結局電気自動車にすると自宅の電気代が上がるからガソリン代より割高じゃない?

結論:ガソリンがレギュラー100円でも、電気自動車の自宅充電にかかる電気代は、同クラスガソリン車と比較して安くなりますし、工夫することで半分以下にすることもできます。日産リーフで実燃費20km/l相当。これは日本国内で販売されている、軽自動車を含めてほとんどの乗用車より高燃費です。テスラモデルSでも15km/l相当です。

電気自動車(BEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は自宅または職場などの常置場所で充電するのが一般的です。もちろん、それらの設備を持たずに公共の充電スポットだけでBEV/PHEVを所有することは私はお勧めしませんが、技術的には可能です。本記事ではこれらの二つのパターンを分析し、燃料費という観点でBEVとガソリン車の比較をしてみたいと思います。なお、BEVを維持するには電気代以外にもコストがかかりますが、一般的にそれらはガソリン車より低いと考えられています。例えば、BEVにはエンジンオイルがありませんのでオイル交換は必要ありませんし、AT(トランスミッション)がありませんのでATFも交換不要です。BEVにもラジエーターはありますが、油を燃やしているわけではありませんので、ずっと小型で、ラジエーター液も基本的には交換不要です。ブレーキもBEVでは感覚的に半分くらいのブレーキングにおいて回生ブレーキという、ブレーキパッドを使わない減速方法が取られるので、ブレーキパッドやブレーキディスクの減りも非常に少なく、交換頻度も半分以下だと感じます。

目次

  1. 電気自動車とガソリン車の燃費比較: 前提条件
  2. 自宅充電の場合
  3. 公共の充電スポットのみを使った場合

電気自動車とガソリン車の燃費比較: 前提条件

このような比較をする場合、いくつか前提条件がありますので、共通の前提条件を定めておきましょう。どの数字も、実際の値を私の方で調査し、少しだけガソリン車に有利な数値に丸めてあります。前提条件が何らかの理由で崩れることがあっても、計算しなおすことは可能ですので、慌てる必要はありません。輸入車などではハイオクガソリン仕様の車も多いと思いますが、今回、ガソリンはレギュラーのみで計算します。すべてのコストは税抜です。

項目前提値
レギュラーガソリン1リットル100円
昼間の電気代30円/kWh
夜間の電気代13円/kWh
日産リーフ電費6km/kWh(166Wh/km)
日産リーフZESPスタンダード3000円/月
テスラモデルS電費4.5km/kWh(222Wh/km)
NCS急速充電器用カード3800円/月
NCS急速充電器都度料金15円/分
ガソリン車燃費データe燃費 国内メーカー燃費ランキング
年間走行距離10000km

自宅充電の場合

自宅充電BEVが自宅車庫か職場車庫かで充電する時間帯や料金体系は異なるかも知れませんが、まずは電気料金が高い昼間に充電する前提で計算してみましょう。BEVで最も売れている日産リーフの場合、1kWhという量の電力量を使って、6km走行することができます。この電費は私がインターネットでの情報を参考にピックアップしたもので、もっと良い人もいらっしゃると思いますし、もっと悪い人もいらっしゃるでしょう。夏と冬、寒冷地かどうかによっても異なると思いますが、平均的な値と考えてください。1kWhがどのくらいか分からない?そうですね、女性のドライヤーが1500W(WhでもkWhでもありません、Wというのは瞬間の電力なのです)くらいですので、1kWhはドライヤーを40分連続で使ったときの電力量に相当します。結構多いですよね。リビングにある60Wの蛍光灯1個なら16時間つけっぱなしです。電気代は、この1kWhという単位を元に計算されています。
前提条件から昼間の電気代は1kWhあたり30円(すなわち、ドライヤー1分当たり0.75円)となります。つまり、6/30=0.2(km/円)で、1円払うと0.2kmすなわち200m走行できます。じゃレギュラーガソリン1リットルを買うため100円払うと、100×0.2=20(km/100円)、すなわち20km走行でき、ガソリン車に換算すると20km/lとなります。
ここで前提条件のe燃費 国内メーカー燃費ランキングを見てください。e燃費はユーザーの報告で成り立っていて、この燃費は日本全国の平均的な値だと思われますが、もし日産リーフが20km/lならダイハツさんの軽自動車ミライースを抜いて国内モデル7位ですね。あくまで、実燃費で比較していることに注目してください。リーフの上には6車種中4車種が軽自動車、残りの2車種はトヨタさんのハイブリッドです。リーフは3ナンバーですので、この中では一番大型の車になります。
夜間の電気代でも計算してみましょう。1kWhあたり13円ですから、6/13=0.46(km/円)、0.46*100=46km/lとなります。東京電力には残念ながらBEV用に使える深夜電力のプランは存在しないので、夜間の電気代を安くするには昼間を高くするしかありません。夜間の安い電気料金が使えるかどうかは地域によって異なりますが、深夜電力が使える地域、または東京電力などでも昼間自宅にいない世帯などでは、電気のプランを切り替えることによって維持費をぐっと下げることができます。

