smart Export Guarantee: 英国の再エネ支援制度)の定額価格より100%良いレートとなっています。
● 固定費は0.22ポンド(33.26円)

現時点では、このプランはルーフトップ・ソーラーシステムとパワーウォールを導入した顧客だけが対象となります。このような家庭を通し、テスラはAutobidderソフトウェアでコントロールできるバーチャルな発電所を形成します。

Autobidderに関しては、テスラの公式サイトで以下のように説明されています。


Autobidderは、独立系発電事業者、公益事業者、資本パートナーに、バッテリー資産を自律的に収益化する機能を提供します。Autobidderは、価値に基づく資産管理とポートフォリオの最適化を提供するリアルタイム取引および制御プラットフォームです。オーナーとオペレータは、事業目標とリスクの許容度に合わせて収益を最大化する運用戦略を設定することができます。Autobidderは自律制御の一部で、Teslaにおける一連の最適化ソフトウェア ソリューションです。

ハードからソフトまですべてを取り揃え、テスラはドイツの電力会社の脅威となり、市場を引っ掻き回すでしょう。ただ、テスラのゴールは世界の持続可能エネルギーへの転換を加速させることです。電力会社となるのは、社の将来にとって欠かせないことだったのです。

(翻訳・文/杉田 明子)

この記事のコメント(新着順)1件

  1. テスラは新電力会社ですか(笑)エエで日本でも展開しなはれ。
    そりゃ蓄電池ビジネスで世界を変えればエエですやん。そんで蓄電池に同じ直流電源でもあるソーラー発電もセットにすりゃ変換効率も高くもうかりまっせー。
    電力会社は再生エネルギーとくに太陽光発電所の晴れ曇りによる電力変動やソーラー発電所増強による配線強化対応などに泣かされてますー、問題の抜本解決策に蓄電池設置が特効薬って訳ですね。
    もちろん電池価格の問題があるほか、日本では電気事業法や電気主任技術者の選任などややこしい絡みはありますが、高圧受電のテスラスーパーチャージャーでノウハウは蓄積されてきたからイケそうな気はしますが。
    あと太陽光発電所でも2029年以降は卒FITになりそのタイミングでテスラは一気に攻勢かけるはず,ソーラー発電所オーナーも次の手を考え出す時期やから電力会社も危機感持たなアカンで!!
    ※そうなりゃ電気管理技術者の僕も忙しぅなりそうですーww先見性は持たねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事の著者


					杉田 明子

杉田 明子

2010年代に住んでいた海外では'94年製のフォード→'02年製のトヨタと化石のような車に乗ってきました。東京に来てからは車を所有していないのですが、社用車のテスラ・モデル3にたまに乗って、タイムスリップ気分を味わっています。旅行に行った際はレンタカーを借りてロードトリップをするのが趣味。昨年は夫婦2人でヨーロッパ2,200キロの旅をしてきました。大容量バッテリーのEVが安くレンタルでき、充電インフラも整った時代を待ち望んでいます。

執筆した記事