著者プロフィール

箱守 知己
フリーランスライター/大学・高校講師/翻訳者
箱守 知己
Hakomori Tomomi

1961年生まれ。青山学院大学、東京学芸大学大学院教育学研究科、アメリカ・ワシントン大学(文科省派遣)。職歴は、団体職員(日本放送協会、独立行政法人国立大学)、地方公務員(東京都)、国家公務員(文部教官)、大学非常勤講師、私学常勤・非常勤講師、一般社団法人「電動車輌推進サポート協会(EVSA:Electric Vehicle Support Association)」理事。EVOC(EVオーナーズクラブ)副代表。 電気自動車以外の分野では、高等学校検定教科書執筆、大修館書店「英語教育ハンドブック(高校編)」、旺文社「傾向と対策〜国立大学リスニング」・「国立大学二次試験&私立大学リスニング」ほか。

所属会社/組織

アユダンテ株式会社 Evsmartブログチーム/一般社団法人EVSA理事/EVOC副代表

専門分野

電気自動車/蓄電池/V2H/V2G/V2X/第二言語習得理論/音声学

メディア寄稿歴

Evsmartブログ

執筆した記事

欧州議会「2030年までにCO2を40%削減」を可決 〜 内燃車の終焉が現実味

欧州議会「2030年までにCO2を40%削減」を可決 〜 内燃車の終焉が現実味

ジャガーI-Paceの急速充電は84kWまで、「超」急速充電にはまだ対応できてない?

ジャガーI-Paceの急速充電は84kWまで、「超」急速充電にはまだ対応できてない?

ポルシェは2027年までには「911」以外は全モデルをBEV(電気自動車)にする方向か

ポルシェは2027年までには「911」以外は全モデルをBEV(電気自動車)にする方向か

Lucid Motorsがサウジアラビアの公共投資ファンドと提携 ~「第2のテスラ」いよいよ誕生か

Lucid Motorsがサウジアラビアの公共投資ファンドと提携 ~「第2のテスラ」いよいよ誕生か

オランダの住宅は「天然ガス」と訣別

オランダの住宅は「天然ガス」と訣別

新世代電池セル「NMC811」の大量生産に遅れ

新世代電池セル「NMC811」の大量生産に遅れ

乗合い使用の電気自動車テスラ・モデルXが、48万キロを走行しバッテリーは12.6%劣化

乗合い使用の電気自動車テスラ・モデルXが、48万キロを走行しバッテリーは12.6%劣化

BYDは世界最大のEV用電池工場で、トップのCATLを出し抜く構え

BYDは世界最大のEV用電池工場で、トップのCATLを出し抜く構え

VWが「充電カード」導入とアプリ「EasyEV」のバージョンアップで同社BEV・PHVユーザーへのサポートを強化

VWが「充電カード」導入とアプリ「EasyEV」のバージョンアップで同社BEV・PHVユーザーへのサポートを強化

ドイツ・ハンブルク市がディーゼル車の一部街路への乗り入れを禁止[7/13追記]

ドイツ・ハンブルク市がディーゼル車の一部街路への乗り入れを禁止[7/13追記]

全米初: 新築住宅に太陽光発電パネル設置を義務づけたカリフォルニア州

全米初: 新築住宅に太陽光発電パネル設置を義務づけたカリフォルニア州

テスラの大規模蓄電池の成功がもたらした驚くべき結果

テスラの大規模蓄電池の成功がもたらした驚くべき結果

Electrify Americaの充電スポットでは、今後はCHAdeMOのサポートは最小限に

Electrify Americaの充電スポットでは、今後はCHAdeMOのサポートは最小限に

25万7千キロ走っても、テスラのバッテリー劣化は10%以下

25万7千キロ走っても、テスラのバッテリー劣化は10%以下

フォルクスワーゲンの大規模電池工場 ~ 年間50万台分

フォルクスワーゲンの大規模電池工場 ~ 年間50万台分

ガソリン車より電気自動車が売れる2018年のノルウェー ~ 消費者のPHEVからBEVへの回帰も明らかに

ガソリン車より電気自動車が売れる2018年のノルウェー ~ 消費者のPHEVからBEVへの回帰も明らかに

家庭用蓄電池システム「トライブリッド」

家庭用蓄電池システム「トライブリッド」