BMWが225xe, 330eのPHEVを発表(1/26日本でも発売開始)

2015年のフランクフルトモーターショーになぜか先駆けて、2015年9月3日、BMWより225xeと330eという二車種のプラグインハイブリッド車(PHEV)が発表されました。225xeは2シリーズアクティブツアラーのPHEV版となり、5名乗車のミニバンという位置づけになります。また330eは3シリーズセダンです。

BMW 225xe and BMW 330e

このリリースで、BMWはプレミアムなファミリーカーのど真ん中にPHEVを投入するということになります。BMWは今まで純電気自動車(BEV)のi3とレンジエクステンダーのi3 REX、PHEVスポーツカーのi8、SUVのX5 xDrive 40e(ここまで日本導入済み)そして大型セダンの740e(日本未導入)をリリースしていましたが、これでPHEVのラインアップが強化されることになります。写真は手前が330e、奥が225xeです。

※なお9月8日より、BMW X5 xDrive 40eが予約受注開始しました。価格は927万円より。三菱自動車工業のアウトランダーPHEVとは異なり普通充電のみの対応。
※2016年1月27日追記:1/26日付けで日本でも両方とも販売開始になりました。

BMWプレスセンターはこちら。非常に細かく記載してありますが、要約してお伝えします。

目次

  1. 自宅周辺ではゼロエミッションのドライビング
  2. eDriveの特徴
  3. eDriveの性能
  4. BMW 225xe, 330eスペックとeDrive比較

自宅周辺ではゼロエミッションのドライビング

BMW eDriveは、BMW iシリーズやBMWのプラグインハイブリッドモデルに搭載されている新しいドライブトレイン技術です。BMWのTwinPowerターボエンジンと最適な空力特性に加え、BMW eDriveはパワーを向上し、燃料を節約し、CO2排出を減少させます。自宅周辺では電気だけで走行できるためゼロエミッションを達成できると同時に、エンジンとモーターを組み合わせることで長距離もカバーできます。
BMW eDriveの電気モーターの瞬発的な大トルクのおかげで、非常にダイナミックな発進加速を味わうことができます。加速中にエンジンとモーターの両方のトルクを使うeBoost機能を使えば、BMWらしい運転の楽しみをいつでも楽しめます。

eDriveの特徴

BMW eDriveにはモーター、高電圧のリチウムイオン電池とその電気をモーターに伝えるパワーエレクトロニクス部品が含まれます。すべてのBMWプラグインハイブリッドモデルは、eBoost機能を持ち、TwinPowerターボエンジンとモーターを同時に稼働させることにより、クイックな応答を確保しています。eDriveは、必要に応じて外部から充電することもできますし、ブレーキ回生により電気を回収し、効率を高めることができます。BMW eDriveのアーキテクチャはそれぞれの車両のコンセプトに合わせて作られ、4気筒または3気筒のエンジン、そして後輪駆動・xDriveおよび電動の四輪駆動にも適用できます。

最初BMW iシリーズのために作られたeDriveは、主力車種の他のモデルにも導入していきます。スケーラブルなアーキテクチャにより、プラグインハイブリッド車を、同出力程度のエンジン車に見合う価格で提供できるので、お客様は電動車両による環境のメリットだけでなく、経済的にもメリットを受けることができます。

eDriveの性能

BMW X5 xDrive 40e
BMW X5 xDrive 40e
BMWのプラグインハイブリッド車では、走行開始時は電気だけでスタートし、低速および中間の速度域では、この電気だけで走行するモードを優先することにより、自宅周辺のゼロエミッションを実現します。アクセルを強めに踏み込んだり、高速度域に入った場合には、エンジンが始動し、両方のトルクを適切にコントロールすることでダイナミックな走りをサポートします。もちろん、eDriveにより、高速度域でもモーターがアシストしてエンジンが高効率で作動できるようにするので、クイックな長距離移動や高速道路での走行でも燃料消費を抑えられます。
BMW i8、BMW X5 xDrive 40e、BMW 330eとBMW 740eでは、MAX eDriveモードボタンを押すことにより、モーターだけで120km/hで走行でき、225xeでは125km/hでの走行が可能です。この状態では、アクセルペダルをキックダウン位置より深く踏み込んだ場合にのみ、エンジンが介入します。SAVE Batteryモードでは、後でEV走行をするために、バッテリーの充電を保持し、バッテリーの充電が50%を切るとバッテリーは充電されます。セレクターレバーでSをセレクトすると、モードに関係なくエンジンが始動し、両方のシステムが同時に使えるようになり、バッテリーの充電レベルも80%にキープされます。

BMW 225xe, 330eスペックとeDrive比較

225xeと330eのスペックを表にしてみました。また、BMWのPHEVラインアップを整理する意味で、他のeDrive車両も並べて比較してみました。
電気自動車ファンの方は、これらのPHEVは急速充電をサポートするのか?という点が気になると思います。BMW i3を除き、BMWのすべてのPHEVは普通充電のみのサポート。基本的には自宅で充電するか、買い物中にショッピングセンターで普通充電するのがメインとなります。

 エンジンモータートータルトルク燃費(NEDC)0-100km/h最高速度 バッテリーのみでの走行距離駆動方式バッテリー容量
BMW 225xe3気筒100kW/136馬力65kW/88馬力165kW/224馬力385Nm47.6km/l6.7秒202km/h41kmモーター/前輪駆動、エンジン/後輪駆動、同時四輪駆動可7.7kWh
BMW 330e4気筒135kW/184馬力65kW/88馬力185kW/252馬力420Nm47.6km/l6.1秒225km/h40kmモーター/後輪駆動、エンジン/後輪駆動7.6kWh
BMW i3 REX2気筒25kW/34馬力125kW/170馬力125kW/170馬力250Nm166.7km/l7.9秒150km/h170kmモーターのみ/後輪駆動18.8kWh
BMW i83気筒170kW/231馬力96kW/131馬力266kW/362馬力320Nm47.6km/l4.4秒250km/h37kmモーター/前輪駆動、エンジン/後輪駆動、同時四輪駆動可7.0kWh
BMW X5 xDrive 40e4気筒180kW/245馬力83kW/113馬力230kW/313馬力450Nm29.4km/l6.8秒210km/h30km四輪駆動9.0kWh
BMW 740e4気筒190kW/258馬力70kW/95馬力240kW/326馬力500Nm47.6km/l5.6秒240km/h40kmモーター/後輪駆動、エンジン/後輪駆動9.2kWh


「BMWが225xe, 330eのPHEVを発表(1/26日本でも発売開始)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です