中国製電気自動車 ORA R1 を世界が絶賛! 100万円で200km以上を実現

中国の自動車メーカー『Great Wall』(長城汽車)が、100万円以下で買えて一充電で200km以上走れる小型電気自動車(EV)『ORA R1』を中国国内で発売。世界中で話題となっています。「EVは高価」という常識を覆すORA R1の登場を、はたしてどのように評価するべきなのでしょう。

たとえば、アメリカのウェブメディア『Clean Technica』は、2019年1月4日付けのニュースとして ORA R1 の発表を紹介。中国国内の補助金制度を利用した場合、約8700ドル(1ドル110円として約96万円)〜約1万1000ドル(約121万円)で発売されることを、驚愕しつつ好意的に伝えています。

『Great Wall ORA R1 — An Electric Car With ~140 Miles Of Range For Less Than $10,000』(Clean Technica)

中国の自動車メーカーは日本であまり知られていません(私自身もあまり知らない)が、長城汽車は1980年代に設立、2003年に香港証券取引所に上場。公式ウェブサイトの会社概要では「China’s largest SUV and pickup manufacturer」を自認するなど、注視すべき実績があるメーカーです。2017年には『ジープ』ブランドの買収に意欲を示しているとしてニュースにもなりました。

公表されている ORA R1 のボディサイズを軽自動車の規格(カッコ内)と比較してみましょう。

全長/3495(3400)mm
全幅/1660(1480)mm
全高/1560(2000)mm

全長と全幅が少し軽自動車規格より大きいですね。軽自動車と日産ノート(全長4100×全幅1695mm)などコンパクトカーとの中間的なサイズです。充電口は、リーフのようにフロントグリル中央のロゴが入ったカバーの中にあります。

33kWh(想定外の大容量!)と伝えられている電池は床下に搭載。最高出力35kW(約48PS)のモーターによるFFレイアウトを採用しています。航続距離は351km(200マイル以上!)と発表されていますが、Clean Technica の記事でも「現実的には140マイル(約225km)程度だろうと推測されています。ともあれ、100万円で200km以上です。モーターが小さいし、条件がよければ本当に300kmくらいは走れてしまうのかも知れません。

軽自動車として市販された三菱i-MiEVのモーターは、軽自動車規格最大の47kW(約64PS)ですから、ボディサイズは軽自動車より大きい(i-MiEVも軽ではなくなりましたが)けれど、モーターのパワーはやや控えめというイメージです。

『ロケットニュース24』さんも絶賛

ORA R1については、かつて『ロケットニュース24さん「電気自動車は今は買い時ではない」への反論?』で取り上げたように電気自動車に関する情報をしばしば紹介している『ロケットニュース24』でも、『これは安い! 中国の車メーカーが約94万円の電気自動車を発売 / デザインもスペックも実用的で言うことなし!!』と絶賛する記事が掲載されています。

この値段、そして33kWhもの電池を搭載したスペックはともかく、デザインも「言うことなし!!」かどうかは、これまた意見の分かれるところですが。

欧米や日本で、こういうブサカワ系デザインの自動車が大ヒットすることは少ないですし、中国においても「価格で勝負!」する、日本でいうなら軽自動車的ポジションのEVということになるのでしょう。

日本では発売されないのか?

ORA R1 の発売は、今のところ中国の国内向けのみと発表されています。日本はもちろん、欧米での発売も予定されていないようです。

そもそも、日本で中国製の乗用車を買うことは、現状ではほとんど不可能です。中国政府が乗用車の輸入を規制していたりするのが主な原因かと思っていましたが、実情としては、中国のメーカーが国内向けの対応にまだ手一杯で、日本の車検に対応した安全基準を満たす検査などをやる気がない、ということのようです。つまり、中国メーカー側の姿勢として、日本の市場は眼中にない、ということですね。

中国製乗用車の信頼性に対する、日本のユーザーの疑念もあるでしょう。実際、中国版テスラと呼ばれ、フォーミュラEに参戦するなど話題になっている NIO でさえ、2018年に国内向けの納車を開始したものの、かなり深刻なトラブルが頻発してクレーム対応や車両の改良に追われていると聞きます。仮に日本の車検に適合しても、日本の幅広いユーザーに支持されるのは難しいでしょう。
(中国や韓国製EVを日本国内で購入する可能性については、別途調べてみたいと思います)

したがって、 ORA R1 が日本で普通に買えるようになることは、当面の間ありません。

軽自動車が一番売れる日本でこそこういうEVを!

