著者プロフィール

南陽 一浩
ライター
南陽 一浩
Nanyo Kazuhiro

1971年生まれ、静岡県出身、慶應義塾大学卒。出版社勤務を経てフリーランスのライターに。2001年に渡仏しランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学にて修士号取得。パリを拠点に自動車・時計・男性ファッション・旅行等の分野において、おもに日仏の自動車専門誌や男性誌に寄稿。企業や美術館のリサーチやコーディネイト、通訳も手がける。2014年に帰国、活動の場を東京に移し、雑誌全般とウェブ媒体で試乗記やコラム、紀行文等を担当。

所属会社/組織

フリーランス

専門分野

自動車、フランス語、フランス文化全般、旅行、時計、ファッション等

メディア寄稿歴

自動車雑誌、男性ライフスタイル誌全般

執筆した記事

ジャガー I-PACE(アイペイス)はEVとして、というよりクルマとして完成度が高い実力派だった

ジャガー I-PACE(アイペイス)はEVとして、というよりクルマとして完成度が高い実力派だった

ついに国内試乗! テスラ・モデル3の ロングレンジモデルで都内を半日ぶらり

ついに国内試乗! テスラ・モデル3の ロングレンジモデルで都内を半日ぶらり

ポルシェ パナメーラPHEV試乗で完成度を試す〜タイカンへの進化過程か異なる独立峰か?

ポルシェ パナメーラPHEV試乗で完成度を試す〜タイカンへの進化過程か異なる独立峰か?

モデルチェンジしたV60にもPHEVが発表。ボルボの2019年電化計画はどこまで進んだか?

モデルチェンジしたV60にもPHEVが発表。ボルボの2019年電化計画はどこまで進んだか?

眺めても乗ってもイコノクラスト、テスラ・モデルXは当代最良のクロスオーバーか?

眺めても乗ってもイコノクラスト、テスラ・モデルXは当代最良のクロスオーバーか?

現時点で市販EVとして完成度の高さは アンタッチャブル、テスラ・モデルS

現時点で市販EVとして完成度の高さは アンタッチャブル、テスラ・モデルS

レンジローバーとレンジローバー スポーツがPHEVの受注予約を開始

レンジローバーとレンジローバー スポーツがPHEVの受注予約を開始

やっぱりEV界のサラブレッド、BMW i3に試乗する

やっぱりEV界のサラブレッド、BMW i3に試乗する

スタンダードなEVとは? 真っ向から応える新型リーフに試乗!

スタンダードなEVとは? 真っ向から応える新型リーフに試乗!

じつはPHEVの世界的ベンチマーク 完熟フェイズの三菱アウトランダーPHEVに試乗

じつはPHEVの世界的ベンチマーク 完熟フェイズの三菱アウトランダーPHEVに試乗

EVでもコンパクトの指標となるか。フォルクスワーゲン e-ゴルフに緊急試乗!

EVでもコンパクトの指標となるか。フォルクスワーゲン e-ゴルフに緊急試乗!

テスラ セミの近況からわかってきたきたこと

テスラ セミの近況からわかってきたきたこと

第三京浜でプロパイロットVSオートパイロット! 新型リーフとテスラモデルXを直接対決させてみた

第三京浜でプロパイロットVSオートパイロット! 新型リーフとテスラモデルXを直接対決させてみた

LG Chemがポーランドのバッテリー工場を2018年より稼働

LG Chemがポーランドのバッテリー工場を2018年より稼働

新型リーフとテスラモデル3を比較してみる

新型リーフとテスラモデル3を比較してみる