電気バイク「XEAM」全車種のサーキット試乗会開催 【2019/9/7(土)@サーキット秋ヶ瀬】

コストパフォーマンスに優れた電気バイクを独自に企画・発売している株式会社MSソリューションズ(本社:福岡市)が、自社の電気バイク(電動バイク)ブランドである『XEAM(ジーム)』の全車種を集めたサーキット試乗会を9月7日(土)に埼玉県さいたま市の『サーキット秋ヶ瀬』で開催します。

電気バイク「XEAM」全車種のサーキット試乗会開催 【2019/9/7(土)@サーキット秋ヶ瀬】

免許は不問。原付二種を含めた全5車種に試乗できます

『電気バイク『NIU U』で「これでいいじゃん」を実感!』で取材したご縁で、メーカーの広報ご担当者からメールで試乗会開催の知らせをいただきました。要は「また来てね」っていうお誘いだったのですが、今回の試乗会は誰でも参加可能。私自身が行けるかどうかはさておいても、EVsmartブログ読者のみなさんにお知らせして、できるだけたくさんの方に電気バイクの魅力を体感してほしい! ということで、告知記事を掲載することにしました。まずは、開催概要です。

■会場/サーキット秋ヶ瀬
埼玉県さいたまし桜区大字上大久保1099

■開催日時/2019年9月7日(土) 10:00~15:00
※開場は9:45、最終受付は14:45

■参加条件/バイクの免許を持ってない方でも参加可能
※ヘルメット・グローブを持っている方は持参を推奨。貸し出しも可能(全てMサイズ)。
※先着順受付。車種試乗時間ごとに予約券が配布されます。
※混雑している場合は待ち時間が発生する可能性もあり。

■注意事項など
・試乗ごとの周回数は3周。スタートから1周は慣熟走行、2周目が本走行、3周目がクールダウンでピットインとなります。
・受付で走行時間と試乗車を予約後、走行前にレクチャーを受講する必要あり。

今回試乗できるのは全部で5車種。累計出荷台数700台を突破した「notteV2」(原付一種)、2019年3月から発売を開始し、大きな反響を得ている「niu U/Pro」(原付一種)、「niu M+/Sports」(原付二種)、ベーシックなデザインながらパワフルな加速が持ち味の「REET」(原付一種)、「REET S」(原付二種)と、今、XEAMブランドで発売されている全ての車種が登場。

事前申込は受け付けていないので当日の混雑次第ではありますが、試乗予約は先着順。もし試乗枠に余裕があれば全車種に試乗することも可能です。

車種紹介に免許種別を併記しました。原付一種は普通免許があれば公道でも運転できますが、原付二種(いわゆる50CC以上〜125CC未満)を運転するには小型限定普通二輪免許以上の二輪免許が必要です。でも、今回の試乗会会場はクローズドのサーキット。免許証の有無は不問で乗り味を確かめることができます。

私自身は高校時代二輪免許取得禁止だったのでついつい二輪免許は取得せずに生きてきてしまいましたが、原付二種の車種に乗って「やっぱこっちがいいや!」と感じるようなら、最近取得がますます簡単になったと噂の「AT小型限定普通二輪免許」を取るっていう選択肢もありますね。

原付一種の公道での制限速度は30km/hですが、サーキットなので制限速度もありません。コケない程度に攻めてみるのも楽しそう(主催者の指示に従ってください、ね)です。

レクチャーと試乗準備の所要時間は10分程度。各枠の試乗時間は5分間に設定されています。12〜13時は昼食休憩なのでご注意ください。

羽根倉橋の工事規制に要注意

EVsmartブログメンバーの箱守さんは埼玉県民で、秋ヶ瀬には「BBQとクルマ弄(いじ)り、楽器演奏の定番地」としてよく出かけるそうです。隣接する秋ヶ瀬公園にはBBQ道具をレンタルしてくれる『秋ヶ瀬公園 BBQサービス』もありますから、試乗&BBQを楽しむ休日にするのもいいですね。

ちなみに箱守さん情報によると、サーキットや公園の近く、荒川を渡る「羽根倉橋」で工事が行われていて、終日車線規制になっているとのこと。ご注意ください。

『国道463号「羽根倉橋」の片側交通規制にご協力ください』(さいたま市)

(寄本好則)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です