Electrify Americaの充電スポットでは、今後はCHAdeMOのサポートは最小限に

最近新たにネット上に公開された写真と情報によると、充電スポット運営会社 “Electrify America(EA)” は、CHAdeMOコネクターで充電する電気自動車(EV)に対しては、今後は最小限のサポートしか予定していないことがわかりました。

続きを読む


Electrify Americaがマサチューセッツ州のChikopee Marketplaceに設置した初の充電スポット。4台の充電器はそれぞれ2本のケーブルを装備する。

25万7千キロ走っても、テスラのバッテリー劣化は10%以下

オーナーにとっても購入を検討している人にとっても、電気自動車(EV)の走行用バッテリーの劣化は一大関心事です。最近の調査によると、テスラ・モデルSは25万7千キロメートル(16万マイル)走っても容量低下は10%以内であることがわかりました。

続きを読む


テスラに搭載されている電池セル。パナソニック製のパソコン用から発展したEV専用品。

フォルクスワーゲンの大規模電池工場 ~ 年間50万台分

フォルクスワーゲンはブラウンシュヴァイク工場を大規模電池工場にする方針です。2020年から投入される「I.D.シリーズ」をひかえ、EV用二次電池を年間最大50万パック生産します。つまり50万台分です。ただし、電池セルは外部から調達の方針です。

続きを読む


フォルクスワーゲンのブラウンシュヴァイク工場

ガソリン車より電気自動車が売れる2018年のノルウェー ~ 消費者のPHEVからBEVへの回帰も明らかに

ノルウェーでは2018年3月、ついに「プラグイン式電気自動車(PEV)」の販売シェアが「ガソリン自動車(ICE)」のそれを初めて抜きました。さらにPEV販売のうちの上位を「バッテリー式電気自動車(BEV)」が独占しました。

続きを読む


じつはPHEVの世界的ベンチマーク 完熟フェイズの三菱アウトランダーPHEVに試乗

外出先で急速充電が可能で、おもに駆動力をモーターに拠る分、PHEVは内燃機関との協調が前提であるハイブリッドの延長というより、むしろ限りなくBEVに近い存在といえる。モデルサイクルとして後期フェイズに差しかかった三菱アウトランダーPHEVは、前期フェイズにはなかった、成熟したパフォーマンスとアウトプットを明らかに発揮し始めている。今や世界的にPHEVのベンチマークとなった、その完成度の高さを今一度、試乗を通じて検証してみる。

続きを読む


充電スポット検索アプリEVsmart

SNSをフォローして最新情報をチェック
Twitter Facebook Google+
アプリダウンロードはこちらから
iTunesからダウンロード
Google playで手に入れよう
Copyright © 2014- Ayudante,Inc. All Rights Reserved.