MINIクロスオーバーPHEVを発表・発売開始

BMWグループのMINIから、2017年2月発表のMINIクロスオーバーPHEVがいよいよ7月から発売開始。MINIとしては初の電動車両であるこの車、BMWの225xeとほぼ兄弟車と言ってもよいような駆動機構を持っています。

MINIはもともと1959年から生産・発売されていた、4人乗車のFF横置き小型乗用車(イギリス車)だったのですが、最終的に2001年にブランドごとBMWに売却され、全く新しい設計で生まれ変わった車です。MINIクロスオーバーというのは海外ではMINIカントリーマンと呼ばれており、もともとのBMC時代(BMC→ローバー→BMW)に1960年から存在している4ドアステーションワゴン(欧州ではエステートと呼んだりします)、すなわちドアが4枚でトランクが分かれておらず、後部座席を倒すことによりトランク容量を増やすことのできる乗用車がそのルーツとなっています。
BMW時代に入ってからは、このステーションワゴンのタイプはなぜかクラブマンという名称に変更され、カントリーマンはステーションワゴンの車高をもう少し高めたサブコンパクトCUVに分類されています。つまり大きなくくりではSUVであり、CUV=Crossover Utility VehicleのCrossoverを取って、日本国内ではMINIクロスオーバーと呼ぶことにしたのですね。個人的にはオリジナルの名前のカントリーマンも分かりやすい気がするのですが。BMWの新世代FFプラットフォームであるUKL2を採用しています。

さて、MINIにプラグインハイブリッド機構を組み込む上でやはり問題になるのがバッテリーの搭載です。MINIクロスオーバーPHEV、正式名称「MINI Cooper S E Crossover ALL4」は7.6kWhのバッテリーを搭載していますが、やはりバッテリー搭載により後席が多少高くなったり、トランクの床面が多少高くなったりする影響を最小限に抑える意味で、背が高く最後部まで余裕があるCUV/SUVスタイルの車をPHEV化するのが最も楽なのですね。
7.6kWhバッテリーだけで走行できるEPA航続距離は19kmですので、基本通勤距離程度のみをカバーすると考えてよさそうです。急速充電には非対応、普通充電に対応しており、充電時間は約3時間とのこと。200V 15Aと思われます。
そしてもう一つ面白い点は、クロスオーバーの非PHEVモデルは2種類の2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載するのに対し、PHEVはガソリンエンジンとモーターの組み合わせとなっていることです。運転のしやすいディーゼルターボはどうしても振動が大きくなってしまうのですが、モーターはディーゼル以上に低速トルクが太く運転しやすい特徴があるため、それなら静かなガソリンエンジンのほうが合うだろう、という発想なのかも知れません。私個人的には、良く考えられたラインアップだなと感じました。
正式名称のALL4はBMWでいうxDriveと同じ、前輪をエンジンが駆動、後輪をモーターが駆動していますので、四輪駆動だけどフロア中央をドライブシャフトが通過しておらず、車内が広く使えます。

グレードクロスオーバーPHEVクロスオーバーDクロスオーバーD ALL4クロスオーバーSD ALL4クロスオーバーJOHN COOPER WORKS
排気量1498cc1995cc1995cc1995cc1995cc
エンジン出力100kW110kW110kW140kW170kW
エンジントルク220Nm330Nm330Nm400Nm350Nm
モーター出力65kW
モータートルク165Nm
システム出力
(エンジン+モーター)
165kW
システムトルク
(エンジン+モーター)
385Nm
0-100km/h加速6.8秒8.8秒8.7秒7.4秒6.5秒

各グレードの動力性能スペックを一覧にしてみるとこんな感じ。PHEVモデルは最高グレードのJOHN COOPER WORKSモデルとほぼ同等の動力性能を持つことが分かります。もちろんそれでいて低速時にはPHEVモデルのほうが圧倒的にトルク感のある走りやすさなわけですから、本命のモデルと言っても言い過ぎではないのではないでしょうか。


「MINIクロスオーバーPHEVを発表・発売開始」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。兄弟車の兄(たぶん)の方BMW225exに乗ってますが、EV走行はこの時期エアコンのオンオフで2割以上違いました。20℃だと街中信号で止まるとかなり早く電力消費されます。それで20kmほど。夜だとホントに30km。巡航だとカタログデータを越えました!意外にエンジンとのつながりもいいし、加速も悪くない。ベタ踏みすると良い立ち上がりします。追い越し加速であの位い立ち上がれば十分早い。モーターの立ち上がりとターボのトルクで速度20km/hプラスするなら、同じパワー/ウエイト・レシオのガソリン車の2割以上は早い感覚です。ところが問題はなのはやっぱり電池容量。しょっちゅう充電です。(Maxeモードなので・・・。) あと倍あれば90点の車。あとは10点はレベル2のアシストと価格。テスラのモデルX100と足すと2000万越え。うーん。どちらもいい車かもしれないがもう少しエギゾチックだと払った甲斐が出てくるかも。2車とも走るし脚もいいが向いてる方向はエコですね。

    1. 9月にオーナー様、コメントありがとうございます!
      225xe、家族用の車として最適ですね。EPA航続距離も40kmとかなり充分だと思います。なかなかパフォーマンスも良さそうで二台持てる方には最適かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です