では今度は大型のBEVであるテスラモデルSで計算してみましょう。
同様に昼間の電気代では4.5/30*100=15km/l、夜間の電気代では、4.5/13*100=34km/lとなります。普段車に乗られる方なら、15km/lでも十分凄いということがお分かりいただけると思いますが、テスラモデルSは400馬力を超える車。ガソリン車で比較するなら軽は不公平ですから、3001cc以上のデータで比較してみましょう。テスラモデルSは3001cc以上のクラスで、余裕のNo.1高燃費となります。夜間充電の場合は同クラス車の3倍の高燃費、逆に言えば月間のガソリン代は3分の1です。

結論としては、BEVはどうやって充電しても、自宅充電・職場充電である限り、ガソリン車より燃費が良いということが分かりますね。

公共の充電スポットのみを使った場合

公共の充電スポット自宅がマンションなどで自宅充電ができない場合は、公共の充電スポットを日常的に利用している方もいらっしゃいます。公共の充電スポットには無料のところも有料のところもあり、有料のところにも料金が高いところと安いところがあります。無料の充電スポットはどんどん増えているとはいいがたい状況ですので、この記事では有料スポットで一般的な充電スポットである、日産ディーラーと、日本充電サービス様の管理するNCS充電スポットを例に挙げて計算します。
日産リーフの場合、車を新車で購入すると「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム(ZESP)」に加入することができます。このプログラムにはZESPスタンダードという月3000円のプランがあり、公共の充電スポット(日産ディーラー+NCS充電スポット)は使い放題となります。ここだけで充電すると年間のコストは12×3000=36000円、それで1万km走れるわけですから、10000/36000×100=27km/l相当ということになります。あれ、昼間の自宅充電よりは得ですが、夜間の自宅充電よりは損ですね。ZESPは電気代だけを担保するものではないので単純には検討できませんが、公共の充電スポットをメインに利用する方は知っておいて良さそうです。
テスラモデルSの場合、パターンは二つあります。テスラ様が提供しているスーパーチャージャー(SCと略)のサービスは本記事現在まだ全国に5か所(六本木、台場、横浜戸塚、京都山科、神戸ポートアイランド)しかありませんが、これらは無料です。SCだけしか使わない場合、完全に無料ですから電費の計算はできません(笑) SCのみのパターンは置いておいて、逆にSCをまったく使わず、公共のNCS充電スポットのみを利用したパターンを計算してみましょう。NCSの料金は月額3800円ですが、テスラ車の料金プランでは急速充電器を利用するたびに都度料金がかかります。月額料金分は、年間で12×3800=45600円。都度料金はちょっと計算が面倒ですが、以下のように算出します。

  • 10000kmを走行するために4.5km/kWhの電費で走行すると、10000/4.5=2222kWhの電力量が必要
  • NCS充電スポットの都度料金は1分15円すなわち1時間900円だが、この時間で40-50kWhの充電が可能
  • 40kWh可能とすると、1kWhあたりの電気代は900/40=22.5円/kWh、2222kWhでは50000円
  • すると年間合計コストは45600+50000=95600円、ガソリン車に換算すると10000/95600×100=10km/l

