電気自動車は充電時間がかかる?

結論:普段の生活では、電気自動車の充電時間を意識することはありません。夜のうちに勝手に満タン。しかし長距離移動の場合には、途中の充電スポットで30分以上充電する必要があることも。(2015/11/28更新)

一つ前の記事でも書きましたが、電気自動車の基本のキは「自宅充電」もしくは「常置場所充電」(会社の車庫など)です。そのため、遠出するとき以外は充電時間を気にする必要はまったくありません。逆にガソリンスタンドに行かないので、その分時間が節約になってしまうくらいです。

目次

  1. 遠出の時は充電計画を
  2. どれくらいの間隔で充電するの?
  3. 高速道路/一般道 での充電
  4. 私(テスラモデルS)の場合

遠出の時は充電計画を

遠出の時は日産リーフにしろテスラモデルSにしろ、レベルの差こそあれ「充電計画」が必要です。これはガソリン車(ICE)にはなかった手間ですので、慣れるまでは少し煩雑に感じるかも知れません。ただ数回長距離の旅行をして慣れてしまえば、電気自動車を使ったゆったりとしたペースに体が合うので、多少余分に時間はかかるものの、トータルとしてのストレスレベルは高くなく、逆に疲れが非常に少ないものです。

* ICE … ガソリン車
* BEV … 電気自動車

どれくらいの間隔で充電するの?

リーフのように100-200km前後の航続距離の電気自動車(BEV)では、基本的に100kmか50kmごとに充電していきます。冬の間や標高の高い場所に行く場合には、50km-70kmごとに、夏の間や標高の変化の少ない場所に行く場合には100-120kmごとです。

高速道路/一般道 での充電

高速道路を使って移動する場合には、高速道路のサービスエリアのチャデモ(CHAdeMO)規格の急速充電器を使いますが、設置台数が1か所あたり1-2台のため、充電待ちが発生することがあります。高速道路会社によってはWebサイトなどで急速充電器の使用状況をチェックできるようにしているところもありますので、それらを活用し、待ちのない充電器を使用するのがベストです。サービスエリアより、少し規模の小さいパーキングエリアの急速充電器のほうが一般的に空いています。
充電時間は、リーフの場合30分間で80%以上充電することができますので、バッテリーの残量に応じて15分から30分充電すればよく、サービスエリアの場合には30分間の長めのトイレ休憩を計画すればよいことになります。

一般道の場合には、日産・三菱の自動車ディーラーや道の駅が頼りです。24時間営業しているところは案外少ないので気を付けます。公共施設などは平日昼間だけで、土日営業していないケースもあります。

私(テスラモデルS)の場合

1054

テスラモデルSは、航続距離が長いだけに充電にも時間がかかりそうと思われがちですが、テスラ社が自前で設置する急速充電器「スーパーチャージャー」では、30-60分(多くの場合40分で十分)でほぼ80%〜満タンにできます。30分のちょっと長めのトイレ休憩を取れば、また200-300km先までノンストップで行けるわけです。例えば東京から京都まで約470kmを、80km/hでエアコンなしならギリギリですがノンストップで行けます。冬場に暖房を使いつつ流れに乗って走ると、東京から名古屋がギリギリになってしまいますが、浜松で充電すれば余裕で行くことができます。

スーパーチャージャー以外の、チャデモ(CHAdeMO)規格の急速充電器は便利な高速道路のサービスエリアなどにも設置されています。途中で充電する必要がある場合には、私は高速道路上では20-45分、それ以外の道の駅や食事場所では最大60分くらい、宿泊場所等では朝まで充電するようにしています。

こう書くと30分は最低でも充電しなければならないのか、と感じる方もいらっしゃると思います。充電は、ガソリンを入れるように車内にいなければならないわけではありませんので、5分とかでも可能なのです。例えば本当にトイレにしか行かない予定なら、10分間の充電でも、37.5km走行できるだけの電気を充電できます。
例を挙げてみます。例えばモデルSで500km先まで旅行するとしましょう。まず最初は2時間ノンストップで200km走行すると仮定します(流れに乗って走行する場合、東名路線で平均時速は80km/h台ですが、仮に平均時速が100km/h出るとします)。バッテリーは満タン380kmですから、380km→180kmに減っています。ここで20分トイレのみ休憩しましょう。充電後は、180+20×3.75=255kmに回復します。また2時間運転して200km走行します。すると255km→55kmですね。ここでまた20分休憩するついでに充電すると、充電後は、55+20×3.75=130km。目的地は100km先ですから、このまま目的地に向かえば、目的地では130km-100km=30kmで、余裕を持って現地に到着することができます。
目的地では、目的地充電があるととても便利です。翌朝にはまたバッテリー満タンで出発することができます。

バッテリーの容量が大きければ、500kmという長距離でも充電時間を「待つ」ことなく、最低限必要な休憩だけで到着できるのです。