HakomoriTom のすべての投稿

テスラ・モデルYの発表は日本時間3月15日(金)正午 — ライブ速報を追加しました

「テスラ・モデルY」が発表されました。「モデル3」のパワートレインを使ったコンパクトSUV、航続距離は370km以上、436万円からで4つのグレード、オプションで7人乗り可能、量産は2020年秋に開始されます。噂のファルコンウイング・ドアは付きませんでした。[3/15発表後更新]

続きを読む


発表後に米テスラ社のサイトに登場したモデルYの画像。テスラ社の公式サイトより転載。

テスラ・ストアと価格に関する最新情報 — 閉鎖店舗数を減らし値下げ幅は3%に

2019年2月にテスラ社は、従来からある店舗の大多数を廃止して注文はオンラインに絞り、浮いた経費を使って全体の車両価格を6%程度引き下げると発表しました。(当ブログ記事)しかし3月10日に、この方針への若干の変更が発表されました。閉鎖する店舗数は半分に抑え、価格引き下げ幅も半分の3%程度となります。

続きを読む


テスラがモデル3に3万5000ドルの「スタンダード」をついに追加

米テスラ社は2019年2月28日(現地)、ついにモデル3にこれまでより安価な「スタンダードレンジ」など2車種の追加発売を発表しました。航続距離を短くして内装を簡素化、加速や最高速も抑えられていますが、換算価格で400万円を切ったテスラの登場は気になります。同時に、店舗を大幅に減らしオンラインショップにシフトすることや、「7日間または1,000マイル(約1600km)以内に返却すれば全額返金される」という驚くべきサービスの開始も発表しました。

続きを読む


ボルボの高性能車ブランド「ポールスター」が、電気自動車「ポールスター2」を発表

ボルボ傘下の高性能車ブランド「ポールスター」社は2019年2月27日、同社2台目の「ポールスター2」を発表しました。完全電気自動車(BEV)で2モーター・4WDの同車は、78kWhのバッテリーを積んで最大442km(EPA推定)の航続距離を達成、ナビやインフォテインメント・システムはグーグルのアンドロイドOSで動き、音声指示が幅広く可能になっています。ポールスター社は同日、予約を開始しました。

続きを読む


アマゾンがリヴィアンへ7億ドル投資、シェルはゾンネンを買収 — EVと再生可能エネルギーを中心に既存ビジネスが転換期

「第2のテスラ」と称されるEVベンチャーのリヴィアンに対し、米・アマゾンが主導する7億ドルの投資が発表されました。石油メジャーのシェルは欧州の蓄電池最大手、独・ゾンネンを買収します。電気自動車と再生可能エネルギー関連を中心に、世界の既存ビジネスが転換期を迎えています。

続きを読む


ピックアップはとかく無骨になりがちだが、Rivian R1Tは角の取れた直線や水平に繋がったリアランプなどでBEVらしい未来感を出すのに成功している。Rivianの公式サイトより転載。

中国が化石燃料車工場への投資を規制、新エネルギー車で世界をリードへ

中国政府は2019年1月10日から、化石燃料車工場の新設だけでなく既存工場の増設への投資も厳しく規制し始めました。CO2排出を抑えるだけでなく、電気自動車を中心とした新エネルギー車市場で技術・国際競争力を高め、世界をリードする狙いがあります。

続きを読む


リーフe+62kWhのバッテリー温度管理の追加情報と、ZE1の充電プロファイル更新

日産リーフe+62kWhが1月23日に発売されました。発表直後の10日に当ブログでは「EV目線」の速報をお伝えしましたが、その後、バッテリー温度管理などの情報が入りましたのでお伝えします。従来のZE1向けの充電プロファイル更新の情報もあります。

続きを読む


EV illustration with a businesswoman

テスラ社が中国で建設中のギガファクトリー3で起工式、2019年末までにモデル3を生産開始

Fred Lambert氏が編集長を務めるEV関連のニュースサイト 「Electrek」の2019年1月7日の記事 などによると、テスラ社は同日、中国に建設する「ギガファクトリー3」で起工式を行いました。初期工事は夏までに完了し、年末にはモデル3の一部生産を開始、本格的な大量生産は2020年に入ってから、また小型SUV「モデルY」もここで生産されるとのこと。
(写真は下記YouTube動画のキャプチャです)

続きを読む


Electrify America社が独・Hubject社と提携し、充電器に繋ぐだけで認証可能なサービス開始へ

フォルクスワーゲンの子会社で、全米に急速充電網を提供している「Electrify America(EA)」社が、充電インフラ・サービスのドイツ企業「Hubject」社と提携し、電気自動車に「充電プラグを繋ぐだけで自動的に認証を済ませて充電を開始してくれるシステム(PnCシステム)」を今後広げる契約を交わしました。テスラ車ユーザーがスーパーチャージャーで充電するときと同じような手軽さが他のEVにも実現しそうです。

続きを読む


日産が62kWhの電気自動車「リーフe+」発表。電池冷却システムは無いが新搭載方法で発熱に対処

日産自動車は2019年1月9日、62kWhの電池を搭載した「リーフe+(イープラス)」を発表しました。電池のエネルギー密度は25%、航続距離は40%向上し、最高出力とトルクがアップしました。今回も電池の冷却システムは搭載されませんでしたが、電池の搭載方法を変えて発熱を抑える設計となっています。日本での発売は1月23日、米国は春、欧州では今年半ばから始まります。

続きを読む