モデルSでは、日本国内の平均的な乗用車の年間走行距離である1万kmをNCS充電スポットのみを使用して走行した場合、レギュラーガソリン100円の前提で、燃費10km/lのガソリン車と同等の燃料費を達成できることが分かりました。この10km/lは昼間充電の場合の15km/lよりかなり悪くなりますので、自宅/職場充電を実行するか、無料のスーパーチャージャーを活用することで、電気代を下げることが可能です。また、月額の定額部分がありますので、走行距離が年間1万kmを超えれば超えるほど、1km走行あたりの費用は抑えられます。

さて、いかがでしょうか。電気自動車の電気代は、どうやって計算しても、ガソリン車より多少安いか、環境が整えば半額以下で収まることがお分かりいただけると思います。電気自動車のメリットはたくさんありますが、燃料費(電気代)が安く上がることも魅力の一つです。


「結局電気自動車にすると自宅の電気代が上がるからガソリン代より割高じゃない?」への25件のフィードバック

  1. EVユーザーです。乗り始めて2年になります。
    自動車の評論家も含めEVの事をよく知らず想像で色々と間違えた事をネット上で発信している人が多いなと感じます。この電気代の件もそうです。色々な人に電気代高いのによく乗るねと何度も言われました。毎回、ガソリン代よりはるかに安い事を説明しています。最近はEVとうまく付き合っているユーザーが正しいことを発信していかなければと思い始めました。

    1. 金やん様、お世話になっております。コメントありがとうございます。
      電気自動車は非常に新しく歴史の浅い乗り物です。なので、既存の考え方ではなかなか理解しにくいものなのでしょうね。電気代を始め、維持費やバッテリーの劣化、はたまた交換費用のことなどまで、電気自動車をお乗りでない方は不安が多くあるのだと思います。確かに電気自動車やPHEVはまだ完成された技術ではないと思いますが、進歩が早く、これからさらに発展し、将来性のある技術だと思います。

  2. ガソリンには現在1リットル当たり53.8円もの税金が課されています。
    それについてどうお考えですか?

    1. 佐藤様、ご質問ありがとうございます。通称ガソリン税は53.8円、軽油引取税は32.1円ですね。これらは今は一般財源化されていますので(=道路以外の財源として使っても良い)、自動車の燃料だけに重く課税するのは不公平と言えると思います。ただ地方自治体など財源に悩むところは多そうですので、名前を変えて炭素税とかになっちゃうかも知れません。電気自動車の電力に課税という考えも一部にはあるようですが、電気1kWhは家で使うものも工場で使うものも自動車で使うものも全く同じものですので、自動車用だけ料金を高くするというのは技術的に不可能かと思われます。

  3. Tesla Model Sに乗り始めて2ヶ月の関西在中のオーナーです。
    ブログ大変興味深く見させてもらっています。
    控えめに計算されているの1700キロ走った実際の電費を発信します。
    ざっとの計算ですが2500円程度です。(電気代はまとめて請求になるので・・・)
    我家はALL電化にしており23時以降は1Kw=11.07です。
    充電は夜間(23〜7時)でしかしないので 100キロ走行で200円、1000キロで2000円というところです。(走行距離×2倍で計算できる)
    またドライブ先でテスラの無料のスーパーチャージャーやチャデモ充電器(現在は無料の箇所のみ)を各地で利用させてもっらっており
    上記の報告となります。
    自宅では、40Aの容量で100キロぐらいだと2時間30分ぐらいで毎日充電が終わります。
    昼間(10〜17時)に充電するとこの3倍の値段がかかりますが夜間で十分充電できるので全く不要です。
    それと回生ブレーキが非常に大きく街中や渋滞時も含めブレーキを踏む事は停車中を除けばほとんど(1/10以下の感覚)無いので生涯ブレーキパッドの交換も無いと思われます。 これはパッド摩擦によるホイルの汚れ防止にもなるし、何よりも運転が楽ですね!

    1. Model S.k様、貴重な体験報告をありがとうございます。オール電化で夜間充電だけに狙って充電できると、さすがに安いですね!私は主に昼間電力でしか充電できないので、どうしても30円/kWhになってしまい、うらやましい限りです。テスラのスーパーチャージャーもすでに5か所(6か所?)、いよいよ日本縦断を無料でできるようになりそうです。

    2. オール家電値引き有りますよね。
      出先で無料充電?
      それじや、ガソリン車も出先給油ただにしないと話が合わないですよね?