とはいえ、中国国内でしか発売されない小さくて奇抜なルックスをもった電気自動車のニュースが、イギリス、アメリカ、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ロシア、ノルウェー(ニュース記事のドメインから推察)など、世界各国で発信されて注目され、賛辞を送られているのは事実です。

サイズや出力、値段も軽自動車レベルの ORA R1。考えてみれば、今の日本で一番売れている自動車は軽自動車です。日本には三菱のi-MiEVがありますが、デビューから約10年が経過して、バッテリー容量や車両価格は ORA R1 とは勝負にならない感じです。

軽自動車は「ガラパゴス規格」とも揶揄されてあまり輸出されていませんが、低速トルクの強さが持ち味のEVであれば、世界に通用する「自動車」が誕生する可能性が高い気もします。

おりしも、日産と三菱自工が設立した「NMKV」が、もうすぐ軽自動車の新しい電気自動車を発表するのではないかという噂を耳にしています。軽自動車は日本のお家芸。まがりなりにも、100万円で200kmを達成した ORA R1 のインパクトに負けない、魅力的な軽電気自動車の登場に期待しています。

(寄本好則)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています


8 thoughts on “中国製電気自動車 ORA R1 を世界が絶賛! 100万円で200km以上を実現”

  1. やはり中国のメーカーが先行、注目してます。アッパレです。
    日本のメーカーにはEV軽は期待出来ませんが、早く日産、三菱両社からの発売に期待したいと思います。
    ORA R1サイズならパッソ、EVならあの3気筒エンジンにうんざりする事も無くなります(笑)

  2. 今の日本では中国の車はパクリカーというイメージだと思いますが、急激な進歩を遂げていると思います。中国が本気で輸出しだしたら、他の家電や電子機器、通信機器のようになってしまうのではと思っています。日本の自動車メーカーも売れるからではなく一歩先行くような車を出してほしいです。

    1. 内藤さま、コメントありがとうございます。

      同感です。

      いっそ中国製であっても、より多くの人が買いやすいEVが増えるといいなと思いますし、EVならではの使い方、社会的な機能(お手軽V2Gとか)を提案してくれるプロダクトの登場に期待しています。

  3. 杉原さま、コメントありがとうございます。

    日本でEVがなかなか普及しない最大の要因は「車種のバリエーション、選択肢が少ないこと」だと思っています。日本メーカーの軽EV、個人的にはとても期待しているんですけどねぇ。

  4. 中国製の電気自動車は低価格ですね。これが世界市場に何れは広まるのではと思います。電気自動車の充電料金も安いですし、オイル交換の必要もないですからランニングコストは安上がりになりますね。公害もないし、地球温暖化対策は世界の課題ですから電気自動車は普及させなければならないことです。電気自動車の自動運転も市内なら安全にできそうですね。お年寄りにも乗れるとしたら高齢化していく世代に買い物の不安がなくなりますね。世界に普及している電気自動車に日本も頑張って欲しいです。

    1. 奥田竹志さん、コメントありがとうございます。

      私見ですが、たとえばドローンがエンジンだったらこんなにブレイクしなかったでしょうし、乗り物としてEVの優位は疑いようがないところまできていると思います。別に、ライフスタイルに合った中華EVが安く買えるようになるならそれでもいいのですが、将来的に、私たち日本人が豊かに暮らしていけるようにするためにも、自動車メーカーや電力会社、インフラ設置(ことに高速道路)関係者には、現実をかみしめてほしいと感じます。

      微力ですが、吠え続けるので、一緒に吠えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です