    3. 「ガソリン車も出先給油ただにしないと」って、テスラの場合はそれができるっていうだけの話じゃないですか?話し合わす必要がどこにあるというのか。
      電気代が高くなるか否かという観点で見れば、「なってない。以上。」でいいんじゃないです?

  4. 大変興味深く読ませていただきました。
    ガソリン車との比較の件ですが、EVはオイル交換などは不要ですが、その代わり冷却材の交換が必要になります。
    更に大きな疑問はバッテリーの劣化です。5年先10年先でのバッテリーの交換費用は膨大な金額が予想されます。ガソリン車にはありません。

    燃費については走った場合のみの計算をしても片手落ちです。EVのバッテリーは一定の温度で保つ必要があるため、常時温めたり冷やしたりする電力を消費します。またリチウムイオン電池の特性である自己放電も毎日1%ほどあります。
    これらの消費電力は走行してもしなくても、365日24時間消費され続けます。また電気の基本料金もアップしますし、これらも計算に入れないと片手落ちでしょう。

    1. けんたろう様、コメントありがとうございます。
      EVの冷却材と言うのは、具体的には何を冷却するものでしょうか?バッテリーですかね??テスラからは今のところ1年点検まで何も交換するものはない、という通知をもらっているのと、定期交換する油脂・液体類はないと聞いています。ウィンドウォッシャー液くらい?

      テスラでは、モデルSの85kWhモデルのバッテリー保証を8年間、無制限としておりますので、交換はそもそも想定していないと思います。また劣化については、こちらの記事をよく紹介していますので、ご参考になさってはいかがでしょうか。世界最高レベルのパナソニックのバッテリーで、バッテリークーラー・ヒーターを装備した車両であれば、これくらいの劣化で済むということです。
      http://insideevs.com/tesla-model-s-battery-degradation-data/
      # 8万キロ走行後で約6%の劣化、その後は5万キロごとに1%劣化。すなわち13万キロ=7%劣化、というデータです。

      本ブログにおいて、バッテリークーラー・ヒーターに必要な電力は、すべて電費計算に入れています。電気の基本料金は、例えば関西電力では800kWh以下のほとんどの家庭で基本料金がありませんのでそもそも計算に入れておりませんし、入れても大して大きくは変わりません。

  5. 1:テスラEV車使用者の方へ 40Aのブレーカーと書いてありますが200Vですと     80A/8KWでは 基本料金が燃費計算に入ってますか
    2:EV&PHVが仮に自動車の半分になった時 電気が不足しませんか 深夜割引は
      原子力発電が出来たので出来たような気がします。夜は化石燃料で発電してます
    3:エコカー減税の金の出所/ガソリン税を負担してないで 道路を使用する。

    1. きんたろう様、コメントありがとうございます!
      (1) 基本料金は燃費計算に入れていませんが、仮に東京電力のスタンダードLで1kVAあたり280.8円となりますので、電気自動車のために200V 40Aブレーカー=連続30Aと仮定すると充電器は6kVAですから、月々1684.8円分高くなることになります。あまり走行しない方は逆に6kVAも追加する必要がないですし、毎月1000-2000km以上も走行するような人には誤差の範囲ということになるでしょうね。
      (2) 以前試算したものをご紹介します。
      http://blog.evsmart.net/electric-vehicles/ev-and-fossil-fuel-power-station/
      こちらの記事によれば、日本中のすべての乗用車を電気自動車に変更したと仮定して、必要な電力量の増加は9.8%です。それほど大きなインパクトはありませんし、100%電気自動車化された時点では、すべての乗用車はガソリンを1滴も必要としないことにも注目してください。
      (3) ガソリン税は一般財源ですので、道路に対応した税金ではありません。またエコカー減税はガソリン車に対しても適用されていますね。

  6. 『60分など、オーディオ聞きながらリラックスできる。』∵燃料エンジン車のようにエンジンを動作して12Vバッテリーに充電ではなくリチウムイオンバッテリーから、12Vバッテリーに充電されながらのため。⇒12Vバッテリーからの電圧を使用した電源のオーディオのため、外部の負荷からのノイズ少なくなる傾向あり。カー オーディオこだわるなら 電気自動車という考え方もあります。

  7. EVの停車時の電力消費量はどのくらいになるのでしょうか?。
    私の場合、夜間の業務であり、道路端に駐車しての業務です。
    夜間で道路端駐車ですので安全の為、
    A=車幅灯又はハザードランプを点灯したまま降車し業務します(約10分間)、この業務後、
    B=約200~300m(1分間ほど)移動し(この間、Main灯点灯)、再びAを繰り返します。
    これを約15回ほど繰り返し終了します。(計3Hrほど)
    EV車ではどの位の消費電力量(走行距離換算でも良いですが)に相当しますでしょうか?。
    当家の深夜電力費は@7.8\/Kwhですのでガソリン車より安く上がると思っているのですが、業務中に電力切れになるとレッカー車救援となり莫大な金額が要るのでは?、と
    思いEV車に踏み切れないでいます。

    1. Horicchii様、ご質問ありがとうございます!私の分かる範囲で回答させていただきますね。
      http://www.alternator.jp/user_data/car-pc.php
      ハザードは8A程度との情報がありましたので、12Vx8A=約100Wくらい。3時間として300Wh=0.3kWhとなります。次に前照灯ですが、2つで10A、スモールが4Aくらいとして14Aだから12Vx14A=170Wくらい、余裕を見て200Wとしておきましょう。計15分間点灯とのことですが、余裕を見て30分としておきますと、100Wh=0.1kWhです。これと、走行する距離ですが、300mを15回移動するわけですから、4.5kmを走行します。平均電費は例えばテスラモデルXとかでも4.4km/kWh位は出ると思いますが、発進停止を繰り返すと非常に効率が悪化しますので、電費が半分程度しか出なかったと仮定し、2.2km/kWhとすると、4.5km/2.2(km/kWh)=約2.1kWhとなります。
      3時間での合計の消費電力は
      0.3 + 0.1 + 2.1 = 2.5kWh
      となり、3時間の作業中に電欠になるリスクはほとんどないということになります。もちろん現場から常置場所まで帰るための電力も必要になりますので多少は余裕を見ておく必要があります。あと、駐車中にエアコンを使う場合、これが1時間あたり1kWh位は食う可能性があります。そうなると3時間では5.5kWhと馬鹿にならない電力量になりますね。

      電気自動車にされるメリットとしては、それ以外に、待機している間などの駐車中に、法に触れずに車内のエアコンが使えるという点もあります。東京都などでは駐車中のアイドリングは原則禁止されています。あと100V電源が取れる車両では、車内でカップラーメンも作れますね(笑)

  8. YasukawaHiroshi 様

    ご親切な回答ありがとうございます。
    最近PHVとか、輸入外車にEVが多数発表されるなどEV化が急速に進んでいるようですね。
    来年3月に現有アルトが15年目を迎えます。これを機会に乗換を検討しているのですが、安価なEV車が無くて考えあぐねています。
    アイミーフ゛の新型は19年度との事で、それまで待てるか心配しております。
    アイミーフ゛の現行車(既存車含め)電費効率が悪い様で、中古車であっても乗る気になりません。アルト/ミライースの様な軽量な車でのEV車が無いものでしょうかね。

    1. Horicchi様、返信ありがとうございます。確かに将来的にEVはガソリン車より安くなると言われていますが、まだまだ低価格化までには時間がかかりそうですね。特に日本の軽自動車はグローバルで見ても完成度が高く、なかなか比較にはならないかも知れません。仕事専用なら今とても安くなっているアイミーブ一択なのでしょうけど(それでも補助金込200万前後)、他の用途にも使うとなると航続距離がちょっと課題になりますよね。電気自動車の難しいのは、案外小さい車でも大きい車でも電費はそこまでは変わらないということなのです。確かに転がり抵抗は車重に比例するのですが、電池が重いのでどうしても軽自動車規格のEVなのに車重が重くなってしまい、消費電力が増えてしまいます。また速度が上がると電費に占める空気抵抗の割合が多くなり、角形にせざるを得ない軽自動車では空力が悪化し、その分さらに電費が悪化してしまいます。例えばアイミーブ16kWhは1,450kg、EPA電費は30kWh/100マイルすなわち5.3km/kWhですが、テスラモデルX P100Dは2,508kgで39kWh/100マイルすなわち4.1km/kWhと、重量1.7倍なのに電費は1.3倍しか悪くなっていません。

  9. 大変興味深く読ませて頂きました。
    最近電気自動車に興味を持ったものです。
    Tesla model 3、Lucid airに惹かれています。
    高速道路にも充電スポットが増えてきていますが、やはり長距離走行時を考えると
    ちょっと心配です。
    計画的に走ることを心がけなければなあないのでしょうか・・・

    1. Koh様、コメントありがとうございます!モデル3やLucidは気になりますね。モデル3は今週土曜日に詳細な情報が発表になりますので、私ももしマスメディアがあまり報じなければ(前回のモデル3の発表時はそんな感じでしたが)何とか時間を取ってまとめてみたいと思います。

      高速道路の充電スポットは残念ながらほとんどの場所で各1基ずつしか設置されておらず、ある程度計画してなるべく高速道路の充電スポットを使わないようにするか、ちょっと寄ってみて他の方が使用中なら飛ばす、的な運用をせざるを得ないと思います。今後も公共の充電網が充実するかと言えば、公共のトイレがどこにでもあるわけではないように、設置が進まない可能性もあると思います。日産・三菱・テスラは充電スポットの整備も行っていますので、それらの会社の車であれば高速道路を使わなくても大丈夫なのではないでしょうか。特にテスラは設置場所に必ずトイレや飲食・休憩できる場所があるため、今後はそのような立地に急速充電器が複数設置されるようになっていくと思います。

  10. YasukawaHiroshi様 詳しいご回答ありがとうございます。
    ついにですね・・・ わくわくしております。
    少しずつ日本でも普及していってくれればな、と願うばかりです。

  11. 発電をはじめ、電池の製造と、使えなくなった電池の廃棄による重大な環境破壊と二酸化炭素排出が全く考慮されてませんね。
    電気自動車は見かけの自己満足のエセエコだけであり、高度な環境対応がなされたガソリン車のほうが環境不可は遥かに低い。

    1. とも様、ご意見ありがとうございます。ご意見は理解いたしましたが、電池の廃棄というかリサイクルはトヨタや日産、テスラを始め、多くの会社が行っていることです。それらに環境破壊の問題があるのであれば、それらは株主報告書で報告されるべき重大な事態であり、それがない、ということは(環境団体からの報告書などありますか?)、基本的には安心安全な方法で廃棄されていると考えるべきだと思います。確かに現時点ではリチウムイオン電池は安全に廃棄することが可能なだけで、リサイクルはまだ経済合理性のある点までは行っていませんが、だからといって環境を破壊するような有害物質などを廃棄しているという発言をするのであれば、そのためのエビデンスとなる資料をご紹介いただくことが重要ではないでしょうか?
      https://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/challenge5/battery-recycle/ ←トヨタ
      https://www.tesla.com/jp/blog/teslas-closed-loop-battery-recycling-program?redirect=no ←テスラ
      http://pmr.umicore.com/en/batteries/our-recycling-process ←リサイクル専門会社Umicoreのページ
      少なくともこれらは読まれたほうが良いように思います。

  12. 仰る通り。こんな大きな市場で何十万といる株主がいて、世界的にEVに向かっていてる中、もし問題があれば環境学者放っておくわけがない。タダさえ、突込みがりや多い世の中で、アップルやダイソンまでも参入する。儲かるだけでなく、社会的に意味があると判断して動く。その中でシェアの争奪に入ってくるとはそれなりの答えでしょう。構成部品が少ないと言う事は工業環境的に見ても善な筈。第一にEVには騒音環境という言葉がない。普及にあたって原子力の様な手の付けられないリスクもない。太陽パネルで発電し蓄電しいざと言うとき非常用電源にもなる。今後ますますエネルギー密度が改良されれば燃料電池もいらないと思えますが・・・・。たった一つ質量が大きく重たいのが欠点ですかね。特にモデルX100.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です